つやプラ

つやっときらめく美をプラス

デカ顔に見せない!トレンドの「首つまりニット」の選び方

森田文菜

160224-416

最近のニットは、VネックやUネックより、クルーネックやハイネック、ボートネックなどの「襟元のつまったもの」がトレンドとなっています。

しかし、襟元がつまったニットは顔が大きく見えたり、なんだか太って見えたりすることがあり、苦手意識を持っている人も多いと思います。

デカ顔に見せない!トレンドの「首つまりニット」の選び方

スタイリストの筆者が、襟元がつまったニットでも小顔に見せられる選び方や、顔周りをカモフラージュするアクセサリーの合わせ方をご紹介します。

■首周りに適度な余裕のあるニットを選ぶ

首周りに適度な余裕のあるものを選ぶ

首にピタッと沿うハイネックやタートルは、顔のサイズを強調します。また、全体的に太って見えてしまう恐れがあります。

それを回避するには、首周辺に適度な余裕があるデザインのものを選ぶことがポイントです。

今年は、ハイネックでも首周りにゆとりがあり、さらにボリュームのあるタイプが豊富に販売されています。マフラーと同じ原理で、首にボリュームを持ってくることで小顔効果を狙えます

今年は、ハイネックでも首周りにゆとりがあり、さらにボリュームのあるタイプが豊富に販売されています。マフラーと同じ原理で、首にボリュームを持ってくることで小顔効果を狙えます。

■身幅に適度なゆとりのあるニットを選ぶ

身幅に適度なゆとりのあるものを選ぶ

首元だけではなく、全体としてゆったりしたシルエットのものを選ぶこともポイントです。

身体が泳ぐくらいオーバーサイズ気味のものを選ぶことで、今っぽさと細見えを手に入れることができます。

細かい編み地のものよりもざっくり感があり立体的になっているものなら、さらにカモフラージュすることができ、着痩せ効果が高くなるでしょう

細かい編み地のものでなく、ざっくり感があり立体的になっているものなら、さらにカモフラージュすることができ、着痩せ効果が高くなるでしょう。

■大振りピアスやイヤリングを合わせて、さらに小顔効果

大振りピアスやイヤリングでさらに小顔効果

大きめのピアスやイヤリングは、「首つまりニット」に最も簡単にオンできて、小顔効果を手に入れることができます。

視線をアクセに散らすことで、顔が小さく見えて華やかさも増します。

リングタイプのピアスやイヤリングはシンプルで大人っぽく、シーンも選ばないので1つゲットしておいて損はないアクセサリーです

リングタイプのピアスやイヤリングは、シンプルで大人っぽく、シーンも選ばないので1つゲットしておいて損はないアクセサリーです。

クルーネックやボートネックのニットなら、長めチェーンのネックレスを合わせると視線散らしとアクセントになるのでおすすめです。

クルーネックやボートネックのニットなら、長めチェーンのネックレスを合わせると視線散らしとアクセントになるのでおすすめです。

厳しい寒さでも暖かく過ごすことができる「首つまりニット」は、今からワードローブに追加しても大活躍してくれるはずです。お気に入りを見つけて、冬のファッションをさらに楽しんでくださいね。

(スタイリスト/ライター 森田文菜
タレントのメディア出演時、通販サイト、新聞などのスタイリングを担当するスタイリスト。レディースメンズ問わず幅広く活動中。またファッション記事を中心としたライターとしても活動中。)

【関連記事】
プロが伝授!脚長に見える、スタイルアップコーデの法則3つ
服のメンテナンスで差がつく!おしゃれな人の必需品3つ
デキる女性は荷物が少ない!?バッグを小さくする方法3つ
秋冬の印象はコートで決まる!プロが教えるコートの選び方

【参考】
オンワード

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら