つやプラ

つやっときらめく美をプラス

重めワックスで乱れ髪!?梅雨の「NG髪スタイリング」5つ

mayu3

大野

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

梅雨時期になると、ちゃんと髪の毛をセットしても、ジメジメした湿気や汗のせいで、「時間が経つと、まとまらない」ということが増えますよね。

重めワックスで乱れ髪!?梅雨の「NG髪スタイリング」5つ

今回は、美容師として長年活躍してきた筆者が、梅雨時期にやりがちなNGスタイリング法を5つ紹介します。

■梅雨時期にやりがちなNGスタイリング法5つ

(1)髪の毛を結ぶから「スタイリング剤」をつけない

「結んでしまえば髪の毛が広がらない」と安心しがちですが、この時期の髪質は、外気の水分を吸収しやすい状態にあります。そのため、まとめ髪にしても髪の毛が変にうねって、きれいに見えづらくなります。

まとめ髪にする時でも、軽めのスタイリング剤か、洗い流さないトリートメントをつけるようにしましょう

(2)乾かす時に「洗い流さないトリートメント」をつけない

髪の毛は外気の汚れや紫外線、ヘアカラーなどによりダメージを受けています。ダメージをうけた髪の毛は乾燥肌と同じで、栄養や水分を中に閉じ込める力が弱くなっています。

そのため、湿気が多いこの時期は、外気の水分をたくさん吸収して、髪の毛が広がってしまいます。

髪の毛を洗ったあとは、そのまま乾かすのではなく、ダメージの補修をして、栄養を与えてくれる「洗い流さないトリートメント」をつけることをおすすめします。

(3)コテで巻く時に「巻き髪スタイリング剤」を使わない

コテでいくら綺麗に巻いても、湿気や汗のため、セットは長持ちしづらくなっています。梅雨の時期ほど、コテで巻く前に「巻き髪スタイリング剤」をつけることが大切です。

この時期に出ている巻き髪スタイリング剤は、湿気や汗から髪の毛を守ってくれるものや、ダメージ補修、UVケアをしてくれるものなど、梅雨対策のアイテムがそろっていますので、ぜひチェックしてみてください。

(4)「重めのワックス」を使う

「梅雨時期になると、いつも使っているワックスで髪をセットすると、なぜか思うような仕上がりにならない」ということは結構多いと思います。

特に、セット力が強いワックスは重いものが多いので、髪の毛がワックスの重さでペタンとしてしまいがちです。梅雨時期には、軽めのワックスを使いましょう。

ミルキーワックスやムースワックスがおすすめです。

(5)「スプレー」は固まるからつけない

スプレーは、ワックスをつけた上からさらにセット力を強めるために使ったり、スプレー単品で使ったりします。

「スプレーは固まるから好きじゃない」というイメージを持つ方も多いですが、スタイリング剤の中でも軽くてセット力があるので、梅雨時期こそおすすめのスタイリング剤です。

最近は、ワックスのように何回触ってもスタイリングができるスプレーワックスや、梅雨時期でもスタイリングを長持ちさせるスプレーなどバリエーションが豊富ですので、試してみてはいかがでしょうか?

ヘアセットをスタイルキープするには、「髪の毛を湿気や汗から守ってあげること」が大切です。自分好みのスタイリング剤をみつけて、ラクに梅雨を乗り越えましょう。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
「くるりんぱ」のやり方とアレンジをヘアメイクが伝授!
三つ編みアレンジ自由自在!ヘアメイクが教える基本のやり方
まとめ髪の基本をおさらい!今すぐできる簡単アレンジまとめ
前髪だけでイメージチェンジ!骨格別で小顔美人になる方法

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら