つやプラ

つやっときらめく美をプラス

マスカラとアイラインで顔が変わる!なりたい顔別アイメイク

ヘアメイク
mayu3

まつげエクステやまつ毛パーマをかけなくても、まつ毛がしっかり上がっているだけで顔の印象が華やかに見えます。

マスカラとアイラインで顔が変わる!なりたい顔別アイメイク

ヘアメイクや美容講師のプロとしてアラフォーに特化した美容情報を発信している筆者が、ビューラーとアイライン、マスカラの3点を使った「なりたい自分を作るメイク法」をご紹介します。

■なりたい顔別「アイメイクのポイント」

リフトアップしたい

リフトアップしたい

「最近目元が下がってきた」という方におすすめのやり方です。全体的に目尻を上げるように仕上げることがポイントです。

まず、まつ毛の黒目中心から目尻にかけてをビューラーで根元からしっかりとカールをつけます。目頭側も同じようにしっかり上げてしまうと少しキツく見えてしまうので、目頭側は毛先だけゆるくカールをつけるくらいで十分です。

ビューラーをしなくても自然にまつげが上がっている場合は、ビューラーをしなくてもOKです。通常のビューラーだと部分的にカールをつけるのがむずかしい場合は、部分用ビューラーを使うことをおすすめします。

また、マスカラは全体的に一度塗りした後に黒目中心から目頭側だけを重ねづけすると、より目尻を強調することができます。下がりがちな目尻をリフトアップさせる効果が期待できます。

アイラインの描き方

アイラインは、目頭から顔の中心側(内側)に向かって1〜2mmほど斜め下にラインを描くことがポイントとなります。

“目頭切開メイク”といったように目頭側にラインを数mm描き足すだけでデカ目に見せることができますが、同時に目尻よりも目頭が下がって見えるのでリフトアップ効果も期待できます。

上手くアイラインが描けない時は、利き手ではない方の手で皮膚を軽く内側に引っ張った状態でアイラインを描くとやりやすいと思います。アイラインは目頭だけ描いてもかまいませんし、全体的にいつも通りラインを描いた後に目頭ラインを付け足しでも良いでしょう。

やさしい雰囲気にみせたい

やさしい雰囲気にみせたい

つり目の方や、いつも怖く見られてしまう方におすすめのやり方です。垂れ目にみせることがポイントです。

目頭から中心までのまつげをビューラーで根元からしっかり上げ、目尻側は毛先だけをカールさせます。こうすることで、目尻側が自然に下がって見えるので垂れ目に見えやすいです。

アイラインの描き方

垂れ目に見せようとして目尻のアイラインを下げすぎると、老け見えしやすいので要注意です。目尻側のアイラインを長くする時に目頭より下げないようにすることと、下まぶたのアイラインを目尻側だけ描くことがコツです。

下まぶたのアイラインをリキッドで描いてしまうと強調しすぎて怖くなりやすいので、濃い目のブラウンアイシャドウを使うことがおすすめです。

シャドウのようにパウダーを使うことで、目力を出しつつふんわりとした目元を演出できます。

目を大きく見せたい

目を大きく見せたい

今より目力をアップさせたい方におすすめのやり方です。たて長と横長の両方を強調させるように見せることがポイントです。

まつ毛は、ビューラーで全体的にしっかり根元からカールをつけます。マスカラは重ね付けしすぎると怖く見えるので、一度だけ塗りましょう。

ただし、まつ毛がもともと短い方は黒目の中心だけマスカラ下地を使ったり、重ね付けをしてもOKです。

アイラインの描き方

アイラインを全体的に細く描いた後、黒目の中心だけ太めに描きます。また、黒目の下部分にもパウダーアイシャドウなどでインラインを入れると、自然にたて長を強調することができます。

目尻側に上下を囲むようにアイラインを描いてしまうと元の目の輪郭を強調してしまうので、あえて上下を囲まずに1mm程度の感覚をあけるようにしましょう

目の左右差をなくしたい

目の左右差をなくしたい

左右の目の形が違う方におすすめのやり方です。

目が小さく見える方をベースに考えることが大切です。目が大きく見える方からメイクをしてしまうと、小さい方の目のバランスがとりずらく、失敗しやすいです。なので、小さい目の方から先にメイクをします

イラストに書いてあるように奥二重の方やまぶたの幅が狭い方は、全体的にしっかりカールがつくようにまつげをビューラーし、マスカラを塗ります。その後、アイラインで黒目の中心だけ太く見えるように描いて、たて長に見せます。

ここまでできたら、目が大きく見える方をメイクしていきます。

あくまでも左右差をなくすためのメイクなので、まつ毛は毛先だけをカールしてアイラインは細めに描きますが、先にメイクをした方の目の仕上がりに合わせてカールの上げ具合やアイラインの幅を決めていただいてもかまいません。

まつ毛とアイラインだけでも、メイクの印象を変えることができます。まつげが上手く上げられない方は、部分的にまつげを上げるビューラーを活用してみてください。

(ヘアメイク/美容講師/美容ユーチューバー/ライター/美容師/メディカル美容矯正士/コスメ薬事法管理者 mayu3
美容講師をしつつヘアメイクや化粧品の官能評価などマルチに活動。現在、YouTubeで「アラフォーからの楽して美活」というアラフォー向けの美容情報を配信中。)

【関連記事】
リップがマスクで落ちる。口元のメイクを落ちにくくする方法
統一感のあるメイクが完成!メイクが上手になるマルチコスメ
デパコスに負けない仕上がりに!?美容家愛用プチプラコスメ
黒目がちな瞳になれる!怖くならない大人の目力UPメイク術

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら