つやプラ

つやっときらめく美をプラス

たるみ目パッチリ!プロ直伝「ノーメイクでリフトアップ」の裏ワザ

ヘアメイク
MANAMI

メイクの現場ではモデルさんや女優さん、あらゆる年代の方をメイクします。お悩みの大半が、「毛穴」「くすみ」「たるみ」です。

たるみ目パッチリ!プロ直伝「ノーメイクでリフトアップ」の裏ワザ

実は、メイク前にちょっとしたことをするだけでメイクをしなくても目元や額のリフトアップ効果が期待できます。メイクアップアーティストの筆者が、目を大きく見せることができるテクニックをご紹介いたします。

■比べてみて!「すっぴん目&小ワザ入りすっぴん目」

こちらは普段のすっぴん目。

20150706manami01

そしてこちらはテクニック後のすっぴん目。

20150706manami02

少しばかり、黒目の上に白目があるのがわかりますか? 目の縦幅が大きくなったのですが、二重が不自然に奥二重から二重になったわけではないので、二重テープなどを使っていないのはおわかりいただけると思います。
また、目を大きく見開いているわけでもないのです。そういうときには、目に力が入るので、額にシワが出たり、眉の角度が変わるはず。

■髪の毛を「ピンで留めるor結ぶ」だけ

目を大きく見せたいなら「真後ろへ」

これは、大女優の方のメイクの時にも使うテクニック。目を大きく見せるなら、目の真上にある髪の毛を、真後ろの方向に留めましょう。

たるみやたれ目をシャープにするなら「こめかみ側へ」

加齢による目尻のたるみやたれ目をシャープに見せたい時は、こめかみ側に髪を引っ張って留めればよいのです。

縦にも横にも大きくするなら「前髪込みの全ひっつめに」

ひっつめ髪でOKなら、前髪込みの全ひっつめにしましょう。目が縦にも横にも広がりますし、お好みでどちらかでもいいですね。こめかみ側のみ留めたければ、ハーフアップも◎。前髪を残しながら目を大きくしたいなら、コツは頭皮が「クッ」と動くくらいにしっかり張力をかけ、きつめに留めましょう。きっちり留めた後に毛束を引き出したり毛先をアレンジして、ゆるい雰囲気に見せることも可能です。

■自然にパッチリ!カラーコンタクトの選び方

髪を留めたり結んだりすると三白眼や四白眼になってしまう方は、ほんの少し黒目が大きくなる14〜14.2mmのカラーコンタクトのダークブラウンまたはブラックを入れることで、自然な感じで若々しい目元にすることができます。

メイクだけじゃない、目を大きくする方法。ぜひお試しください。

(トータルビジュアルプロデューサー・メイクアップアーティスト MANAMI
海外を拠点にモデルをし、引退後はメイクアップアーティストに転身。帰国後はモデルの経験を活かしミスコンやモデルへのウォーキングもはじめ、「見た目全てに関する」プロデュースを手がけるように。著書「メイクの超基本テクニック」。雑誌クロワッサンでも連載中。)

【関連記事】
歯磨きしながらほうれい線予防!「ながらdeたるみケア」3つ
10年後に後悔しない!ネイリストが教える「手のシミ」予防法
寝る前5分で老化をスローダウン!悩み別「夜のセルフケア」
今年こそ「夏老け」しない!秋冬に後悔しない「夏の肌ケア」

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら