つやプラ

つやっときらめく美をプラス

過食や肌荒れは脳疲労のせい?脳の疲れを和らげる生活のコツ

美容ライター
ユウコ

「脳疲労」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。脳の疲労は、ダイエットやスキンケアの大敵です。日頃からためないように心がけましょう。

脳が疲れると食べすぎる!?脳疲労を改善に導く生活のコツ

ウエルネス&ビューティーライター・アロマコーディネーターの筆者が、毎日の暮らしのなかで行いたい「脳疲労の改善方法」をご紹介します。

■「脳疲労」とは

脳疲労とはその言葉通り、脳が疲れた状態のことをいいます。この疲れは、美容に悪影響を及ぼす場合があります。

もし、現在ダイエットやスキンケアの効果を思うように感じていないなら、まずは脳の疲れをとることが先決です。

脳が疲れるとどうなるの?

脳に疲れがたまってしまうと、食欲のコントロールがしにくくなる場合があります。

つい食べ過ぎてしまったり、糖分や塩分、脂肪分といったものを欲しやすくなるので、むくみやウエイトオーバーにつながりやすくなります。

■美肌のためには、脳疲労を溜めない

脳の疲れをためたままでいると、皮膚の弾力が低下し、シワやたるみの原因につながります。

これまで効果のあったスキンケアコスメの手ごたえが甘いと感じたら、脳の疲れを癒す時です。

睡眠の質を上げる

脳疲労を癒すには、まず第一にきちんと睡眠をとり、その睡眠の質を上げることが大切です。そのためには、約7時間程度は眠りたいところです。

また、テレビをつけたまま寝てしまうことはNGです。静かな環境で、照明も落として眠りましょう。就寝前のパソコン、スマートフォンの仕様も睡眠の質を下げますのでさけてください。

■運動は、リラックス効果のあるものを

身体を動かすことも、脳疲労の解消に役立ちます。ですが、ジムなどで激しいエクササイズをすると、かえって交感神経と副交感神経のバランスを崩す場合があります。

ストレッチやヨガ、ウォーキングといった、リラックス効果も得られる動作がおすすめです。けして無理のない範囲で行ってください。

■「イミダゾールベプチド」と「クエン酸」を欠かさずに

食生活にも気を配りましょう。

栄養バランスの良い食事を心がけるほか、脳疲労を和らげる栄養素といわれる「イミダゾールベプチド」と「クエン酸」を積極的にとってください。脳疲労の回復効果が期待できます。

脳疲労対策におすすめのレシピをご紹介します。

鶏むね肉のレモンレンジ蒸し

イミダゾールベプチドを豊富に含む鶏むね肉に、クエン酸がしっかりとれるレモンを組み合わせたレシピです。

材料(2人分)

・鶏むね肉(皮なし) 250g

・玉ねぎ 1/4個

・片栗粉 大さじ1

・レモン果汁 小さじ2

・オリーブオイル 大さじ2

・塩 小さじ1/2

・ブラックペッパー  小さじ1/4

・水 大さじ1

作り方

(1)鶏むね肉はひと口大に切り、塩とブラックペッパーを振り、片栗粉をまぶしておきます。

(2)玉ねぎはスライスしておきます。

(3)水にオリーブオイルを加えて、ひと混ぜします。

(4)耐熱容器に(1)を入れて(2)を乗せ、(3)を回しかけたら、ふわっとラップをかけ600Wのレンジで5分加熱します。

(5)(4)にレモン果汁を振りかけ、再びラップをして3分余熱で味をなじませれば完成です。

■オフィスや仕事部屋で香らせたい精油

やはり、仕事の時は脳が疲れやすいでしょう。

オフィスや自宅の仕事部屋に、脳疲労を和らげる効果が期待できるエッセンシャルオイルを常備し、気分転換も兼ねて香らせましょう。おすすめの香りは、「ラベンダー」です。

不調を感じる時は、やはり少々、頑張り過ぎている時だと思います。上手にペースをゆるめて、心と身体にやさしい暮らしを心がけてください。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

 

【関連記事】
痩せないのは飲み物のせい?ダイエット中にNGな飲み物って
スタイル抜群な「奇跡の70歳」が実践!痩せるおかずのルール
間食で暴食予防?不足しがちな栄養を補う間食におすすめ食材
美容家も飲んでいる!「ダイエット中におすすめなお茶」3選

【参考】
イミダゾールペプチド – わかさ生活
クエン酸 – わかさ生活

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら