つやプラ

つやっときらめく美をプラス

海苔だけじゃない!おにぎりに巻くと美味しい食材3つ

お米・雑穀マイスター
澁谷梨絵

夏はイベントが何かと多い時期。おにぎりを持ってのお出かけはいかがでしょう?ここで紹介するのは海苔ではないもので巻く、ひと工夫加えた簡単おにぎり。いつものおにぎりがとっても華やぎます!

ごはんソムリエの筆者が、海苔とはひと味違う「旨みたっぷりのおにぎりを包む食材」をご紹介します。

■高菜の浅漬け葉

「目張り寿司」と呼ばれる、和歌山と三重にまたがる熊野地方の郷土料理。ご飯を高菜の浅漬けの葉でくるんだおにぎりです。白いご飯をそのまま包むもよし、刻んだガリをご飯に混ぜるもよし! ちらし寿司などの酢が入ったご飯でも美味です。彩りが美しく、目を引くおにぎりです。

■薄焼きたまご

開けてパッと華やぐ、薄焼きたまごで包んだおにぎり。ケチャップライスを包むのも定番で美味しいのですが、一番のオススメは、さんまの蒲焼の缶詰をご飯に混ぜて包む「うまき風おにぎり」。さんまでも十分味わい深く、旨みたっぷり!

■とろろ昆布おにぎり

富山の郷土料理「とろろ昆布」を巻いたおにぎりも色が美しく、とっても美味。塩を振った白いご飯の周りに、まんべんなくたっぷりととろろ昆布を前面に巻き付けます。昆布の旨みが口に広がり、冷めても美味しいおにぎりです。

いかがでしたか? その他にも、青森津軽地方の郷土料理である若生おにぎり(若生と言われる薄く柔らかい1年ものの昆布で巻いたおにぎり)など、地場のおにぎりを見つけて作るのも楽しいですよ。夏のイベントに合わせて、おにぎりにも一工夫して、ワンランク上のお弁当を持って行ってみては? 人気が出ること、間違いなし!

(5ツ星お米マイスター/ごはんソムリエ 澁谷梨絵
日本で唯一の穀物のプロフェッショナル資格(5ツ星お米マイスター、ごはんソムリエ、雑穀エキスパート、薬膳インストラクター、雑穀マイスター、発酵食スペシャリスト)を持つ女性米屋。米・雑穀・麹の専門家。)

【関連記事】
朝食べると太りにくい!?ダイエットに◎な「卵のとり方」
常温が正解!?免疫力UPに◎な「ヨーグルトの食べ方」
腸活に◎毎日食べても飽きない「納豆レシピ」5つ
隠れ糖分で太る?美容家が飲まない「NGドリンク」とその訳

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら