つやプラ

つやっときらめく美をプラス

着回しやすくて今っぽい!40•50代が今着るべき黒ニット

スタイリスト
森田文菜

肌寒い季節になり、そろそろ本格的な出番を迎える「ニット」。

定番アイテムとして多くの人が所持している「黒ニット」ですが、何年も同じものを着ているという人も多いのではないでしょうか。同じように見える黒ニットでも、老けて見えるものや今っぽくおしゃれに見えるものがあります。

着てはいけない黒ニット

スタイリストの筆者が、40・50代がさけるべき黒ニットと、選ぶべき黒ニットをご紹介します。

■40・50代には老け見えするNG黒ニットの特徴

ピタピタなサイズ感のもの

年齢が上がると、体型も変化していくもの。タイトなサイズ感のものほど、毎年見直しが必要です。

また、最近のトレンドはピタッとしたサイジングのものをさける傾向にあります。あまりに肉感を拾ってしまうものは、太見えと同時に老け見えする場合があるので着用しない方が良いでしょう。

深いVネックのもの

襟のデザインも時代と共に変化しています。近年は、タートルやハイネックなどの首元まで覆うデザイン、もしくはクルーネックやボートネックなど横に開いたデザインのものが主流。縦に深く開くVネックデザインは影を潜めています。

また、開き過ぎているVネックはインナーを考える手間が生じ、着こなしがむずかしいアイテムでもあります。胸元は意外と年齢が出やすいので、露出しないものを選ぶ方が良いでしょう。

毛玉があるもの、肌が透けて見える部分があるもの

長年着ていると、どうしても毛玉が発生してしまうニット。黒は目立ちにくいですが、毛玉が見えると一気に生活感が出てしまいます。毛玉取り機等を使ってできるだけ毛玉を取っておくことをおすすめします。

また、一部分が薄くなっていたり、肌が透けてみるようなデザインのものは清潔感がない印象を与えがちなのでさけた方が良いでしょう。

■着回し&今っぽさ◎!40・50代におすすめの黒ニット&コーデ3つ

(1)着回しやすい!ボックスシルエットの黒ニット

ソフトウールハイゲージ プルオーバー/ICB

(ソフトウールハイゲージ プルオーバー/ICB 税込価格19,910円)

身体のラインを覆うようなボックスシルエットのニットは、体型のカモフラージュ効果も高く大人におすすめ。太め細め、どちらのボトムスにも合い、黒はオン・オフに使えるので1枚持っておくと便利です。

今シーズンは、ミディアム丈のスカートにロングブーツを合わせると今っぽさがアップします。ニットと同色の黒の靴にすると、統一感とともに全体が引き締まり細見えが叶います。

(2)小顔効果あり!首周りにゆとりのあるハイネックニット

ソフトカシミヤミックス ハイネックニット/ICB

(ソフトカシミヤミックス ハイネックニット/ICB 税込価格17,930円)

空前のトレンドとなっているハイネックニットは、首周りに多少のゆとりがあるものを選べば取り入れやすく、小顔効果も抜群です。こちらもゆるっと着こなせるサイジングのものを選んで、体型カバー効果を狙いましょう。

ボトムスは細身のパンツにし、インナーに明るい色のシャツをレイヤードすれば、黒の分量が多くても重たくなりません。

(3)すっきり見せられる!女性らしさも出るドルマンスリーブニット

ヴィスコースストレッチ ドルマン ニット/23区

(ヴィスコースストレッチ ドルマン ニット/23区 税込価格16,940円)

気になる二の腕や肩周りをカバーする、ドルマンスリーブのニット。ボートネック気味のデザインを選べば女性らしく、さらに顔周りもすっきりと見せることができます。

同素材のスカートを合わせて、ニットのセットアップにトライすることもおすすめ。上・下黒にして引き締め効果を狙い小物で色を入れると、こなれ感のあるコーデが完成します。

着回し力、着痩せ効果ともに抜群のパワーを発揮する、万能な「黒ニット」。今シーズンは見直しを図り、今っぽさも手に入れてみてくださいね。

(スタイリスト/ライター 森田 文菜)

 

【関連記事】
髪のボリュームが気になるアラフィフが意識すべきは〝●●力〟!(PR)

40・50代が履いてはいけない!秋のスニーカー&コーデ
羽織りもので老け見え?40・50代が避けるべき羽織りもの
40・50代が履いてはいけないNGデニム&おすすめの着こなし
40・50代がこの秋着てはいけないニット3つ

【参考】
オンワード

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら