つやプラ

つやっときらめく美をプラス

年齢肌ケアにはブースターを!プロおすすめブースター3つ

mayu3

大野

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

みなさんは、スキンケアで何を使っていますか? どんなに高い化粧水や美容液を使っても、年齢肌によってはうまく肌に浸透しません。

年齢肌ケアにはブースターを!プロおすすめブースター3つ

今回は、ヘアメイクで美容講師である筆者が、年齢肌に合わせたスペシャルケアとして、化粧水前に使うスキンケアアイテムをご紹介します。

■年齢肌によっておこる「ターンオーバーの乱れ」

肌の表面には、外気から肌を守るバリア機能や水分を閉じ込める機能があります。この肌表面の皮膚のことを「表皮」と呼び、表皮はターンオーバーによって大体28日周期で再生します。

このターンオーバーは、年齢によって周期がどんどん遅くなり、角質肥厚やくすみの原因となります。肌のバリア機能も弱まるので、紫外線の影響を防ぐことができず、頑固なシミができてしまうこともあります。

年齢にあわせ、ターンオーバーを正常にするためのスキンケアが大切になってきます

ターンオーバーが正常な時

肌を再生する工場の役割をしているのが、表皮の中の「基底層」の部分です。この基底層が元気な状態だと、ターンオーバーが正常に行われ、古い角質はアカとなって剥がれ落ちます。

ターンオーバーが乱れた時

ターンオーバーが乱れた時

老化やバリア機能の低下により、肌を再生する工場(基底層)がダメージを受けている状態だと、うまくターンオーバーができず、古い角質が蓄積してシミの原因となってしまいます。

■年齢肌は、化粧水の前に使う物で変わる

角質肥厚やくすんでいる肌は、良い成分がたくさん入ったスキンケア用品を使っても、肌の浸透率が悪く、十分に働きが期待できません。

そこでおすすめなのが、化粧水の前に「ブースター」を使うことです。

ブースターの特徴

「ブースター」とは化粧水の前につかう導入液で、古い角質を柔らかくし、肌の浸透率を良くします。このブースターには美容液と化粧水があり、用途によって使い分けます。

洗顔後にブースターをつけてからいつも通りのスキンケアをするだけで、スキンケアの満足度を高めてくれますよ。

■おすすめのブースター3選

薬用保湿美容液/ワン バイ コーセー

薬用保湿美容液/ワン バイ コーセー

お米の成分とセラミドの効果により、固くなった肌を柔らかくして浸透率をあげてくれます。

さらに、肌荒れを改善し、化粧のノリもよくする働きがあります。
(60ml・120ml ノープリントプライス)

白酵プラセンタ原液/ナチュラルガーデン

白酵プラセンタ原液/ナチュラルガーデン

プラセンタを発酵させるのに成功した、世界初のアイテムです。

美容成分が100%原液で、ヒアルロン酸やコラーゲンを多く含む「サイタイエキス」が入っているので、保湿力とハリを実感できます。
(30ml 税抜価格7,200円)

ブースターセラム/カシガレイ

ブースター セラム/カシガレイ

希少天然植物の「アオノクマタケラン」をメインに植物成分を配合しているので、敏感肌の方でも使いやすいブースターです。

肌を瞬時に柔らかくし、ターンオーバーを正常な状態に導いてくれます。肌荒れ改善にも効果を期待できます。
(80ml 税抜価格9,000円)

年齢によって、スキンケアも種類を変えたり足したりすることが必要です。

今回ご紹介したブースターは、スキンケアの前に加えるタイプなので、普段お使いのスキンケアアイテムにとり入れやすいといえます。スキンケアに効果を感じにくいという方は、ぜひとり入れてみてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
首と手元も「顔」と思って!プロが教える「顔のお手入れ」
100均で揃う!保湿ケアを底上げする「美容ツール」4選
マスクでバレない!たるみ、ほうれい線撃退の「顔ヨガ」4つ
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

【参考】
薬用保湿美容液 – ワン バイ コーセー
白酵プラセンタ原液 – ナチュラルガーデン
ブースターセラム – カシガレイ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

大人スキンケアへの近道!目指したいのは、潤ってきらめく肌!?

最近、肌つやが足りないと感じていませんか? つやは肌がうるおった状態ではじめて生まれるもの。ですから肌に輝きが感じられないときは、肌が乾燥していたり、くすんでいたりします。 しかも、これから本格的な乾 …

  • アイテム
  • スキンケア
  • ツヤ肌
  • 乾燥肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら