つやプラ

つやっときらめく美をプラス

お料理グンと美味しく!簡単「ハーブオイル」の作り方&活用術

三浦 絵里子

2014-11-11-00-00-18_deco

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

毎日のお料理に欠かせないオイル。調理法によってオイルの種類を変えるのもいいですが、基本のオイルに様々なハーブを漬け込んで香りや風味を変えると、お料理が一層グンと引き立ちます。超簡単に、オイルをもっと美味しく変身させて、お料理上手と呼ばれちゃいましょう!

20150727eriko02

■ハーブオイルの作り方

用意するもの

・ハーブ
・オリーブオイル
・オイルを入れるジャー

 

ハーブオイルの作り方

(1)ジャーにハーブを適量入れる。
(2)(1)のジャーにオリーブオイルを適量注ぎ入れる。
(3)一週間ほど漬け置いて出来上がり。いろいろなお料理にお使いください。

 

■どんなハーブがいいの?

バジル、ディル、オレガノ、タイム、ローズマリーなどの香りが良く、フレッシュハーブとして入手可能なものを使いましょう。上掲の写真はバジルとジュニパーの果実です。

 

■マッサージにも!ハーブオイルの活用方法

いろいろなハーブを漬けておいて、お料理によって使い分けます。お肉を焼くときはローズマリーやタイム、魚料理にはディル、パスタの仕上げやサラダにはバジルなど、食材の美味しさを引き立たせるオイルを選びましょう。シンプルにバゲットにつけて食べるのもおすすめです。また、上記の写真で使用しているジュニパーは、身体に滞る老廃物を洗い流す作用があるため、むくみなどのマッサージオイルとしても利用できますよ。

それぞれのハーブが持つ香りや特徴を生かせるようになると、お料理が一段と楽しくなりますよね。数種類のハーブをブレンドしてみてもいいでしょう。あなただけのハーブオイルレシピを開拓してみてくださいね。
(ホリスティックビューティインストラクター Eriko)

【関連記事】
美肌・美腸に酒粕!毎日続けたい「はちみつ甘酒」&「酒粕ヨーグルト」レシピ

【参考】
※林真一郎著(2011)『ハーブと精油の基本事典』(池田書店)

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

夏はエイジングが加速する!?初夏にすべき美肌を守るスキンケアとは

梅雨が明けると、本格的な夏の到来ももうすぐ。皆さんは、夏に向けてしっかりとお手入れをしていますか? 一年の中でも、夏は特にエイジングが加速しやすい季節だと言えます。そのため、この時期から美肌を守るため …

スキンケアが効かなくなった?今こそ見直したい、美顔にまつわるNG習慣

最近、スキンケアが効かないと感じていませんか? 朝晩きちんとスキンケアしているつもりでも、肌が乾燥したり、肌老化が進んだりして、あまり効果が感じられない……。そんな悩みを抱え始めるのが、まさにアラフォ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら