つやプラ

つやっときらめく美をプラス

太って見える!?40代・50代が避けるべきNGワンピース

スタイリスト
KOZUE

ワンピースは40代以降になると、太って見えたり若作りしているように見えたりして、敬遠しがちですよね。ですが、シルエットや素材感を上手にセレクトすれば、着痩せ効果もアップします。

ワンピース

スタイリストの筆者が、大人のワンピース着こなし術をご紹介します。

■太って見えるワンピースのシルエット

ボリューム感のあるギャザーのキャミソールワンピース

ギャザーのワンピースは身体のシルエットが隠れるかと思いきや、そのボリューム感が、膨張して太って見えてしまいがちです。

ウエスト切り替えのないAラインワンピース

ウエストの位置がわからないシルエットのワンピースは、短足に見えやすいです。メリハリのない体型の方は特にNGです。

シフォンやチュール素材のワンピース

ふわっとした素材も、太って見えやすいです。それを逆手にとって、チュールスカートを活用すると、メリハリのあるシルエットになるのでおすすめです。

■スタイル良く見えるおすすめワンピース

ウエストに切り替えのあるワンピース

タイトでもフレアでも、ウエストに切り替えがあったり、ウエストでシェイプされていたりするワンピースは、脚長効果があります。ベルトでハイウエスト気味にウエストマークすることもおすすめです。

とろみ感のある素材のワンピース

とろみ感のある素材のワンピースは、ほどよく身体に馴染んですっきりとしたシルエットになります。ぴったりしたものではなく、フレアなシルエットがおすすめです。

Iラインのシャツワンピース

ハリのあるコットンやリネンのシャツワンピースは、Iラインのものを選んで、シャープなシルエットを演出しましょう。

■スタイル良く見えるワンピースの着こなし術

リブカットソー×ハイウエスト切り替えキャミソールワンピース

リブカットソー×ハイウエスト切り替えキャミソールワンピース

ハイウエストの切り替えで脚長効果を狙います。重ねるカットソーは、リブ素材でほどよくフィットしたものを選ぶと、すっきりと着こなせます。

足元は、ヒールサンダルなどで、さらにスタイルアップを意識しましょう。

ウエストシェイプのVネックワンピース

ウエストシェイプのVネックワンピース

淡いカラーのワンピースは、ウエストリボン付きでメリハリをつけたスタイルにしましょう。さらに、Vネックを選ぶと顔まわりもすっきりとします。

あえて、ノーアクセサリーでこなれ感を出すと良いです。バッグやシューズは黒にして、全体を引き締めましょう。

ストライプシャツワンピース

ストライプシャツワンピース

シャツワンピースは、ストライプ柄を選んですっきりと着こなすことがおすすめです。白のレギンスをチラ見せして、さわやかな印象に仕上げましょう。

きれいめのスニーカーを合わせれば、大人のカジュアルスタイルの完成です。

暖かく気持ちのいい季節がもうすぐやってきますね! お気に入りのワンピースを素敵に着こなしてみてください。

(スタイリスト KOZUE)

 

【関連記事】
40代がデニムで着痩せするには?選ぶべきシルエット&カラー
オバ見えしない!ダウンコートの上手な着こなし方
基本色と合わせれば失敗なし!春のカラーコーデファッション
定番アイテムこそ要注意!大人が履いてはいけないNGデニム

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら