つやプラ

つやっときらめく美をプラス

奥二重もたるみまぶたも目力UP!目の縦幅を広げるメイク術

ヘアメイク
mayu3

「年齢とともにアイシャドウが映えなくなった」「まぶたがたるんで、目力が弱くなった」という声をよく聞きます。

ヘアメイクやコスメコンシェルジュのプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、いつものアイメイクにちょい足しするだけでできる目力アップする方法をご紹介します。応用することで、片方は二重、片方は奥二重というふうに、左右で目のたて幅が違う場合にも対処できますよ。

アイメイク 女性

■目力アップ!アイシャドウの塗り方

(1)黒目の中心線上が一番高くなるようにアイシャドウをいれる

黒目の中心が1番高くなるようにアイシャドウをいれる

アイシャドウを入れる時に黒目の中心部分に先にアイシャドウをのせ、そこから半円を描くように広げていきます。こうすることで、目のたて幅が広がったようになり、目が大きく見えます。

(2)締め色は両端のみ入れる

締め色は両端のみ入れる

目のキワにいれる締め色をあえて両端にいれることで、まぶたに立体感が出ます。ポイントは、黒目の幅分を除いて、目頭と目尻に入れることです。

仕上げに、黒目の中心線上だけハイライトを入れるとより目力アップしますよ。

■左右で目のたて幅が違う時のアレンジ術

片方は二重、片方は奥二重というふうに、左右で目のたて幅が違う時の対処法をご紹介します。

(1)奥二重の方だけ、ダブルラインを入れる

奥二重の方だけ、ダブルラインを入れる

奥二重のシワの部分に濃いめのブラウンシャドウをいれます。ポイントは、細めのブラシで線を描くようにいれることです。

まぶたの二重がより強調されるアレンジです。

(2)奥二重の方だけ、黒目の下にインラインを入れる

奥二重の方だけ、黒目の下にインラインを入れる

上まぶたの高さが出しづらい分、目の下に高さを出すと目力がアップします。

インラインは、黒目下のキワのみに入れましょう。入れすぎると逆に不自然に見えるので、少しずつ色を足しながらバランスを見るようにしてください。

(3)アイラインの引き方を変える

アイラインの引き方を変える

アイラインは目力を出すのに効果的なアイテムですが、太く入れすぎてしまうと不自然に見えてしまいます。そのため、二重も奥二重の場合も、アイラインを細めにいれることを前提で幅を変えると、左右さを軽減しやすくなります

アイラインは目力を出すのに効果的なアイテムですが、太く入れすぎると不自然に見えてしまいます。そのため、二重も奥二重の場合も、アイラインを細めにいれることを前提にして引く長さを変えると、左右差を軽減しやすくなります。

二重の方は目尻から目頭までアイラインを入れるのに対し、奥二重の方は目尻から黒目中心まで入れるとバランスがよくなりますよ。

(4)奥二重の方だけ、黒目中心のまつげを濃くする

奥二重のたて幅を二重に近づけるには、たて幅を出すことも大切です。エクステをつけている方は、黒目中心部分だけエクステの量を増やすか、濃いめのエクステをつけるといいでしょう。

マスカラ派の方は、黒目の中心部分だけ重ねづけをすると、二重とのたて幅の差が軽減されやすくなります。

ナチュラルに目力がアップできるやり方をご紹介しました。アイプチとは違い、アイシャドウの塗り方やマスカラの塗り方だけでできる簡単なアレンジ法ですので、普段のメイクにちょい足ししやすく、おすすめです。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュインストラクター、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
ベージュリップでオバ見え!?老け見え度チェックリスト
濃いアイメイクは近寄りがたい!?大人の優しげメイクのコツ
ほうれい線もしぼみ唇も解消!老け顔を一掃するハイライト術
オバ顔が垢抜ける!?イマドキ顔になれる「メイクの順番」

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら