つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ダイエット中の主食に!太りにくい糖質・オートミールレシピ

美容ライター
ユウコ

最近は自宅にいる時間が多いと思いますが、ウエイトオーバーは何としても防ぎたいものですよね。

やはり、糖質のとり方に気をつけるという点が大きなポイントになるでしょう。糖質のとり方次第で、在宅太りはさけられると思います。

ダイエット中の主食に!太りにくい糖質・オートミールレシピ

そこで、各種の栄養素が豊富に含まれた「オートミール」をとり入れてみませんか? ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、ダイエットに最適なオートミールのレシピをご紹介します。

■「糖質」も必要な栄養素のひとつ

糖質はできる限りさけたいと考える方も多いですが、糖質も人間の身体にとって大事な栄養素です。疲労を回復させるほか、体温を維持する効果も期待できます。

元気にイキイキと暮らすためには、上手にとりたいものです。

■糖質が含まれていても太りにくい食材とは?

まず、「食物繊維」に目を向けましょう。食物繊維は腸内環境の改善に欠かせないものです。腸が正しく活動するようになれば、代謝UPも狙えます。

食物繊維がたっぷり含まれた「オートミール」は、糖質が含まれていますがダイエット向きの食材です。加えて、オートミールには糖質の代謝を促す「ビタミンB1」も含まれています。積極的に活用したい食材なのです。

■主食にもスイーツにもアレンジ可能

オートミールは意外と料理のアレンジがききます。主食としてもスイーツとしても使いやすく、食べ応えもあります

ぜひ、ストックしておくことをおすすめします。

■オートミールの時短レシピ3選

時間がない時などは、シンプルで時短な料理がベストですよね。ストレスフリーにいただきましょう。

(1)オートミールのエスニック粥

材料(2人分)

・オートミール 1カップ

・水 700ml

・オリーブオイル 大さじ1

・ナンプラー 大さじ1/2

・しょうが 1かけ

・三つ葉 半束

・青じそ 4~5枚

・卵 2個

・塩 適宜

作り方

(1)オートミールにオリーブオイルをまぶしておきます。

(2)しょうがはみじん切りにしておきます。

(3)三つ葉はざく切りにしておきます。

(4)青じそは千切りにしておきます。

(5)鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したら(1)と(2)とナンプラーを入れて20分ほど煮ます。

(6)(5)に(3)を加えて1分ほど煮たら、溶いた卵を流し入れて混ぜたら火を止めます。塩で味を調えます。

(7)(6)を器に盛り、青じそを乗せれば完成です。

(2)オートミールのレンジクッキー

材料(作りやすい分量)

・オートミール 50g

・卵 1個

・ピーナッツバター 100g

・てんさい糖 30g

作り方

(1)全ての材料をボウルに入れ、しっかりと混ぜ合わせたら、30分ほど寝かせておきます。

(2)指をぬらして(1)をひと口大に丸め、適当な間隔を開けてクッキングシートに並べます。

(3)電子レンジ(500W)で5分加熱すれば完成です。

(3)オートミールのバナナパンケーキ

材料(2人分)

・オートミール 100g

・バナナ 1本

・豆乳または牛乳 120ml

・ベーキングパウダー 5g

・バター 大さじ2

作り方

(1)オートミールをミルなどでひいて粉状にしておきます。

(2)(1)に豆乳とベーキングパウダーを加えてよく混ぜ合わせておきます。

(3)(2)につぶしたバナナを加えて、さらによく混ぜます。

(4)フライパンでバターを熱して、(3)を両面焼けば完成です。

日本人の口には合わないというイメージがあるオートミールですが、最近は徐々に私たちの食生活にもなじんできたようにも思えます。少しの冒険心をもって、新しい食べ方にもチャレンジしてみてください。きっと、肌や身体の変化を感じると思います。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

 

【関連記事】
ちょい足しで栄養価UP!トマトの美肌効果を高める食べ方
皮ごと食べて免疫力UP!?栄養士がキウイのパワーを解説
芯まで美味しく食べて美肌に!春キャベツの簡単レシピ2選
トマトジュースで代謝アップ!?冷えない身体を作る飲み方

【参考】
糖質 – わかさ生活
オーツ – わかさ生活
ビタミンB1 – わかさ生活

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら