つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ダイエット効果UP!たんぱく質の効果的な食べ方

美容ライター
ユウコ

夏は冷たい麺類などを食べる機会が増え、たんぱく質の摂取量が減りがちな季節です。たんぱく質はダイエットに欠かせない栄養素なので、欠かすことのないよう心がけていきたいものです。

たんぱく質

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、たんぱく質の重要性と、効率的にたんぱく質が摂取できるレシピをご紹介します。

■たんぱく質の重要性

痩せやすい身体を作るには、「たんぱく質」が欠かせません。それは、たんぱく質が筋肉量アップをサポートすることで、代謝アップにつながるからです。

そして、筋肉量と血流は密接に関係していますので、筋肉量が増えればさらに血流がアップが狙えます。その結果、いっそう痩せやすく太りにくい身体に導きます。

■たんぱく質と組み合わせるべきスパイス

この時期、たんぱく質と一緒に調理することでいっそうダイエット効果が期待できる食材があります。それは、「山椒」です。血流改善効果が期待できる山椒は、たんぱく質と組み合わせることでより代謝アップに役立ちます

独特の芳香や辛味成分をもつ山椒は、漢方薬の原料としても使われている食材です。「サンショオール」という成分は冷えを改善させてむくみを和らげ、内臓の働きを活発にして代謝をアップさせる作用が期待できるといわれています。

夏場の冷房が気になる方、運動不足で体型が気になっている方には、とてもおすすめのスパイスです。

■効率的にたんぱく質を摂取!代謝アップ&むくみ改善レシピ3選

(1)山椒肉味噌

冷奴やそうめん、温野菜にそえてどうぞ。

材料(作りやすい分量)

・豚ひき肉 200g

・味噌 大さじ4

・粉山椒 小さじ1

・料理酒 大さじ3

・みりん 大さじ3

・にんにく ひとかけ

・しょうが ひとかけ

・鷹の爪 1本

・ごま油 小さじ2

作り方

(1)にんにく、しょうが、鷹の爪はみじん切りにしておきます。

(2)味噌、粉山椒、料理酒、みりんはよく混ぜ合わせておきます。

(3)フライパンでごま油を熱し(1)を炒め、香りが出てきたら豚ひき肉を加えて炒めます。

(4)ひき肉に半分ほど火が通ったら(2)を加え、水気が飛ぶまで炒めれば完成です。

(2)鶏手羽元の山椒煮

コラーゲンがしっかりとれる美肌メニューです。冷やしていただいても◎。

材料(2人分)

・鶏手羽元 6本

・粉山椒 小さじ1

・大根 200g

・塩 少々

・ごま油 小さじ1

・だし汁 2カップ

・みりん 大さじ2

・てんさい糖 大さじ1

・しょうゆ 大さじ1

作り方

(1)鶏手羽元は骨にそって数か所切り込みを入れ、塩をなじませておきます。

(2)大根は皮をむいて2cmほどの厚さのいちょう切りにしておきます。

(3)鍋にごま油を流し、(1)を入れて炒めます。

(4)肉の色が変わってきたら(2)とだし汁、みりん、てんさい糖、しょうゆを加えて火が通るまで煮ます。仕上げに粉山椒を振ってからませれば完成です。

(3)クリームチーズとツナの山椒ディップ

野菜スティックや温野菜にそえてどうぞ。

材料(作りやすい分量)

・クリームチーズ 50g

・ツナ缶(油漬けのもの) 1缶

・粉山椒 小さじ1

・オリーブオイル 大さじ2

・塩 少々

作り方

(1)クリームチーズは室温に戻してやわらかくしておき、ツナ缶は油を切っておきます。

(2)(1)と粉山椒、オリーブオイル、塩をよく混ぜ合わせれば完成です。

山椒は使い慣れると、さまざまな料理に加えたくなるものです。心よい刺激にはリフレッシュ効果も期待できます。どうぞ、たんぱく質と合わせて日常の料理にお役立てください。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

 

【関連記事】
ぽっこりお腹に!スッキリをサポートするお茶3選[PR]
栄養士が食べない「老化が加速する食べ物」
痩せるどころかむくむ!水分のNG摂取法3つ
パンを食べても太らない?一緒に摂るべき食材4つ
「おにぎり&スープ」で太る!?ランチ選びの落とし穴3つ

【参考】
山椒 – わかさ生活
たんぱく質(プロテイン) – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら