つやプラ

つやっときらめく美をプラス

冬こそ徹底!カサカサ・シワシワから手を守るハンドケア方法4つ

遠藤幸子

endosan

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

次第に寒さが増してきて、手の乾燥に悩んでいる人も多いのではないでしょうか。手は人目によく触れるパーツであり、身体の中で最も年齢が出やすいと言われています。しっかりケアし、しわなどのエイジングサインを予防することが大切。そこで、しわを予防する方法についてご紹介します。

9c8df80c9352b848a020db7e9c6a502a_s

■手のしわを防ぐケア方法4つ

1.角質ケア

特に、指の関節付近は硬くなりがち。角質ケアをして皮膚を柔軟に保ち、シワの発生を予防することが大切。角質ケアには市販のボディスクラブやハンドスクラブを使用しましょう。肌を傷つけないよう、力を入れず指の腹を使って優しくケアすることをお忘れなく。スクラブ剤をお持ちでないという人のために、角質ケアアイテムの手作りレシピもご紹介しましょう。

<角質ケアアイテムレシピ>
・材料…粗塩、ハチミツまたはオリーブ油
・レシピ…材料を1:1(オリーブ油の場合は3:4)の割合でよく混ぜる。
・使用法…指の腹を使って手全体をクルクルとマッサージしながら馴染ませ、洗い流す。
・注意点…使用後はハンドケアを必ず行うこと。そして、マッサージの際は力を入れ過ぎないように注意することが大切。

2.水仕事の際はゴム手袋を

水仕事は手の乾燥をまねくだけでなく、手荒れまで引き起こしてしまう恐れがあります。水仕事をする際はハンドケアを行い、シルクか綿100%の手袋を着け、その上からゴム手袋をはめましょう。手荒れや乾燥を予防するだけでなく、ハンドケアを同時に行うことができるため一石二鳥です。

 3.乾燥がひどい時のスペシャルケア

乾燥がひどく気になる時には、ハンドケアを行った後にシルクか綿100%の手袋をはめて眠ると、翌朝乾燥がおさまり、潤ってハリのある手に。この他、いつもお使いのハンドクリームにオイルを混ぜるだけでも保湿力がアップします。

4.紫外線対策をしっかりと

紫外線もしわやシミなどのエイジングサインの要因となると言われています。そのため、外出時には手にも日焼け止めを塗る、手袋をするなどして紫外線から守ることが大切です。

乾燥の気になる季節こそ、しわのない、潤ってハリのある若々しい手を目指してお手入れに励まれてはいかがでしょうか。
(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子)

【関連記事】
放置はシワ・たるみの原因に!?今すぐ始めるべき乾燥対策5つ

【参考】
※小林ひろ美著『お肌の悩みオール解決!小林ひろ美のすべてがつまった美肌図鑑』(ワニブックス)
※吉木伸子著『素肌美人になるためのスキンケア美容医学事典』(池田書店)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

夏はエイジングが加速する!?初夏にすべき美肌を守るスキンケアとは

梅雨が明けると、本格的な夏の到来ももうすぐ。皆さんは、夏に向けてしっかりとお手入れをしていますか? 一年の中でも、夏は特にエイジングが加速しやすい季節だと言えます。そのため、この時期から美肌を守るため …

スキンケアが効かなくなった?今こそ見直したい、美顔にまつわるNG習慣

最近、スキンケアが効かないと感じていませんか? 朝晩きちんとスキンケアしているつもりでも、肌が乾燥したり、肌老化が進んだりして、あまり効果が感じられない……。そんな悩みを抱え始めるのが、まさにアラフォ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら