つやプラ

つやっときらめく美をプラス

揚げたてが◎!唐揚げをサクッとジューシーに仕上げるコツ

オガワチエコ

オガワチエコ

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

唐揚げは、お弁当に入れてもいいしパーティメニューにもなり、お酒のおつまみにもなる、子どもから大人までの幅広い世代に愛される食べものです。時間が経っても美味しいですが、やっぱり揚げたてを食べるのが醍醐味。揚げたての味と食感はたまりません。そこで今回は、料理研究家の筆者が、「唐揚げをサクッとジューシーに仕上げるコツ」をご紹介します。

10622429 - karaage,japanese fried chicken


■1:漬け込み時間は短めに

唐揚げを作る際、鶏肉に下味をつけますが、長時間タレに漬け込むとかえって味が落ちてしまいます。浸透圧の関係で、水分や旨みが流れ出てしまうからです。ですから、漬け込み時間は短めに。漬け込んだあとに水分を戻す場合もあります。


■2:片栗粉で仕上がりがサクッと

唐揚げを作る際に、衣には小麦粉や片栗粉を使います。片栗粉はじゃがいものでんぷんで、小麦粉は小麦からできています。小麦粉はグルテンが含まれているため、水を加えて熱すると粘りが出ます。そのため、衣にして油で揚げると、カリッとした仕上がりに。片栗粉はサクサクの仕上がりになります。


■3:基本は180度で揚げる

揚げる油の温度は180度が基本となります。あまり低いと、肉が油を吸って味が落ちる可能性があります。180度の目安は、菜箸を入れて細かい気泡が出るくらいです。


■4:網で油を切ってからクッキングペーパーに

油で揚げたあとすぐにクッキングペーパーにのせると、仕上がりがベタッとします。まずは網の上にのせて、しっかり油を切ってからのせるようにしてください。


■5:二度揚げの際は短時間で

二度上げすることで、さらにカリッとした仕上がりになります。その場合は、1~2分揚げてから取り出し、しばらく網の上にのせて休ませます。すると余熱で中に火が通ります。そのあとにまた油で短時間揚げると、外側がカリッとして香ばしさが加わります。


いかがでしたか? 唐揚げは、お店や家庭によって見た目も味も違います。自分好みに作れたとしても、ちょっと分量や揚げる時間が違うと、同じものができなかったりします。ですから作る際に、細かくメモを取っておくといいでしょう。
(料理研究家 オガワチエコ)

【関連記事】
食のプロも実践!料理がぐっと美味しくなる“油の使い分け”

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

夏はエイジングが加速する!?初夏にすべき美肌を守るスキンケアとは

梅雨が明けると、本格的な夏の到来ももうすぐ。皆さんは、夏に向けてしっかりとお手入れをしていますか? 一年の中でも、夏は特にエイジングが加速しやすい季節だと言えます。そのため、この時期から美肌を守るため …

スキンケアが効かなくなった?今こそ見直したい、美顔にまつわるNG習慣

最近、スキンケアが効かないと感じていませんか? 朝晩きちんとスキンケアしているつもりでも、肌が乾燥したり、肌老化が進んだりして、あまり効果が感じられない……。そんな悩みを抱え始めるのが、まさにアラフォ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら