つやプラ

つやっときらめく美をプラス

毎日ヨーグルトで腸活!意外な食べ方5つ

美養フードクリエイター
岩田 まなみ

腸活を心掛けている方なら、必ず冷蔵庫に入っているといってもいいヨーグルト。食べものからとった乳酸菌やビフィズス菌は、腸内に棲みつくことはできませんから、毎日続けることが大切です。

とはいえ、毎日毎日同じヨーグルトを食べるのも飽きてしまいますよね。

ヨーグルト

美容と健康に役立つ食スタイルを提案して17年の美養フードクリエイターである筆者が、デザートやわき役ではない、おかずになるヨーグルトレシピを5つご紹介します。

■ヨーグルトはいつ、どれだけ食べたらよい?

飽きずに続けられる!おかずになるヨーグルトレシピ5つ

ヨーグルトは、「朝食べたほうがよい」「夜食べた方がよい」など諸説ありますが、何より大切なのは毎日続けること。ヨーグルトによって改善した腸内環境は、ヨーグルトを食べるのをやめると元に戻ってしまいます。

食べる量に関しても、100g、200gなどともいわれますが、毎日続けることが大切ですから、量にこだわらず1日大さじ1杯でも良いので続けてみましょう。

■毎日続けたい!おかずになるヨーグルトレシピ

飽きずに続けられる!おかずになるヨーグルトレシピ5つ

(1)缶詰で簡単!トマトのヨーグルトスープ

トマト缶1/2に、ヨーグルト200g程度を混ぜ、塩で味を調えて、オリーブオイルを添えれば出来上がり。

忙しい朝でも簡単に作ることができるヨーグルトレシピです。

(2)冷蔵庫整理にも!ヨーグルトサラダ

きゅうり、トマト、セロリ、ニンジンなど、野菜室にちょっと残っている野菜ってありますよね。そんなあまり野菜をすべてみじん切りにしてヨーグルトと和え、塩・胡椒で味を調えて出来上がり! お好みでドレッシングを足してもOK。

残りやすい、大葉やミョウガ、ショウガなどの薬味を入れても美味しくいただけます。

(3)作り置きOK!干し野菜のヨーグルト漬け

飽きずに続けられる!おかずになるヨーグルトレシピ5つ

大根やゴボウ、ニンジンなど、市販の干し野菜にヨーグルトを混ぜて保存容器に入れ、冷蔵庫で一晩おきます。ヨーグルトの水分を吸って干し野菜が柔らかくなり、そのまま食べることができます。

ヨーグルトの分量はお好みですが、干し野菜全体にヨーグルトがしっかり混ざるようにしましょう。

(4)ゆで卵のヨーグルト味噌漬け

ヨーグルト100gに味噌大さじ1を目安によく混ぜます。ゆで卵2〜3個とヨーグルト味噌をジップのついた袋に入れて、冷蔵庫で1日以上おきます。

ゆで卵は、ヨーグルト味噌の味を吸ってそのまま食べることができます。

また、ゆで卵の水分が出てトロトロになったヨーグルト味噌は、そのままドレッシングとして使えますから、ゆで卵にお好みの野菜を加えてサラダで食べても美味しいですよ。

(5)まぜるだけ!ヨーグルトカレー

ヨーグルト200g、カレー粉大さじ1/2、オリーブオイル小さじ1程度をよく混ぜ、塩で味を調えて出来上がり。

冷たいまま、トーストやナンに添えてカレーディップのように食べても、またグリルしたお肉やお魚のソースとしても使えます。

毎日続けたいヨーグルト。そのまま食べるのに飽きたら、ぜひお料理に使ってみてくださいね。

(美養フードクリエイター・中医薬膳師 岩田まなみ)

 

【関連記事】
ぽっこりお腹に!スッキリをサポートするお茶3選[PR]
食べ方&タイミングがキモ!?「キウイ」で美味しくアンチエイジング
間違ってるかも!?ヨーグルトの効果がUPする食べ方ルール5つ
腸活に◎毎日食べても飽きない「納豆レシピ」5つ
冷凍できるから毎日手軽に続けられる!腸活に役立つ旬の果物

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら