つやプラ

つやっときらめく美をプラス

「プロテオグリカン」の美容効果とは?摂り入れ方まとめ

平田ちかこ

hirata

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

「プロテオグリカン」は、美容と健康に多くのメリットをもたらすと注目されている成分です。

「プロテオグリカン」の美容効果とは?摂り入れ方まとめ

美容や健康に対してどのような効果が期待でき、どのように摂取するのがベストなのかをご紹介します。

■目次

1.プロテオグリカンとは 
2.プロテオグリカンの美容での働き
(1)高い保湿力に注目 
(2)コラーゲンとヒアルロン酸を増やす 
(3)EGF様効果
(4)抗酸化作用
3.プロテオグリカンの身体への働き
4.プロテオグリカンの効率的な摂取方法 
(1)内側からケアするならサプリメント 
(2)外側からケアするならスキンケア 
5.プロテオグリカン配合化粧品選びのポイント 
(1)「水」が配合されている
(2)非加熱で製造されている
(3)シンプルがベスト 
6.ひざの痛みにお悩みの方は

■1.プロテオグリカンとは

コラーゲンやエラスチンなどと同様、保水力や肌へのハリを支える成分として注目されているのが、プロテオグリカンです。そもそもどんな成分なのか、どんな種類があるのかなど、プロテオグリカンについてくわしくご紹介します。

(1)プロテオグリカンは体内に存在する成分

プロテオグリカンとは、もともと体の中にある成分のひとつで、皮膚や軟骨の中に存在しているものです。皮膚においては、コラーゲンやヒアルロン酸などの間を埋めています。肌の潤いやハリを保つために大切な成分です。また、関節と関節の間のクッションのような役割も果たしています。

(2)プロテオグリカンには種類がある

プロテオグリカンは、あるたんぱく質に糖鎖と呼ばれる糖の塊が結合してできたものの総称です。約20種類のプロテオグリカンが発見されており、軟骨に多くあるアグリカンや真皮層にあるバーシカン、基底層にあるデコリンや細胞と細胞の間を埋めるパールカンなどがあります。

(3)プロテオグリカンが減るとどうなる?

加齢によって生成が減るコラーゲンやエラスチンのように、プロテオグリカンも加齢とともに減少していきます。高い保水力を持つプロテオグリカンが減少すれば、肌の潤いが減り、ハリや弾力も衰えてしまうでしょう。美肌やエイジングケアには欠かせない成分ともいえます。

■2.プロテオグリカンの美容での働き

美肌を目指すのに欠かせない成分といっても過言ではないプロテオグリカン。具体的にどんな美容に対する働きが期待できるのかご紹介します。

(1)高い保湿力に注目

ヒアルロン酸は高い保湿力があることでよく知られていますが、プロテオグリカンはヒアルロン酸の保水力の1.3倍もの力を持っているといわれています。べたつきが少なく、サラッとしたテクスチャが特徴です。ヒアルロン酸よりも分子量が小さいため、浸透率が高く、時間が経過しても乾燥しにくいメリットもあります。プロテオグリカンは、乾燥肌やエイジングケアなどに適した成分です。

(2)コラーゲンとヒアルロン酸を増やす

加齢とともに減少するコラーゲンやヒアルロン酸。コラーゲンとヒアルロン酸が減少した肌は、潤いやハリがなくなり、シワやたるみなどにつながります。プロテオグリカンは、美しい肌を目指すために重要な成分であるコラーゲンとヒアルロン酸の生成をうながす力を持っています

(3)EGF様効果

EGFとは、上皮細胞増殖(成長)因子のこと。肌の細胞を成長させて増やす因子で、ターンオーバーを正常に整える役割などを担っている因子です。このEGFは、年齢とともに減少することが確認されています。EGFが減少すると、ターンオーバーが遅れ、肌が老化します。

プロテオグリカンにはターンオーバーのペースを整えるなど、EGFに似た働きをする力が備わっており、その機能をEGF様効果と呼びます。

(4)抗酸化作用

プロテオグリカンには肌の保湿やハリ、正常なターンオーバーを保つこと以外に、抗酸化作用もあります。

老化の原因ともいわれているのが活性酸素です。活性酸素が増えすぎると、体内がさびた状態になり老化します。プロテオグリカンは、老化の一因である活性酸素の発生を抑制する抗酸化作用を持ち合わせているのです。

■3.プロテオグリカンの身体への働き

美容へのさまざまな働きが期待できるプロテオグリカンですが、多くの健康の悩みに対しても、働きが期待されています。

(1)関節のクッション機能をサポートする

軟骨を構成している成分のなかにもプロテオグリカンは含まれており、関節と関節の間のクッションのような役割や、関節部分の骨の動きをスムーズにするなどの役割を担っています。プロテオグリカンを摂取することで、加齢などによってすり減った関節のクッション性を強化できる成分として注目されています。

(2)抗炎症作用

人の身体に何らかの炎症が起きた際、サイトカインという炎症を抑えるタンパク質が細胞から分泌されます。プロテオグリカンには、このサイトカインの働きを促進する働きがあります。

(3)生活習慣病のリスク対策にも

炎症を引き起こす成分が慢性化すると、活性酸素を発生させます。この活性酸素は、さまざまな生活習慣病につながるやっかいものですが、プロテオグリカンの抗炎症作用によって活性酸素の発生を抑制することが期待されています。プロテオグリカンにはさらに、血糖値の上昇を抑制する働きもあります。

■4.プロテオグリカンの効率的な摂取方法

プロテオグリカンは、魚や牛などの軟骨にも含まれている成分ですが、より効率的に摂取するにはサプリメントやスキンケアで補うのがおすすめです。

(1)内側からケアするならサプリメント

天然素材のサプリを選ぼう

サプリメントを選ぶ際に注意したいのが、まず素材。化学合成原料のものは、化学物質の混入や石油から作られているものもあるため避けましょう。野菜やフルーツなどの天然素材でできたものが、身体にやさしく安心です。

熱処理は厳禁

熱処理をされたサプリメントは、大切な栄養素が失われたり、性質が変化したりしてしまっている可能性があります。低温を保って作られているかどうかもチェックしておきたいポイントです。

(2)外側からケアするならスキンケア

外側から塗布してスキンケアをする方法として、シートマスクや化粧水、UVクリームなどにプロテオグリカンを配合したものがあります。なかでも化粧水や美容液に配合されることが多いので、日常のスキンケアとして取り入れるのがおすすめです。

■5.プロテオグリカン配合化粧品選びのポイント

多くのプロテオグリカン配合化粧品があるなかで、どれを選べばいいか悩むのは当然です。プロテオグリカン配合の化粧品を選ぶ際のポイントをまとめてみました。

(1)「水」が配合されている

水とプロテオグリカンが一緒に配合されているものを選ぶのが第一のポイントです。水とプロテオグリカンは相性がよく、一緒に合わさることで肌に馴染みやすく、浸透性に優れるというメリットがあります。

(2)非加熱で製造されている

プロテオグリカンはたんぱく質の一種です。たんぱく質は熱が加わることにより、性質が変化し効果が薄れてしまいます。そのため、非加熱で製造されているかどうかもきちんとチェックして選びましょう。

(3)シンプルがベスト

化粧水や美容液などの化粧品には、多くの成分が配合されています。配合されている成分が多ければ多いほど、ひとつひとつの成分量が少なくなり、得たい効果が薄れてしまう可能性があります。プロテオグリカンがしっかりと含まれており、なおかつ配合成分の種類が少ないシンプルなものを選びましょう。

■6.ひざの痛みにお悩みの方は

加齢とともに減少傾向にあるプロテオグリカン。ひざ関節の痛みにお悩みの方は、普段からの運動や食事に注意することで、痛みを軽減することができます。具体的な運動法と食事を見てみましょう。

(1)太ももの筋力アップで負担軽減

太ももの筋力を鍛えることで、軟骨の負担を軽減することができます。椅子に深く腰掛け、片方の脚を、膝を伸ばした状態で椅子の高さまで上げましょう。10分ほどキープしたら、ゆっくりと脚を下ろします。反対側も同じように行い、これを20回程度繰り返しましょう。ゆっくり休憩をはさみながら、無理なく行うことが大切です。

(2)ウォーキングで負担軽減

日々の運動はとても大切です。膝の関節を柔らかくしたり、筋力をアップさせたりすることで、軟骨の負担を軽減させることができるでしょう。1日8,000歩を目標にしたウォーキングを取り入れてみてください。

(3)カルシウムとビタミンを意識した食事

骨や筋肉を作り出す材料であるたんぱく質はもちろん、骨を強くするカルシウムや、そのカルシウムの吸収率を助けるビタミン類を意識して摂取することが大切です。1日30種類以上の食品を摂取するよう心がけることで、バランスのいい食事が目指せます。

美容のみならず、健康面でも一役買ってくれるプロテオグリカン。美しさを追求する女性には欠かせない成分ともいえます。毎日の食事や運動をベースに、スキンケアにも取り入れてみてください。

(美容ライター/子育てママライター 平田ちかこ
美容クリニックを有するエステサロンでの勤務を活かし、幅広いジャンルで活動中のママライター。)

【関連記事】
首と手元も「顔」と思って!プロが教える「顔のお手入れ」
100均で揃う!保湿ケアを底上げする「美容ツール」4選
マスクでバレない!たるみ、ほうれい線撃退の「顔ヨガ」4つ
老け見えの元「口元のシワ」対策に◎口輪筋を鍛える顔ヨガ2つ

【参考】
“たるみ肌”を救うプロテオグリカン – サントリー
プロテオグリカンの高い機能性 – あおもりPG推進協議会
プロテオグリカンってなあに? – 一丸ファルコス
生活習慣の改善で「ひざ関節の痛みを予防!」 – サントリー
成分情報 プロテオグリカン – わかさ生活

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

夏はエイジングが加速する!?初夏にすべき美肌を守るスキンケアとは

梅雨が明けると、本格的な夏の到来ももうすぐ。皆さんは、夏に向けてしっかりとお手入れをしていますか? 一年の中でも、夏は特にエイジングが加速しやすい季節だと言えます。そのため、この時期から美肌を守るため …

スキンケアが効かなくなった?今こそ見直したい、美顔にまつわるNG習慣

最近、スキンケアが効かないと感じていませんか? 朝晩きちんとスキンケアしているつもりでも、肌が乾燥したり、肌老化が進んだりして、あまり効果が感じられない……。そんな悩みを抱え始めるのが、まさにアラフォ …

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら