つやプラ

つやっときらめく美をプラス

化粧落ち&潤い保持力を検証!クレンジングオイルランキング

エイジング美容研究家
遠藤幸子

毎日メイクをしっかりと落とせていますか? うるおいを守ることばかりを追求してメイクがしっかりと落とせていないと、肌トラブルを引き起こすことがあります。油性汚れをしっかりと落とすには「クレンジングオイル」がおすすめです。

潤いのある洗い上がりはどれ?クレンジングオイルランキング

アンチエイジングアドバイザーの筆者が、40代以降の女性におすすめのクレンジングオイルを5品ピックアップし、クレンジング力やうるおいを守って洗い上げる力を検証しました。それをランキング形式でご紹介します。

■注意事項

今回のランキングに際し、注意事項は下記の通りです。

クレンジング力について

クレンジング力を比較検証するために、密着力が高く非常にもちの良いマットな質感のリップをあえて使用しました。こちらのリップを完全に落とせるクレンジング剤は少なく、日頃筆者もメイクアップリムーバーで落としているほどです。

それを腕に塗り、すべて乾いた状態の肌にクレンジングオイルをなじませ、指の腹を使ってなじませる工程やその時間、洗い流す工程なども同じ状況下で行いました。

保湿力について

保湿力について

今回、保湿力について検証するために、カネボウの「肌水分センサー」と「スマコネ」というアプリを使用して測定しました。測定した箇所は右頬で、2度測定して平均値を採用しています。

また、すべてのアイテムの保湿力を公平に比較することに配慮しました。ただし、ダブル洗顔が必要なものに関しては不要なものとの比較がむずかしいところですが、洗顔もすませた後の肌で水分量を測定しました。洗顔料はすべて同じアイテムを使用しています。

このほか、生理周期や外的要因によって肌の水分量は微妙に変わってくるため、できるだけ同じ状況下で検証を行い、参考データとしてクレンジングや洗顔直後の何もつけていない肌の水分量も測定して比較しました。

ランキングについて

どのアイテムも筆者のおすすめです。そのため、このランキングはアイテムの優劣を断定するものではありません。

筆者の肌質について

現在44歳の筆者の肌質は、「乾燥肌」です。皮膚が薄く水分を抱え込む力が弱いという特徴があります。

そのため、年間を通してしっかりと保湿対策を行わなければ、すぐに肌が乾燥してハリが不足したり、毛穴が開いたりと肌トラブルを引き起こしやすいです。

■第5位:クチコミサイトで人気

スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ/アテニア

スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ/アテニア

くすみの要因となる糖化による古い角質汚れなどを分解して洗い流す、クレンジングオイルです。「ロックローズオイル」や「アルガンオイル」など5つの高級な美容オイルを配合しており、くすみをオフして明るい肌へ導きます。

ドロリとしたテクスチャーで手と顔との間にクッションを作り、摩擦を軽減しながらメイクや汚れを落としてくれます。落ちにくいメイクもスピーディにするんと落とせます。洗い上がりはつっぱらないのにスッキリします。

おすすめポイント

日本人が好むスッキリとした洗い上がりとダブル洗顔不要の手軽さ、リピートしやすい価格が魅力です。また、香りも無香料と、レモングラスやベルガモットなどの天然の精油をブレンドしたアロマタイプの2種類から選べます。

ぬれた手でも軽く水気を切れば使うことができ、まつ毛エクステにも使用可能です。

クレンジング後の水分量

クレンジング前後で肌の水分量を比較したところ、15%のダウンという結果になりました。

クレンジング力

クレンジング力

クレンジング後の肌を確認したところ、うっすらと色残りがありました。ウォータープルーフでなくても落ちにくいアイテムはポイントメイクアップリムーバーが必要で、乾燥肌以外の方におすすめです。
(全2種 175ml 税抜価格1,700円)

■第4位:DSや直営店販売で人気

マイルドクレンジング オイル/ファンケル

マイルドクレンジング オイル/ファンケル

ザラつきや毛穴の汚れも落としてくれるクレンジングオイルです。ぬれた手でも使用でき、まつ毛エクステにも使えるところも便利です。

他のクレンジングオイルと比較しても、トロッとしたテクスチャーのクレンジングオイルが肌との間のクッションになる印象なので、摩擦を軽減できます。

おすすめポイント

肌のザラつきまで落とし、乾燥による小ジワを目立たなくする効果が期待できる点が最大の魅力です。また、サイズ展開が豊富なので気軽に試しやすく、詰め替え用もあるのでリピートしやすいです。

このほか、コンビニなどで手軽に購入できるところも高ポイントです。

クレンジング後の水分量

クレンジングの前後で肌の水分量を比較したところ、9%のダウンという結果になりました。

クレンジング力

クレンジング力

これまで何本もリピートして高いクレンジング力を評価してきたものの、クレンジングだけでは色残りが発生しました。少し時間をかけて丁寧になじませることが重要だという印象です。

しかし、ダブル洗顔が必要なタイプのアイテムなので、洗顔することによってきれいに色残りは落ちました。洗顔に助けられる側面があり、今回ご紹介する5品のなかではクレンジング力は第4位という結果になりました。

W洗顔後は若干肌がつっぱる印象なので、乾燥肌以外の方におすすめです。
(10包 税抜価格500円/60ml 税抜価格980円/120ml 税抜価格1,700円)

■第3位:通販で人気

HANNAH BY SUPERBLY モイスチャークレンジングオイル/HANNAH BY SUPERBLY

HANNAH BY SUPERBLY モイスチャークレンジングオイル/HANNAH BY SUPERBLY

美肌のために重要な脂質”オレイン酸”を豊富に含む「コメヌカ油」をたっぷりと配合したクレンジングオイルです。使い続けても肌のうるおいを奪わずにメイクや汚れを落とせます。

手にとると比較的サラッとして軽めのテクスチャーです。それにもかかわらず、洗い上がりはかなりしっとりとしています。

保湿力にこだわり、「アルガンオイル」や「シアバター」などの5種類のオーガニックオイルを含む21種類もの植物ブレンドオイルが配合されています。

おすすめポイント

肌にやさしい低刺激処方でありつつ、油溶性の「プラセンタエキス」が配合されているのでエイジングケアまで叶えてくれます。そのため、乾燥肌や敏感肌、エイジングサインが気になる方にもおすすめです。

また、ダブル洗顔不要で、ぬれた手で使用できるところも便利です。9種類の精油をブレンドしたさわやかな香りも魅力です。

クレンジング後の水分量

クレンジングの前後で肌の水分量を比較したところ、1.5%のダウンという結果になりました。

クレンジング力

クレンジング力

肉眼でよく目をこらさなければ確認できない程度ですが、かすかな色残りがありました。W洗顔不要のクレンジングオイルのなかでは高めのクレンジング力で、密着力が特別高いリップでなければ落とすことができます

うるおいを守ってメイクや汚れを落とせるので、乾燥肌の方にもおすすめのアイテムです。
(210ml 税抜価格4,500円)

■第2位:デパートのコスメ売り場で人気の商品

アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル/シュウ ウエムラ

アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル/シュウ ウエムラ

自然由来成分を98%も配合したクレンジングオイルで、W洗顔不要です。日本つばきの「カメリアオイル」も配合しているので、肌やメイクとのなじみが非常に良いです。

おすすめポイント

クレンジングオイルとは思えないほどシルキーななめらかさのあるテクスチャーで、肌を労わりながらメイクや汚れをしっかりと落としてくれます。オンラインでの購入だと、3サイズから選べます。

クレンジング後の水分量

クレンジングの前後(洗顔を含む)で肌の水分量を比較したところ、2%のダウンという結果になりました。うるおいを守って洗い上げる力は確かといえます。

クレンジング力

クレンジング力

クレンジング力は非常に高く、1位のアイテムと甲乙つけがたいものがありました。しかしながら、うるおいを守って洗い上げる点においては1位のアイテムに若干及ばずこのような結果となりました。

肌質を問わず使用しやすいです。
(50ml 税抜価格1,600円)オンライン限定(150ml 税抜価格4,600円/450ml 税抜価格11,500円)

画像サイズ:50ml

■第1位:サロン系アイテムで人気

クレンジングオイル/ホメオバウ

クレンジングオイル/ホメオバウ

手にとるとサラサラとしたテクスチャーで、メイクや毛穴の汚れもすっきりと落とすことができます。また、こちらのクレンジングオイルを使用していると、日中Tゾーンなどが脂浮きしてくることもあまりなくなりました。メイクが崩れにくくなる効果も期待できます。

W洗顔をしてもうるおいが残っているように感じるので、W洗顔が必要なクレンジングオイルは乾燥しやすいという固定概念を覆すアイテムといえます。

透明のパッケージに白字でアイテム名などが記載されていてオシャレなボトルなうえ、サイズ展開が豊富なのも嬉しいですね。

おすすめポイント

エイジングケアできるオイルとして高い人気を誇る「アルガンオイル」や肌になじみやすい「スクワランオイル」、角質を柔らかくしたり肌荒れ防止効果が期待できる「ホホバオイル」などが配合されています。そのため、メイクや汚れを落としながら美肌ケアを叶えます

また、柑橘系の香りがほどよい強さで香り、クレンジングタイムがリフレッシュのひと時となります。

クレンジング後の水分量

クレンジングの前後(洗顔を含む)で肌の水分量を比較したところ、1%のダウンという結果になりました。うるおいを守ってメイクや汚れを落としてくれるアイテムです。

クレンジング力

クレンジング力

クレンジング力は非常に高く、色残りも全くありませんでした。また、W洗顔が必要にもかかわらず、うるおいを守って洗い上げる効果も非常に高いことから今回のランキングでは1位を獲得しました。

ただし、どのような洗顔料を使うかということも重要なポイントとなります。つやプラ世代の方は、洗顔料もうるおいを守って洗い上げるものをご使用ください。

こちらのアイテムは乾燥肌の方はもちろんのこと、脂性肌や混合肌の方にもおすすめです。
(120ml 税抜価格2,700円/198ml 税抜価格3,900円/300ml 税抜価格5,000円)

今回は、40代以降の女性におすすめのクレンジングオイルを5品ピックアップし、クレンジング力やうるおいを守って洗い上げる力を検証しました。そして、それをランキング形式でご紹介しました。ぜひ、アイテム選びの参考にしてください。

(アンチエイジングアドバイザー 遠藤 幸子)

 

【関連記事】
保湿しても荒れる手に!ハンドクリームを塗る前にすべきこと
化粧水で潤いの通り道を作る!保水力を高める化粧水の使い方
消毒で荒れた手も潤う!お手頃なのに高機能なハンドクリーム
お風呂前に塗るだけ!エステ帰り級のふっくら肌になる保湿法

【参考】
スキンクリア クレンズ オイル アロマタイプ – アテニア
マイルドクレンジング オイル – ファンケル
HANNAH BY SUPERBLY モイスチャークレンジングオイル – HANNAH BY SUPERBLY
アルティム8∞ スブリム ビューティ クレンジング オイル – シュウ ウエムラ
クレンジングオイル – ホメオバウ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら