つやプラ

つやっときらめく美をプラス

半乾きでクセ毛悪化!?「NGクセ毛スタイリング」6つ

mayu3

大野

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

汗や湿気で、すぐに髪の毛がまとまらなくなるのが、「クセ毛さん」のお悩みですね。

半乾きでクセ毛悪化!?「NGクセ毛スタイリング」6つ

今回は、美容師やヘアメイクとして長年活躍している筆者が、クセ毛でお悩みの方にスタイリングのやり方をご紹介します。

■クセ毛とパーマのウェーブは別物!

クセ毛とパーマのウェーブは同じではありません。違いは、濡れた時の状態です。

クセ毛は、水に濡れるとクセがとれてまっすぐになりますが、乾いてくるとうねってきます。逆に、パーマの場合は、濡れている時に一番ウェーブがでます。

またパーマは、スタイリングしやすいようにデザインされたウェーブなので、コントロールしやすいのも特徴です。

■クセ毛スタイリングのNG6つ

(1)乾かさないで寝る

「自然に乾くから大丈夫」というのは、クセ毛の方にはNGなスタイリング法です。

クセ毛は、濡れている時にドライヤーを使って、根本のクセをとってあげないと、うまくまとまりません。自然乾燥で乾かしても、クセがとれるわけではないので気を付けましょう。

(2)ドライヤーで乾かす際に、ブラシを使わない

うねりをとるには、ブラシを使うことです。クセの程度にもよりますが、ブラシを使ってあげると簡単にクセがとれます。

毛先をブローするのではなく、髪の根本をしっかりブローすることが大切です。

根本のクセをとるだけで毛先がまとまりますので、乾かしたあとの時短になりますよ。

(3)ドライヤーで乾かしても半乾き

ブラシを使っていても、髪の毛が湿っている状態で乾かすのをやめると、水分でクセがもどってしまいます。

ドライヤーで乾かす時は、しっかりと髪を乾かしてあげましょう

(4)クセと同じ毛流れに乾かしている

クセと同じ方向に乾かしてしまうと、どうしてもうねりがとれません。

「左に流れるクセなら、右方向に流す」というように、クセと逆方向に乾かすだけでも、髪の毛がまっすぐになるのでおすすめです。

(5)スタイリング剤をつけない

クセ毛の方は、水分で膨張したりうねりがでたりします。

しっかりブローをしたら、外気の水分から髪の毛を守るために、スタイリング剤をつけることが大切です。ワックスやスプレーをするだけで、一日スタイルをキープできます

(6)髪に何もつけずにヘアアイロンを使う

クセ毛の方は「毎日ヘアアイロンを使う」方が多いと思いますが、ヘアアイロンを使う前にやる仕込みがポイントとなってきます。

ヘアアイロンの熱は、180~200℃まで上がるものがほとんどです。高温で髪の毛を挟むと、使い続けるうちに髪の毛は傷んできます。

ダメージが進むと、いくらヘアアイロンをしても髪の毛はまとまりません。ヘアアイロンを使う前に、熱から髪の毛を守ってくれるスタイリング剤をつけるようにしましょう。

クセ毛で悩んでいる方におすすめのスタイリング法を、ご紹介しました。

毎日のスタイリングを少し見直すだけで、いつものヘアスタイルがグッと決まりますので、ぜひ試してみてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
「くるりんぱ」のやり方とアレンジをヘアメイクが伝授!
三つ編みアレンジ自由自在!ヘアメイクが教える基本のやり方
まとめ髪の基本をおさらい!今すぐできる簡単アレンジまとめ
前髪だけでイメージチェンジ!骨格別で小顔美人になる方法

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら