つやプラ

つやっときらめく美をプラス

現代人は不足気味?代謝酵素の働きをアップする飲み物まとめ

つやプラ編集部

300x300

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ダイエッターや美容家から今熱い注目を集めている酵素ドリンク。トレンドに敏感なみなさんの中には、すでに自宅で手作りしてみたという方もいらっしゃるかもしれませんね。今回は、話題の酵素ドリンクをシュガーフリーでさらにヘルシーに手作りする方法と、暑い季節におすすめのフルーツアイスティーをご紹介。果物の自然な甘みと栄養をたっぷりいただきましょう。

A57346930_l

■ダイエットに◎!シュガーフリーな酵素ドリンクレシピ

そもそも酵素って何?

酵素には大きく分けて、人間がもともと体内に持つ「消化酵素」、「代謝酵素」に加えて、食材そのものが持つ「食物酵素」の3種類があります。消化酵素は身体に入ってきた食べ物や油(脂質)が分解・消化吸収する働きをし、代謝酵素は血液を巡らせたり老廃物の排出、ウィルスの撃退、肌や身体の新陳代謝を活性化させるなど様々な役割を持つと言われています。

日本人は代謝酵素の働きが弱い!?

そんな酵素ですが、身体の酵素の力を100%とすると、消化酵素が70%の割合で働いている時は代謝酵素は30%というように、どちらかが多く稼働している場合は、どちらかの働きが弱くなる特性を持っているんです。夜20時以降の食事や脂っこい食べ物、おやつのちょこちょこ食べなどは消化酵素が常に働いている状態になります。そのため現代人には代謝酵素の働きが弱い人が多いといわれています。思い当たる方も多いのでは?

食物酵素の摂取がおすすめ

そこで「食物酵素」の登場です! これを摂ることで食べたものの消化を助けてくれるので、消化酵素の働きを節約することができるんです。その分、代謝酵素にパワーを回すことができるので代謝が上がって痩せやすくなったり、肌の調子がよくなったり、風邪をひきにくくなったりすることが期待できます。

 

酵素ドリンクは飲んだら太る!?意外な落とし穴

酵素ドリンクを手作りしたことはありますか? 果物や梅を砂糖に漬けこみ、発酵させて作るのですが、大体果物:砂糖=1:1で作ります。つまり1kgのフルーツや梅で作る場合は、1kgの砂糖を使うということ! もちろん酵素ドリンクの中には食物酵素が入っているので身体にはよいですが、砂糖1kgあたりのカロリーは約3500~4000kcal。たくさん飲めば当然太ってしまいます。

 

シュガーフリーでも作れる!簡単酵素ドリンク

実は酵素ドリンクは、砂糖を使わなくても簡単に作れます! 今回はそのレシピをご紹介します。

<材料>

1.煮沸またはアルコール消毒したガラス容器(ジャムなどの空き瓶でもOK)
2.好みのフルーツ(りんご、桃、イチゴ、ブドウ、柑橘類、レーズンなどがおすすめ)
3.水(適量)

<作り方>

混ぜて待つだけなのでとっても簡単! 糖分が多いフルーツの方が酵素が発生しやすく、砂糖を使わなくてもほのかな甘みがでて美味しいですよ。そのまま飲んでも良いし、飲みづらかったら炭酸で1:1程度で割っても◎です。写真はレモン+ドライレーズンで筆者が作ったもの。ドライレーズンを使う場合は、オイルコーティングされていない(原材料に油が入っていない)ものを使った方がうまくできます。

1.用意した容器の半分くらいの量のフルーツを、適当にカットして容器に入れる
2.容器ぎりぎりまで水を入れ、冷蔵庫で1週間蓋を開けずに保存する
3.1週間経ったら冷蔵庫から出し、まだ蓋は開けずに常温で2日ほど置く
4.2日経ったらビンの蓋を開け、開けるときにプシュッと炭酸のような音がしたり、中身がシュワシュワと気泡が浮き上がってくるようであれば完成! 飲みきるまでは冷蔵庫で保管してください。

 

■手軽なフルーツアイスティーもおすすめ。相性◎な果物とは

疲れたカラダを癒す「桃」

甘美な香りととろけるような果肉が、アイスティーのおいしさをさらに引き立ててくれる桃。クエン酸やリンゴ酸などの植物酸が、疲れたカラダをやさしく癒してくれます。また食物繊維の代表選手であるペクチンも含まれるため、便秘解消にも◎。桃のピンクと紅茶の赤がマッチして見た目にもかわいく、お客様にも喜ばれそうです。

20160804eriko002

こってり食のお供に「パイナップル」

芳醇な香りとほどよい酸味が魅力のパイナップル。糖質代謝をうながすビタミンB1や、肉などのたんぱく質を分解する酵素が多いことで知られています。よって、こってりした重たい食事のお供にはパイナップルアイスティーが最適。消化をうながし、食物繊維との相乗効果でお腹の調子を整えてくれます。

美容成分の宝庫「マンゴー」

南国フルーツの女王ともいわれるマンゴー。老化を招く活性酸素を抑制するカロテンや、抗酸化作用が強いビタミンC、利尿作用のあるカリウムなど、アンチエイジング成分がたっぷり含まれています。完熟したとろみのある果肉は、紅茶との相性もぴったり。まだまだ高価ですが、たまに味わう贅沢ティーとしてどうぞ。

 

「なんだか最近疲れが溜まってるな…」という時にこそ、積極的に摂りたい酵素ドリンク。フルーツアイスティーも、フレッシュな果物の風味と美容効果がいつものティータイムをワンランクアップさせてくれること間違いなしです。今回ご紹介したレシピを参考に、ぜひ様々な果物で試してみてくださいね。

(つやプラ編集部)

【関連記事】
水出しはNG!?ルイボスティーの効果的な飲み方・選び方

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

エイジングケア、何から始めるべき?「つやプラ×オルビス 迷える女性におくる美容セミナー」をレポート

肌のハリ・つやのなさが最近気になる……エイジングケア※1を始めたいけれど何から始めたら良いの? という迷いを感じているなら、あなたも“エイジングケア迷子”かも。 2018年10月10日に開催されたイベ …

  • ツヤ肌
  • ハリ
  • ハリ肌

「敏感肌」に×なNGケアとは?乾燥の季節を乗り切るためのルール3つ

敏感肌やゆらぎ肌には、ちょっと憂鬱な夏を過ぎた肌。この時期に感じる不調には、紫外線の影響をしっかりとうけてしまった、急な気温の変化で身体がついていけない、忙しくて休息が足りないなど、思い当たる方も多い …

  • スキンケア
  • 乾燥肌
  • 敏感肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら