つやプラ

つやっときらめく美をプラス

40代のぼやけた目元に!品良く目元くっきりアイラインテク

ヘアメイク
西村 リサ

年齢とともに、目元の印象がなんとなくぼやけたと感じる方は多いと思います。そんな時は「アイライン」が強い味方となりますが、苦手意識をもっている方が多いことも現実です。

20210323nishimura06

メイクアップアーティストの筆者が、アイラインで二重まぶたを品良く仕上げるテクニックをご紹介します。

■アイラインで二重まぶたを品良く仕上げるテクニック

くっきりとした二重で目元の印象が強めな方は、メイクをすると派手に見えたりキツく見えやすい傾向があります。だからといって、アイラインを省略したり、アイシャドウを薄く仕上げると、本来もっている印象よりも目力が弱く見えることがあります。

目元の印象を引き立てつつも、派手に見えないアイラインメイクをしましょう。

アイラインの手順

派手見えしやすいタイプの方は、必要最低限のアイラインを見極める必要があります。やりすぎ防止のためにも、メイクの一番最後にアイラインを描きましょう。

ペンシルタイプのアイライナーは芯先が丸く、肌への接触面が広いため意図せずラインが太くなってしまうことがあります。くっきりスッキリとした細いラインを入れたい時は、リキッドアイライナーを使用しましょう

(1)自然に目のふちがくっきり見えるのは、まつ毛の黒さによるものです。アイラインを描く時は、まるでまつ毛が密に生えているかのように毛と毛の隙間を埋めることがポイントです。まつ毛の下側から根本を埋めるようにアイラインを描きましょう。

毛のようなくっきり感が表現できる、ブラックかダークブラウンのリキッドアイライナーの使用がおすすめです。ペンシルタイプのアイライナーは芯先が丸く、肌への接触面が広いため意図せずラインが太くなってしまうことがあります。くっきりスッキリとした細いラインを入れたい時は、リキッドアイライナーを使用しましょう。

まつ毛の上側に、ダークブラウンのアイシャドウを細く入れます

まつ毛の上側に、ダークブラウンのアイシャドウを細く入れます

(2)まつ毛の上側に、ダークブラウンのアイシャドウを細く入れます。

二重は人によって幅が違いますが、画像右のように目を開けた時に二重幅全てがダークブラウンのアイシャドウで埋まらないように気をつけましょう

二重は人によって幅が違いますが、画像右のように目を開けた時に二重幅全てがダークブラウンのアイシャドウで埋まらないように気をつけましょう。

20210323nishimura06

(3)最後に、顔全体が映る鏡でバランスを見ながらアイラインの調整をします。物足りない場合でも、いきなり全体を太くすることはさけましょう。

部分的に濃くしたり太くするなど、細かく加えながら鏡をチェックします。全体の印象が強くなりすぎないように加減して仕上げてください。

アイラインを適度に入れると、顔全体を明るく若々しい印象に見せることができます。ぜひ、挑戦してみてください。

(フェイスコンダクター/ヘア&メイクアップアーティスト/毛髪診断士認定講師 西村 リサ)

 

【関連記事】
まぶたのくぼみ&くすみ解消!目元が若返るオレンジシャドウ
メイクのアップデートで若返る!イタいNGメイク&解決テク
定番ブラウンで老け見え?マスク顔の印象が華やぐメイク術
マスクメイクは目元の血色が鍵!老け顔を解消するメイクテク

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

髪型で老け見え!?令和には時代遅れなNGヘア

ヘアスタイルは時代を映し出す鏡のようなもの。メイクだって定期的に質感や色味をチェンジするように、ヘアスタイルも時代の空気感を纏うことで、今っぽさのある上品な大人髪が完成します。 でも、いつまでも同じヘ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら