つやプラ

つやっときらめく美をプラス

根も葉も丸ごと食べられる!美容にうれしい「かぶ」の魅力

管理栄養士
今井尚美

秋に旬を迎える「かぶ」ですが、あまり買ったことがないという方もいらっしゃいますよね。かぶは、美肌効果や免疫力UPなどのさまざまな効果が期待できるうえ、根も葉も食べられるので、ムダになる部分が少ないのが特徴です。

秋の美肌対策に、かぶを食べてみてはいかがでしょうか?

根も葉も丸ごと食べられる!美容にうれしい「かぶ」の魅力

管理栄養士の筆者が、美容にもおすすめのかぶの栄養についてご紹介します。

■かぶの栄養&美容効果

かぶの根には「カリウム」や「ビタミンC」が多く、葉には「ビタミンC」や「βカロテン」「ビタミンE」「葉酸」「鉄」などの栄養素が多いといわれています。

特に注目したいのが、かぶの葉の栄養価です。かぶの葉に含まれるビタミンCは、根に含まれるビタミンCの約4倍。また、βカロテンは強い抗酸化作用をもつため老化対策に欠かせませんし、葉酸や鉄は貧血対策におすすめです。

かぶといえば、煮物や味噌汁など根の部分を調理するイメージがありますが、女性に嬉しい栄養素が豊富なかぶの葉もぜひ食べてみてください。

■かぶの栄養素を効率良く摂取する方法3つ

(1)かぶの根は生食で

かぶの根には「アミラーゼ」という成分が含まれており、胃腸の消化を助ける働きがあるといわれています。アミラーゼは熱に弱いため、生のまま食べると良いでしょう。

皮を厚めに剥いてカットし、トマトや生ハムと合わせてサラダにすることがおすすめです。オリーブオイルやレモンとも相性が良いので、試してみてくださいね。

(2)汁物もおすすめ

ビタミンCや葉酸(熱に弱い&水溶性のビタミンである)などをしっかり摂取するためには、味噌汁にすると良いでしょう。かぶの根と葉を両方入れた味噌汁は、栄養価が高くおすすめです。

ボリュームが欲しい場合は、鶏肉を入れてみてください。たんぱく質も摂れますし、腹持ちも良いので朝食にも最適です。

(3)かぶの葉は炒める

かぶの葉はサッと炒めるだけで食べることができるので、使い勝手が良いのが嬉しいポイントです。葉に多く含まれるβカロテンは脂溶性ビタミンなので、油で調理すると吸収率もUPします

かぶの葉を細かく刻んでしらすやごまと一緒に炒め、砂糖と醤油で味付けすると、簡単にふりかけができあがります。塩昆布や鰹節と合わせても良いですね。ご飯のお供にも良いですし、パスタにもよく合いますよ。

また、少し大きめ(3~4cm程度)にカットしてベーコンと炒めても、シャキシャキとした食感が美味しい副菜になります。

かぶは意外と調理しやすく、根も葉もまるごと食べられるので、廃棄量も少なくすむ野菜です。美容・健康効果も期待できますので、秋冬を快適に過ごすために旬のかぶを食べてみてくださいね。

(フリーランス管理栄養士 今井 尚美)

 

【関連記事】
翌日のお味噌汁を美味しくする!ちょい足し美容食材4つ
納豆にちょい足しで健康&美容効果UP!?おすすめ食材3つ
サバ缶だけじゃない!美容に嬉しい栄養が豊富なおすすめ缶詰
もち麦でヤセ菌を育成!毎日食べたい「もち麦」の取り入れ方

【参考】
かぶ – わかさ生活
※板木利隆 監修『からだにおいしい 野菜の便利帳』(2008年)高橋書店

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら