つやプラ

つやっときらめく美をプラス

栄養の吸収率UP!美容&健康のために意識したい食べ合わせ

管理栄養士
今井尚美

毎日、何気なく食事をしていると思いますが、食べ合わせによってはもっと効率よく栄養素を吸収できる場合があります。

相性の良い食べ合わせで美味しく、かつ美容や健康に役立てることができたら嬉しいですよね。

栄養の吸収率UP!美容&健康のために意識したい食べ合わせ

管理栄養士の筆者が、美容と健康のために知っておきたい食材の組み合わせをご紹介します。

■おすすめの食べ合わせ

トマト×オリーブオイル

トマトに含まれる「リコピン」は、オリーブオイルによって吸収率が高まることがわかっています。リコピンには抗酸化作用があり、シミやくすみ、たるみなどの要因となる活性酸素を除去するため、美肌のために積極的に摂りたい栄養素です。

トマトといえばサラダで食べることが多いですが、炒めて食べることをおすすめします。リコピンは加熱に強く脂溶性なので、オリーブオイルで炒めることで効率よく摂取することができます。シンプルに、ガーリックと塩で味付けするだけでも美味しくいただけますよ。

きゅうり×酢×トマト

夏になると、みずみずしいきゅうりが美味しいですよね。

きゅうりには、むくみ改善に良い「カリウム」や、「ビタミンC」が含まれています。「アスコルビナーゼ」というビタミンCを酸化させる酵素も含まれていますが、酢によってその働きを止めることができます。

ビタミンCが豊富に含まれているトマトやきゅうりを食べる時は、マリネにしていただくと、ビタミンCを効率よく吸収できますよ

味噌汁×玉ねぎ

味噌には善玉菌である「乳酸菌」が含まれ、玉ねぎには「オリゴ糖」が含まれています。それぞれ、「プロバイオティクス(善玉菌を含むもの)」「プレバイオティクス(善玉菌のエサになるもの)」と呼ばれ、腸内環境を整える効果が期待できます。

最近では、プロバイオティクスとプレバイオティクスを組み合わせて摂ると、より効果が発揮されるといわれています。腸活している人や、お腹の調子を整えたい人におすすめの組み合わせです。

ダイエット中や忙しくて食事の品数が少ない日は、特に栄養素をしっかり吸収したいですよね。そんな時は、食べ合わせを意識してみてください。

(フリーランス管理栄養士 今井 尚美)

 

【関連記事】
食事内容を変えて代謝UP!?ダイエット成功につながる食事法
ダイエット中もOKなアイスって?太りにくいアイスの選び方
スタイル抜群な「奇跡の70歳」が実践!痩せるおかずのルール
間食で暴食予防?不足しがちな栄養を補う間食におすすめ食材

【参考】
リコピンの吸収にオリーブオイルが効果的であることを解明 – カゴメ
リコピン – わかさ生活
食生活をより豊かに 食べ合わせを考える – NIPRO
腸内フローラを整える方法!腸活! – 大正製薬

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら