つやプラ

つやっときらめく美をプラス

更年期の不調を和らげダイエットにもつながるデトックス習慣

美容ライター
ユウコ

更年期の不調を和らげる大事な方法のひとつは、身体の中に老廃物や毒素となるものをためないことです。毎日こまめにデトックスする習慣をつけましょう。

レモン白湯

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、更年期世代の方が心がけたい生活習慣をご紹介します。

■老廃物がたまりやすい体質に!?

更年期世代を迎えると、自然と老廃物を外に出す力が弱まりやすいとよく聞きます。そのため、老廃物がたまった身体を放っておくと、いつの間にか「たまりやすい体質」になる場合があります。

老廃物をためたままにしておくと身体が本来もつ力が十分に発揮できにくく、それが不調につながっていきます。いらないものを出す習慣をつけ、積極的に不調を和らげていきましょう

■毎日の食生活に「藻類」をとり入れる

藻類の代表的なものとして「海苔」や「昆布」「わかめ」といったものがありますが、いずれも各種の「ビタミン」や「ミネラル」「食物繊維」が豊富で、デトックスには欠かせない食材です。

また、「クロレラ」や「スピルリナ」といった藻類を、タブレットやパウダーでとることもおすすめです。すぐれた抗酸化作用でアンチエイジング効果も期待できます。

■朝は一杯の「レモン白湯」から

高いデトックス効果が期待できる飲み物に「レモン白湯」があります。小さじ1ほどのレモン汁を、180ml程度の白湯で割っただけのドリンクです。

排出力を高める「レモン」と胃腸から身体を温めて代謝をアップを狙う「白湯」の組み合わせは、老廃物を外へ出すためにはとても効率的と考えられます。朝は、一杯のレモン白湯からはじめてみてください。

■呼吸で身体をクリーンに

現代人は呼吸が浅く、早い傾向があるといわれています。自分の呼吸のリズムやスピードに意識を向ける習慣をつけましょう。そして、ゆったりと深い呼吸を身につけるように心がけてください。

そのためには、「腹式呼吸」をマスターすると良いでしょう。リラックスして、ゆっくりと鼻から息を吸い込みお腹がふくらんだら、お腹が平らになるように静かに鼻から息を吐きます。

■消化の負担にならない食べ方をする

老廃物をためないためには、消化力を上げることも大切です。消化に負担のかからない食べ方も意識してみましょう。

もっともシンプルな方法は、2種類以上の炭水化物を同時にとらないことです。おにぎりとサンドイッチを同時に食べたり、麺類とご飯ものを一緒に食べないように注意してください。ウエイトコントロールにも大いに役立ちます。

■情報のデトックスも大事

老廃物をためない生活を送るためには、精神面のデトックスも重要です。頭の中に情報をとり込み過ぎないことも心がけてください。

必要以上の情報は心と身体を混乱させやすく、不調の原因につながります。テレビやインターネットなどは、ほんとうに見たいものを厳選して見るようにしましょう。

自分の時間を確保し、心から関心のある音楽や映画、書籍などを楽しんでください

ご紹介したどの習慣にも共通することは、「自分を大切にする」ことです。更年期の不調緩和には、まず自分に対して手をかけ心をかけてあげることが大切です。何よりも自分のことを優先して良いのです。自分にやさしい暮らしを構築していってください。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

 

【関連記事】
更年期は心疾患リスクが上昇!?身体を守るカカオ習慣とは?
更年期の不調にみそ汁を!手軽に買える食材で作る薬膳みそ汁
更年期は幸年期!医師に聞く「ハッピーな更年期のコツ」
更年期の不眠に!良質な睡眠のために取り入れたい生活習慣

【参考】
クロレラ – わかさ生活
スピルリナ – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ライフスタイルの最新記事はこちら