つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ちょい足しコーヒーでキレイになる!おうちカフェレシピ4つ


岩田 まなみ

iwata

ホッと一息入れたいときに、コーヒーを選ぶ方は多いのではないでしょうか。コーヒーに含まれるコーヒーポリフェノールには、メラニンの生成を抑える働きや脂肪の燃焼をうながす働き、血液の健康を守る働きなどがあります。

6937293 - latte art on a cappucinno and coffee-beans (selective dof)

適量を守って飲めば、コーヒーは美容と健康に役立つ飲みものです。さらにひと工夫、ビューティー食材をプラスして、おうちカフェを楽しんでみませんか?

■寒い朝に!スパイシーソイカフェ

スパイスには、身体を内側から温める働きがありますから、寒い朝や冷えが気になる時におすすめです。

<材料>

豆乳
チャイ用スパイス(ガラムマサラでも可)
コーヒー

<作り方>

豆乳にチャイ用スパイスを加えて温め、香りが移ったら漉し、コーヒーと合わせて出来上がり。

■シュガーフリーでも満足感バッチリ!アーモンドミルクでカフェオレ

アーモンドの優しい香りと甘味で、お砂糖なしでも充分満足できる味になります。

<材料>

アーモンドミルク
コーヒー

<作り方>

アーモンドミルクを温め、コーヒーと合わせて出来上がり。

■スイーツの代わりに!ダークチョコ・カフェ

チョコレートの原料であるカカオには、気持ちをリラックスさせる働きや、血流をスムーズにする働きなど、美容と健康に役立つ働きがあります。カカオたっぷりのダークチョコレートをコーヒーに溶かせば、ビューティーなチョコレートカフェが出来上がります。

<材料>

ダークチョコレート
コーヒー

<作り方>

ダークチョコレートをコーヒーに溶かして出来上がり。

■3時のおやつに!ココナッツミルクで作るアフォガート

砂糖を使わずにできる、甘くてコクのあるスイーツです。

<材料>

バナナ 1本
ココナッツミルク 50cc
エスプレッソ(普通のコーヒーでもOK)

<作り方>

1.バナナとココナッツミルクをミキサーでなめらかになるまで撹拌して、冷凍庫で冷やし固めます。
2.1のアイスクリームにエスプレッソをかけて出来上がり。

そのまま飲んでも美味しいコーヒーですが、ひと手間加えることでさらに美味しく、そしてビューティーな飲みものに変わります。ぜひ、試してみてくださいね。

(美養フードクリエイター 岩田まなみ
料理教室Manami’s Kitchen主宰。パリのEcole Ritz Escoffierにてフランス料理を学びDiploma取得、本草薬膳学院にて薬膳を学び、中医薬膳師の資格を取得。健康リズムカウンセラー、味覚カウンセラー(スタンダード)。自著「ベジフル発酵ジュースとレシピ」(2018年・日東書院本社)、「ヤセ菌が増えて太らない食べ方」(2016年・自由国民社)。コラム執筆、雑誌、TVなど多数のメディア出演実績がある。)

【関連記事】

“夜の腸活”がカギ!今始めたい「夜の美腸習慣」3つ
「朝納豆」で腸活!ダイエットにも◎な朝納豆の食べ方
腸活に役立つ「チョコレート」の選び方&食べ方って?
腸活のために毎日食べたい!簡単「作りおきレシピ」3つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

見た目年齢−7歳!?雪のような美肌に導く「Cゾーン」ケアって?

美意識が高い人ほど、自分の肌に次々と現れるエイジングサインが気になり、それに対するケアに終始しがちです。けれど実際に見た目年齢を左右するのは、ひとつひとつの「ポイント」ではなく、「ゾーン」なのです。 …

  • 40代
  • 紫外線

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら