つやプラ

つやっときらめく美をプラス

化粧残りでサビ肌に!?「サビ肌が加速するNG習慣」4つ

mayu3

大野

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

肌の夏の疲れを、そのままにしていませんか?

私たちの身体の中で過剰に生まれた「活性酸素」は、細胞を酸化させ、老化させる悪玉となります。この「酸化」を、金属になぞらえて、俗に「サビ」るといいます。サビの大きな要因となるのが「紫外線」です。

化粧残りでサビ肌に!?「サビ肌が加速するNG習慣」4つ

暑さが一段落した時期は、紫外線による光老化の積み重ねで、肌が疲れている状態にあります。適切なケアをせずに放っておくと、シミやシワを深刻にしてしまう場合もあります。

美容講師の筆者が、アラフォー世代にありがちな「サビ肌NG習慣」を4つご紹介します。

■サビ肌NG習慣4つ

(1)日焼け止めクリームを使わない

外出しても、「ちょっと外にでるくらいだったら、日焼け止めをつけなくても大丈夫」と思っていませんか?

日焼け止めを塗らずに外に出ると、紫外線により肌の角質が分厚くなります。分厚くなった皮膚は、スキンケアの浸透が悪くなるので、せっかく良いスキンケアをしても無駄になる場合があります。

くすみやシミ、シワなどを進行させる要因にもなりますので、日焼け止めはしっかりつけるようにしましょう

(2)一年中同じスキンケアを使っている

どんなに気に入っているスキンケアがあっても、一年中使いつづけると肌が慣れてしまいます。

季節によってスキンケアを変えることで、肌は活性化してきますので、季節に合わせたスキンケアを選ぶようにしましょう

(3)肌がカサついているが、「オールインワン」を使いつづけている

「オールインワン」と聞くと、「それ1つでスキンケアが済ませられる」と思って安心しがちですね。しかし、選び方を間違えると、逆に乾燥を招いたりサビ肌の原因になったりすることがあります。

オールインワンを選ぶ前に大切なことは、「自分の肌がどのタイプかを知る」ことです。「脂性肌」「普通肌」「乾燥肌」など、肌タイプで選ぶものが変わってきますので、自分の肌がどのタイプなのかを改めて確認してみましょう。

(4)クレンジングをしているのに、化粧が残っている

普段しているメイクの濃さによって、使うクレンジングは変わってきます。

例えば、BBクリームしか塗らないのに、洗浄力の高いオイルクレンジングを使うと、肌の油分が奪われて、カサカサになってしまいます。

また、クレンジングをしているのに、化粧が残っている場合は、使っているクレンジングの洗浄力が弱い可能性があります

そのままにしておくと、おちていない汚れが酸化してサビ肌になりますので、自分が使っているクレンジングを見直してみましょう。

いかがでしたか? 老け顔になるNG習慣を4つご紹介しました。

夏から秋にかけては、夏の紫外線で疲れた肌をしっかりとケアしないと、気づかないうちにサビ肌をつくってしまいます。ぜひ、参考にしてみてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
シミ対策に◎!美白化粧品の選び方と美容家おすすめ4選
たるみ毛穴対策に!おすすめコスメ6つとマッサージ法
お風呂上がりにシワをチェック!タイプ別「シワ対策」2つ
たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

エイジングケア、何から始めるべき?「つやプラ×オルビス 迷える女性におくる美容セミナー」をレポート

肌のハリ・つやのなさが最近気になる……エイジングケア※1を始めたいけれど何から始めたら良いの? という迷いを感じているなら、あなたも“エイジングケア迷子”かも。 2018年10月10日に開催されたイベ …

  • ツヤ肌
  • ハリ
  • ハリ肌

「敏感肌」に×なNGケアとは?乾燥の季節を乗り切るためのルール3つ

敏感肌やゆらぎ肌には、ちょっと憂鬱な夏を過ぎた肌。この時期に感じる不調には、紫外線の影響をしっかりとうけてしまった、急な気温の変化で身体がついていけない、忙しくて休息が足りないなど、思い当たる方も多い …

  • スキンケア
  • 乾燥肌
  • 敏感肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら