つやプラ

つやっときらめく美をプラス

勉強がはかどる!?小学校低学年の子向け簡単サポート3つ

長岡宏江

11201433_10200687950118129_1428921854_o

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

お子さんを持つ親御さんなら、お子さんの勉強がはかどるとうれしいものですよね。そんなときは、お子さんの勉強の前後で、それぞれのタイミングで心がけたいサポートによって、お子さんの勉強がはかどる助けになるかもしれません。 今回は、タイミングに応じたサポート方法をご紹介します。

160422nagaoka00

 

■勉強の前にできること2つ

気を散らすものをとにかく遠ざける

もし、お子さんが勉強を始める前に目につくところにスマホやゲーム機が置いてあれば、ついつい目が行って気が散ってしまいます。勉強に取り掛かる前のタイミングには、邪魔になるものを覆える隠し布などで、お子さんが勉強だけに目が向くようにしてみて。気が散る要因となるものを、親御さんが預かるのも一つの手です。

 

とりかかる前に、取り組む量を明確に

いざ勉強にとりかかろうにも、量が限定されていないと、お子さんは勉強がついついおっくうになりがち。「どこまでやるんだろう」という気持ちがプレッシャーが大きくなって、取り掛かるにもハードルが高くなってしまうのです。そんな事態を避けるためにも、その日はどこまでやればいいかわかるよう、親御さんは付箋や紙などを使って終わりを明確にしてあげましょう。「ここまでやればいいんだ」とわかっていれば、お子さんの勉強に対するハードルが下がります。

 

■勉強の後には、取り組んだ過程を残してあげよう

親御さんは勉強の結果につい目が行きがちですが、意外と大事なのは、勉強に取り組んだ過程。親御さんがきちんと過程を見ていないと、お子さんも勉強へのやる気が失せてしまうことも。お子さんが勉強した後には、その過程がわかるアイテムを使ってみましょう。たとえば、取り組み表を作り、終わったところに線を引いたり、シールを貼ってあげたりするのもいいですね。

いかがでしたか? お子さんが勉強に対して前向きになるアイテムやタイミングを活用しながら、親子ともに楽しんで自宅学習を続けていきましょう。
(ライター 長岡宏江)

【関連記事】
コスパ最高!美容家に大好評「無印良品の良質オイル」まとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

エイジングケア、何から始めるべき?「つやプラ×オルビス 迷える女性におくる美容セミナー」をレポート

肌のハリ・つやのなさが最近気になる……エイジングケア※1を始めたいけれど何から始めたら良いの? という迷いを感じているなら、あなたも“エイジングケア迷子”かも。 2018年10月10日に開催されたイベ …

  • ツヤ肌
  • ハリ
  • ハリ肌

「敏感肌」に×なNGケアとは?乾燥の季節を乗り切るためのルール3つ

敏感肌やゆらぎ肌には、ちょっと憂鬱な夏を過ぎた肌。この時期に感じる不調には、紫外線の影響をしっかりとうけてしまった、急な気温の変化で身体がついていけない、忙しくて休息が足りないなど、思い当たる方も多い …

  • スキンケア
  • 乾燥肌
  • 敏感肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ライフスタイルの最新記事はこちら