つやプラ

つやっときらめく美をプラス

秋の眉トレンド!媚びない、いい女系「中太アーチ眉」の描き方

ヘアメイク
MANAMI

秋が深まり、ニットやブラウンリップが似合う季節になりましたね。今回は、ヘア&メイクアップアーティストの筆者が、2019年秋冬のトレンド眉の傾向と描き方をお伝えします。

秋の眉トレンド!媚びない、いい女系「中太アーチ眉」の描き方

■意思が感じられる「中太アーチ眉」がトレンド

2019年秋冬は、ブラウンリップがトレンドですね。

赤やピンクのリップが流行っていた頃は、どこか異性からのウケやモテを意識していた気がしますが、ブラウンリップは「媚びない良い女」というイメージを与えることができます。誰かのための女らしさではなく自分のために生きるというような、今の時代にぴったりですよね。

眉自体は、並行眉や太眉はもちろん引きつづきトレンドではありますが、ブラウンリップを起点にして考えてみるとトレンチコートやパンツ、フワフワのニットに合わせるにしても、ある程度の意思が感じられる眉がしっくりきそうです。それが、「中太アーチ眉」です。

さっそく、具体的に中太アーチ眉の描き方を説明をしていきます。

中太アーチ眉の描き方

まず、眉頭の太さと角度を決めます。眉頭の上部分が低い位置から始まる方は、眉頭上を描き足した方が、アーチの角度がゆるくなります

(1)まず、眉頭の太さと角度を決めます。眉頭の上部分が低い位置から始まる方は、眉頭上を描き足した方が、アーチの角度がゆるくなります。

また、眉山よりも少し内側の黒目のあたりが太い方は、そちらに合わせるように眉頭に太さを足しておきましょう。ここの太さがそろうと、垢抜けて見えます。

黒目の上あたりから眉頭側へ戻るようにペンシルやブラシを動かすと、眉頭が自然にぼかされます。

次に、眉の下のラインを整えます。眉頭~眉山のラインは、目の形に合わせると自然な表情を作りやすいです

(2)次に、眉の下のラインを整えます。眉頭~眉山のラインは、目の形に合わせると自然な表情を作りやすいです。

筆者の元の眉のラインは、眉山から眉尻のラインが極端に上がり細くなってしまっているので、眉頭から自然につながるよう、目の形を意識しながら描いています。

最後に、眉の上のラインを整えます。(1)で描いた黒目の上あたりから眉尻までを、丸くつなげていきます。特に眉山部分は、角をつけないようにしてください

(3)最後に、眉の上のラインを整えます。(1)で描いた黒目の上あたりから眉尻までを、丸くつなげていきます。特に眉山部分は、角をつけないようにしてください。

しっかりとしたラインで描かず、パウダーなどでぼんやりつなげるとやさしさが出ます。クールな眉にしたい方は、ペンシルでしっかりとラインをつなげましょう。

写真右側の眉が素の眉で、左側が中太アーチ眉です。秋冬のトレンドであるブラウンリップに合う、凛としたなかに女性らしさを感じさせる眉に仕上がりました

写真右側の眉が素の眉で、左側が中太アーチ眉です。秋冬のトレンドであるブラウンリップに合う、凛としたなかに女性らしさを感じさせる眉に仕上がりました。

いかがでしたか? 使うアイテムを変えなくても、描き方を変えるだけでグッと今年らしい雰囲気になるのが眉というパーツです。お手持ちのアイブロウパウダーやペンシルで、ぜひ試してみてくださいね。

(トータルビジュアルプロデューサー・メイクアップアーティスト MANAMI
海外を拠点にモデルをし、引退後はメイクアップアーティストに転身。帰国後はモデルの経験を活かし、ミスコンやモデルへのウォーキング指導をはじめ、「見た目全てに関する」プロデュースを手がけるように。著書に『メイクの超基本テクニック』がある)

【関連記事】
目元パンダを防ぐ!一重・奥二重向け崩れにくいアイメイク
脱・厚塗り!ナチュラル肌&欠点カバーを両立させるアイテム
奥二重もたるみまぶたも目力UP!目の縦幅を広げるメイク術
プラス1で旬顔に!今年らしい秋メイクが楽しめるコスメ4選

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら