つやプラ

つやっときらめく美をプラス

老け見えペタンコ髪解消!「くるくるドライヤー」テク

ヘアメイク
mayu3

大野

最近見ることが少なくなった「くるくるドライヤー」は、40代のお悩み解消に役立つアイテムです。加齢による、髪が痩せる・うねる・細る、などのお悩みを解決してくれます。

老け見えペタンコ髪解消!「くるくるドライヤー」テク

美容家やコスメコンシェルジュとして、年齢に合わせた美を提案する筆者が、くるくるドライヤーでできるスタイリングテクニックをご紹介します。

■くるくるドライヤーがお悩み解決に役立つ理由2つ

(1)アイロンより、髪がいたみにくい

アイロンの熱は、くるくるドライヤーに比べて熱が高く、最高180℃まで出ます。アイロンの方が手軽にスタイリングできるイメージがありますが、実際は髪の毛にかなりダメージを与えています。

長期間使いつづけることで髪の中が変形して、まとまらない髪の毛となってしまいます。

(2)「ブラシ」+「ドライヤー」より簡単

ブラシとドライヤーを使うブローが、どうしても上手くできないという方は多いですよね。

それに比べてくるくるドライヤーは、ブラシとドライヤーがセットになっているので、片手で簡単にブローができます。

■うねりやぺたんこヘアを解決!「くるくるドライヤー」の簡単テクニック

(1)ペタンコヘアをフワッとさせるブローテク

ペタンとしやすいトップ部分は、根本からしっかり入れて「垂直、もしくは少し前に引っ張るようなイメージ」で梳かしてあげると、ホットカーラーで巻いたみたいにフワッと立ち上がりますよ

ペタンコヘアをフワッとさせるためには、イラストのように、根元からくるくるドライヤーを入れてブローしましょう

特にペタンとしやすいトップ部分は、根本からしっかりくるくるドライヤーを入れて、垂直、もしくは少し前に引っ張るようなイメージでとかすと、ホットカーラーで巻いたようにフワッと立ち上がります。

(2)うねりを抑えるブローテク

乾いた髪をいくらブローしても、うねりはとれません。髪を少しぬらしてからブローするようにすると、クセを修正しやすくなります。

ブローテクニックをポイント別に2つご紹介します。

(1)中間から毛先のうねり

毛先のうねりは、毛先だけやってもうまくいきません。まずは、根元にくるくるドライヤーを入れて2秒くらい置き、ゆっくり毛先までとかしていきます

毛先のうねりは、毛先だけやってもうまくいきません。根元にくるくるドライヤーを入れて2秒くらい置き、ゆっくり毛先までとかしていきます。

中間から毛先部分は、毛を張らせながらとかしていきましょう。

仕上げに毛先部分だけを内巻きにとかしてあげると、自然な内巻きになります

仕上げに毛先部分だけを内巻きにとかすと、自然な内巻きになります。

(2)前髪

うねりがひどく、クセがついてしまっている場合は、クセと反対方向に根本をとかしてから毛先を同じ方向にとかすと、きれいにまとまりますよ。

前髪は、特にうねりやすい部分です。根本にくるくるドライヤーをしっかり入れたら、2秒くらい時間を置いてとかします。

うねりがひどく、クセがついてしまっている場合は、クセと反対方向に根本をとかしてから毛先を同じ方向にとかすと、きれいにまとまりますよ。

くるくるドライヤーを1本持っていると、ホットカーラーやブラシがいらなくなるので、コスパ重視の方にもおすすめです。片手で簡単にブローができるので、忙しい朝の時短アイテムにもなります。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
ダメージが蓄積!?抜け毛、薄毛を招く「NG習慣」6つ
「くるりんぱ」が失敗しやすい理由7つを美容師が解説!
まとめ髪の基本をおさらい!今すぐできる簡単アレンジまとめ
前髪だけでイメージチェンジ!骨格別で小顔美人になる方法

【イラスト協力】
イラストレーター24KAWA(24KAWA)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら