つやプラ

つやっときらめく美をプラス

40代の揺らぐ心&体をケア!薬膳的・代謝UPにおすすめ食材

国際薬膳調理師
倉口ゆうみ

厚手のニットから薄手のニットに変わるこの季節。気候が暖かくなるのは嬉しい反面、薄着になるので体型が気になりますよね。

40代の揺らぐ心&体をケア!薬膳的・代謝UPにおすすめ食材

ずぼらだけど薬膳のプロである筆者が、薬膳的「代謝アップにおすすめの食材」を3つご紹介します。

■代謝アップのキーワード2つ

(1)身体を温めて循環させる

薬膳のベースになっている「中医学(中国伝統医学)」では、代謝が悪くなっている時は身体が冷えて巡りが悪くなっていることが多いと考えます。巡りが悪く手足の先まで栄養がしっかりいきわたらないと冷えを招き、いらない水分の排泄も鈍くなるため水太りになりやすいといわれています。

代謝をアップさせて痩せやすい身体を目指したいのなら、身体の循環を良くして温めることを意識していきましょう

(2)胃腸を労わる

胃腸が弱っていると食べた物を栄養に変えることがむずかしく、免疫力がさがってしまうといわれています。

なので、胃腸ケアを意識した食材も積極的にとり入れたいですね

■代謝アップにおすすめの食材3つ

(1)玉ねぎ

春に旬を迎える「新玉ねぎ」は、身体を温めて巡らせると考えられているとても優秀な野菜です。さらに、鬱々とした気分をやわらげる働きも期待できます。

気分が鬱々とすると身体の巡りが悪くなると考えますので、気持ちがゆらいだ時には玉ねぎを使ったメニューをいただきましょう。

お酢と合わせることで身体の巡りがさらに良くなるので、マリネやサラダがおすすめです。冷えやすい人は、加熱をしていただくようにしてください。

(2)生姜

身体を温める働きで有名な「生姜」は、特にお腹を温める働きが期待できるので胃腸ケアをしながら代謝アップを狙える食材です。お腹が冷えやすい方におすすめです。

生の生姜より乾燥生姜の方が身体を温める効果が持続するといわれていますので、乾燥生姜や生姜パウダーをストックしておくと便利です。ただし、イライラしている日や暑がりの人は、多食を控えるようにしてください。

(3)鮭

朝食の定番である「鮭」は、お腹を温めながら巡りをよくする働きが期待できます。さらに、肌に血色感を与えたりゆらぎやすい気持ちをケアするといわれていますので、40代女性の毎日の食事に積極的にとり入れてほしい食材です。

鮭料理のレパートリーはたくさんありますが、胃腸ケアができるスープがおすすめです。「キノコ」「玉ねぎ」「キャベツ」の組み合わせは代謝アップをサポートしてくれる組み合わせですので、ぜひお試しください。

ご紹介した食材は代謝アップにプラスして、40代のゆらぎやすい心と身体をケアする働きも詰まっています。美味しく食べて、健やかですっきりとした身体を目指しましょう。

(薬膳ライフバランスプランナー/国際薬膳調理師/コラムニスト 倉口ゆうみ
自ら抱えていた不調を、薬膳に出合い克服したことをきっかけに、同じ悩みを抱く女性の助けになりたいと思い、スクール歴代トップ5に入る成績で資格を取得。体質カウンセリング、レッスン、イベント開催の他、薬膳コラムも執筆中。簡単にできる薬膳の知恵をお届けしています。)

【関連記事】
毎日飲んで紫外線対策!美肌づくりに役立つ身近な飲み物3つ
不足しがちな栄養たっぷり!バスク風チーズケーキのレシピ
芯まで美味しく食べて美肌に!春キャベツの簡単レシピ2選
トマトジュースで代謝アップ!?冷えない身体を作る飲み方

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら