つやプラ

つやっときらめく美をプラス

目幅がグッと広がってマスク美人になれるアイメイク術

ヘアメイク
mayu3

マスクをすると輪郭が強調されるので、丸顔が目立ちやすくなります。ヘアメイクである筆者が、マスク時でも小顔に見せるアイメイクの方法をご紹介します。

冬のトレンドカラーを使った小顔アイメイク術

■丸顔の特徴

きれいな顔立ちのことを「ゴールデンバランス」といいますが、丸顔は顔の縦幅が短く、横幅が長いのが特徴です。

縦幅

顔の縦幅は、生え際から眉下、眉下から鼻先、鼻先からあご先の幅が均等になっていることが理想です。それに対し丸顔は、生え際から眉下、鼻先からあご先までの幅が狭いのが特徴です

顔の縦幅は、生え際から眉下、眉下から鼻先、鼻先からあご先の幅が均等になっていることが理想です。それに対し丸顔は、生え際から眉下、鼻先からあご先までの幅が狭いのが特徴です。

横幅

顔の横幅は、目の大きさを1とした場合、その5倍の長さが理想です。丸顔は、目と目の間の幅や目尻からフェイスラインまでの幅が広いのが特徴です

顔の横幅は、目の大きさを1とした場合、その5倍の長さが理想です。丸顔は、目と目の間の幅や目尻からフェイスラインまでの幅が広いのが特徴です。

■小顔に見せるアイメイクのポイント

輪郭が丸く頬の肉付きが良い丸顔は、マスクをつけることで顔の輪郭をより強調してしまいます。そのため、いつもより、顔が大きく見えてしまいます

輪郭が丸く頬の肉付きが良い丸顔は、マスクをつけることで顔の輪郭をより強調してしまいます。そのため、いつもより、顔が大きく見えてしまいます。

小顔に見せるには、「いつもより目の幅を広げる」ことがアイメイクのポイントです。

アイライン

アイラインを目尻から長めに引くことで、目の横幅が長く見えます。目尻から2〜3ミリ長めに引くとナチュラルに仕上がりますよ

アイラインを目尻から長めに引くことで、目の横幅が長く見えます。目尻から2〜3ミリ長めに引くとナチュラルに仕上がりますよ。

また、目頭にもアイラインを1ミリほど引くだけで、目と目の間隔が狭まり、目幅が広がります。

アイシャドウ

アイラインを引くように、幅を狭めに入れるとナチュラルな印象に仕上がります

囲みアイシャドウは目幅を強調する方法です。アイラインを引くように、幅を狭めに入れるとナチュラルな印象に仕上がります。

冬のトレンドカラーであるバーガンディーを使えば、こなれたお洒落感を演出できますよ。

まつ毛

まつ毛をしっかり上げることで、目力が出て大きく見えます。この時、まつ毛を放射状にセパレートさせることがポイントです

まつ毛をしっかり上げることで、目力が出て大きく見えます。この時、まつ毛を放射状にセパレートさせることがポイントです。

下まつ毛にもマスカラをつけると、より目幅が広がって目力がでますよ。

■冬のトレンドカラーを使った小顔アイメイク術

冬のトレンドカラーを使った小顔アイメイク術

ここからは、冬のトレンドカラーであるバーガンディのカラーをとり入れたアイメイクをご紹介します。写真は、左半分が完成メイクで、右半分がノーメイクの状態です。

冬メイクの参考にしてみてください。

上のラインは、まつ毛を埋めるように描いてください。目尻は2〜3ミリ長めに描いて、目頭にも1ミリほど描きます。こうすることで、目の横幅が強調されます

(1)ペンシルアイライナーを使ってラインを引きます。

上のラインは、まつ毛を埋めるように描いてください。目尻は2〜3ミリ長めに描いて、目頭にも1ミリほど描きます。こうすることで、目の横幅が強調されます。

アイホール全体に、明るめのアイシャドウベースをのせます。アイシャドウベースは、まぶたの色ムラを整えて透明感を出し、アイシャドウの色味をきれいに発色させる効果があります

(2)アイホール全体に、明るめのアイシャドウベースをのせます。アイシャドウベースは、まぶたの色ムラを整えて透明感を出し、アイシャドウの色味をきれいに発色させる効果があります。

涙袋にも幅太めに入れると、ぷっくらとして目力がアップしますよ。

メインカラーのバーガンディを二重のキワに入れます。この時、最初に引いたアイラインを囲むように入れると、目の横幅を強調できます

(3)メインカラーのバーガンディを二重のキワに入れます。この時、最初に引いたアイラインを囲むように入れると、目の横幅を強調できます。

下まぶた部分も、アイラインを長めに引いた目尻から目頭までを入れます

下まぶたも、目尻の長めに描いたアイラインの先端部分から目頭に向かってアイシャドウを入れます。

ビューラーで根本からしっかりまつ毛を上げたら、一度、スクリューブラシでまつ毛を放射状に広げます。マスカラ下地をつけてまつ毛のボリュームを出し、その後にマスカラをつけます

(4)ビューラーで根本からしっかりまつ毛を上げたら、一度、スクリューブラシでまつ毛を放射状に広げます。マスカラ下地をつけてまつ毛のボリュームを出し、その後にマスカラをつけます。

仕上げにスクリューブラシで放射状にとかすと、まつ毛がきれいにセパレートされて目幅が広がりますよ。

アイメイクで目幅を広げれば、顔の横幅をカバーできます。囲みラインをやる時は、濃すぎないカラーを使うとナチュラルに仕上がりますよ。アクセントカラーを入れるとお洒落度がグッと上がるので、ぜひ試してみてくださいね。

(ヘアメイク/美容講師/美容ユーチューバー/ライター/美容師/メディカル美容矯正士/コスメ薬事法管理者 mayu3)

 

【関連記事】
マスクの色&つけ方で老け見え?カバーするべきポイント2つ
クレンジングの負担を減らす!石鹸でオフできるファンデ2選
アイテム変えて垢抜け眉!自然な大人眉に仕上がるアイブロウ
ピンポイントでカバーして若見え!大人のコンシーラー術

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら