つやプラ

つやっときらめく美をプラス

センスがなくてもお洒落になれる!「ハズし」&「抜け」テク

ライフスタイルコンサルタント
横田真由子

ファッション雑誌を読んでいると、「ハズすテクニック」や「ヌケ感を出す」といった言葉をよく目にします。この2つはセンスではなくテクニックのことですが、あまりよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

センスがなくてもお洒落になれる!「ハズし」&「抜け」テク

元ブランドショップ店長で、ミニマムリッチコンサルタントの筆者が、誰にでもできるこの2つのテクニックをお伝えします。

■おしゃれな人が実践する簡単テクニック2つ

(1)ハズすとは、「意外性のあるコーディネイト」

意外性のあるコーディネイトとは、例えば「ワンピース+スニーカー」というコーディネイトのことです。

きれいめのワンピースにはパンプスを合わせるのが普通でしたが、カジュアルなスニーカーを合わせることでハズし効果があります。また、カジュアルなリュックやウエストポーチを合わせることで意外性が出て、おしゃれ感がさらに出ます。

ほかには、「かっちりとしたジャケット+デニム」「カジュアルなブルゾン+タイトなロングスカート」など、あえて意外なアイテムを合わせます。「上品フェミニン+スポーツテイスト」は、大人の女性がとり入れやすいハズしコーディネイトです。

(2)抜けとは、「軽さを加える」

流行のオフショルダーのトップスなど、「肌見せ」も抜けのテクニックのひとつです。

上下ともに黒色のコーディネイトはかっこいいスタイリングですが、どうしても重く見えてしまいがちです。そこで、トップスをオフショルダーにすることで肌色がプラスされ、黒色の割合が少なくなるので軽やかに見えます。

大人の女性は、肌見せ部分があまり多いと上品さに欠けてしまう恐れがあるので、「パンツをロールアップさせて足首を見せる」「シャツのボタンを開けて抜き襟風にする」「袖をロールアップしてブレスレッドやバングルをする」と、大人のこなれた抜け感が出ます。

ちょっとハードルが高く感じる方やむずかしいという方は、どこかに「白色」を入れてみましょう。ダークトーンでまとめる時は、白のインナー、白のバッグ、白の靴などをプラスするだけで抜け感が出ます。ぜひ、トライしてみてくださいね。

※ミニマムリッチ=「上質なものを少しだけ」の意味です。日常の中での意識を少し上質に変えるだけで豊かになれます。

(ミニマムリッチコンサルタント 横田真由子
株式会社ケリングジャパン(旧 GUCCI JAPAN)で販売スタッフとして有名人やVIP客の担当となり、3年で店長に昇格。独立後「上質なものを少しだけ持つ人生」=「ミニマムリッチ®ライフ」を提唱する。)

【関連記事】

プロが伝授!脚長に見える、スタイルアップコーデの法則3つ

服のメンテナンスで差がつく!おしゃれな人の必需品3つ

デキる女性は荷物が少ない!?バッグを小さくする方法3つ

ベージュトレンチで老け見え?大人の「春コート」の選び方

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら