つやプラ

つやっときらめく美をプラス

隠れシミ対策に◎!「カロテン」豊富な食材の食べ方2つ

美養フードクリエイター
岩田 まなみ

iwata

30代を過ぎると、だんだんと増えてくるシミ。目に見えているシミのほかにも、「隠れシミ」と呼ばれるシミ予備軍が、目に見えないお肌の奥に潜んでいます。

隠れシミ対策に◎!「カロテン」豊富な食材の食べ方2つ

これ以上シミを増やしたくない!という方は、ビタミンCではなく、カロテンが必要です。

■シミの増加は加速する!

30代を過ぎて、「突然シミが増えはじめた!」と感じている方は多いのではないでしょうか。そう感じているのは、あなただけではありません。

実際に35歳を過ぎると、目に見えるシミの増加スピードが、35歳までの2.3倍になるのだそうです。

さらに、目に見えない隠れシミは、35歳までに急増しているのだとか。「突然シミが増えはじめた!」と焦らないためにも、早め早めのケアが肝心です。

■隠れシミには、カロテンがおすすめ

美肌のための栄養素といえばビタミンCが有名ですね。しかし、隠れシミ対策にはカロテンが有効なのだそうです。

カゴメの研究によれば、カロテンを豊富に含む野菜・果物ジュースを継続的に飲むことで、肌の奥の「隠れシミ」が減少することがわかっています。

ビタミンCも、もちろんお肌のために必要なビタミンですが、これ以上シミを増やしたくない方は、カロテンを意識して摂るとよさそうですね。

■カロテンの豊富な食材と、効率的な摂り方

カロテンの豊富な食材

青シソ、モロヘイヤ、ニンジン、パセリ、バジル、ほうれん草、明日葉、春菊、カボチャ、ブロッコリー、ピーマン、大根やカブの葉、メロン(赤肉)、スイカ など

カロテンの効果的な摂り方

(1)粉砕する

カロテンなどの栄養素は、細胞膜という硬い膜の中に入っています。ミキサーにかける、加熱する、冷凍することで細胞壁を壊すことができ、身体に吸収されやすい形になります。

(2)油と一緒に摂る

カロテンは脂溶性のため、脂質と一緒に摂ることでも身体への吸収率が高まります。

ジュースで摂る場合には、オリーブオイルを少量加える、砕いたナッツをトッピングするなどして、脂質をプラスしましょう。

シミは、何年もかけて身体に現れます。できるだけ早くケアを始めて、シミを増やさない努力をしたいですね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】
なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

【参考】
大人のシミ、急増! シミの増加スピードは、年齢によって種類と速さが違うことを確認 – ロート製薬
カロテンが豊富な野菜・果物ミックスジュースの継続摂取により肌の奥の“隠れジミ”が減少することを確認 – カゴメ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

しわ改善と美白どちらも叶えたい!40代からの「つや玉」が輝く肌ケア

年を重ねると、顔に刻まれたしわさえも魅力の一つといわれます。とはいえ、思いきり笑った時、くっと持ち上がった頬に「つや玉」輝く美しい肌に、しわの存在はやはり気になるものです。 年齢肌の代名詞「しわ」の悩 …

  • ツヤ肌
  • ハリ

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら