つやプラ

つやっときらめく美をプラス

冬の乾燥対策!カサつきや小ジワのお手入れは「順番」が大事

町山町子

_MG_8053

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

冬の季節、会社のオフィスや室内は暖房がきいていて、とても暖かく、寒がりには心地良いかもしれません。ですが、エアコンの風により、肌や髪の毛は乾燥しがちです。

冬の乾燥対策!カサつきや小ジワのお手入れは「順番」が大事

一日中オフィスにいると、「午後には頬がヒリヒリ、唇もカサカサしてきた」というようなことはありませんか? 今回は、肌のカサカサ、小ジワ対策のスキンケアのコツをご紹介します。

■肌のカサつき、小ジワの要因は?

肌表面のカサつき、目尻の小ジワの要因は、「水分不足」。室内のエアコンの風、外出時の冷たい風で、肌の保湿を保つバリア機能が低下し、肌の水分が失われて乾燥し、小ジワが目立ってしまうというわけです。

また、乾燥すると肌の新陳代謝が遅れるため、肌表面がカサカサになってしまいます。そのまま放っておくと、乾燥により頬が赤くなったり、目元の小シワの要因になることもあります。

■カサカサ、小ジワを作らないお手入れの基本3つ

カサつきや小ジワが気になったとき、普段と変わらないスキンケアをしていては、なかなか改善されません。お手入れのポイントの基本「とる・つくる・いれる」を意識して、目的にあった対処法を取り入れてみてください。

(1)「とる」

肌表面に出れずに溜まっている汚れを「とる」と同時に、リンパマッサージなどで身体の内側の老廃物も流して「とる」ようにします。定期的に「とる」ことが大切です。

(2)「つくる」

汚れや老廃物をとったら、血行促進のために温活やマッサージなどを行い、細胞に栄養や酸素を届けましょう。肌表面のターンオーバーを正常に戻して、元気な肌を「つくる」のです。

(3)「いれる」

汚れをとり、元気な肌細胞をつくったら、そこにうるおいのある成分を「いれる」ようにします。化粧水やローションパックを活用しましょう。

この3つの要素が大切です。肌が乾燥して小ジワが目立ってきたからといって、いきなり「いれる」の行為を行なっても、汚れが落ちていなければ入りませんし、元気な細胞がなければ効果も半減してしまいます。

■肌表面のカサつきや小ジワ対策のコツ

乾燥肌をそのままにしておくと、肌の奥、真皮の細胞が弱くなり、ハリを保つことができなくなります。

そうなる前にやっていただきたいのが、基本のお手入れを順に行うこと。そして「いれる」のステップで、マッサージを行い、化粧水、クリーム、美容液、などを活用することです。

スキンケアアイテムの活用法

使用する化粧水は、セラミドやコラーゲンなどエイジング力の高い保湿性のあるものを選びましょう。

いつもより多めに化粧水を出して、肌にパッティングしていきます。必要ならローションパックを活用して、たっぷり肌に水分を入れこんでください。その後に、入れた水分が逃げないように、保湿性の高いクリームでフタをします。

ピンポイントケアで美容液や美容オイルなどを目元や口周りに使うといいでしょう。肌が乾燥しているとファンデーションの伸びも悪く、余計カサカサして見えてしまいます。

秋冬はとくに、肌の疲れを感じさせないツヤのある肌を目指して、日々のお手入れに気を使っていきたいですね。

(エステセラピスト ビューティーヘルスエディターライター 町山町子
編集プロダクション、出版社勤務を経て独立。主に本の企画編集者、執筆者。一方で、“癒し、美容と健康”をテーマに自然派サロンを日本橋にOPEN。後に東船橋に移転。現在はハーブとアロマ、ボディ・フェイシャルなどのセラピストとして活動中。)

【関連記事】
首と手元も「顔」と思って!プロが教える「顔のお手入れ」
100均で揃う!保湿ケアを底上げする「美容ツール」4選
マスクでバレない!たるみ、ほうれい線撃退の「顔ヨガ」4つ
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら