つやプラ

つやっときらめく美をプラス

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

岸田茉麻

IMG_2733

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

「見た目年齢を左右するのは頬だった!?」…実は近年、研究によって頬が見た目年齢に影響を与えることが明らかになっています。

「頬」が見た目年齢を左右する!?美容家が教える“若々しい印象の肌”をつくる秘訣

そこで今回は、若々しい印象の頬を保つためのお手入れを、美容部員としての経験があり、コスメコンシェルジュの資格を保有する筆者がお伝えします。

■見た目年齢は「頬」でチェックされているという事実!

突然ですが、見た目年齢は顔のどのパーツに現れやすいと思いますか?

「見た目年齢=エイジングサインが目立ちやすい目元や口元」を連想する人も多いかもしれませんが、ポーラ・オルビスグループの研究所の研究結果では「頬」が見た目年齢に関係していることがわかっているのです。

ハリがあってなめらかな頬は若々しい印象を与えます。しかし、うるおい不足で頬が乾燥していたり、ツヤが失われていたりすると老けて見られがちですし、たるんで見えてしまうこともあります。

このことからもわかるように、見た目年齢を判断する際は、頬に視線が向けられているのです。

■コスメコンシェルジュも実践!若々しい印象の頬に欠かせないお手入れとは

若々しい印象の頬には、「うるおい」「ハリ」「ツヤ」「なめらかさ」があります。これらの要素は、エイジングケアを意識したときにも欠かせないものです。

ここでは、日頃からエイジングケアを意識している筆者が実践しているお手入れ方法について詳しくご紹介します。

・複数のクレンジングを使い分ける

クレンジング料にはさまざまなタイプがあり、洗浄力が異なるので、メイクの濃さに合わせて使い分けるのがおすすめです。

洗浄力の高いクレンジングは、使い方次第で肌のうるおいを奪ってしまうことも。肌の水分量が低下すると、乾燥だけではなくハリや弾力の低下につながってしまいます。

クレンジングを使い分ける

そこで、落ちにくいアイメイクやリップカラーは、ポイントリムーバーを染み込ませたコットンでメイクオフ。その後、顔全体のメイクを通常のクレンジング料で手早く落とすことで、クレンジングによる肌へのダメージを防ぐことが期待できます。

・肌の水分量に合わせた保湿ケア

肌の保湿は、エイジングケアのみならず、すこやかな美肌を保つためには欠かせない、お手入れで最も意識したいポイントです。

肌の水分量に合わせた保湿ケア

市販の肌水分チェッカーを使用したり、百貨店の化粧品カウンターで肌診断を定期的に受けたりして、肌の水分量を細かくチェックしてみるといいですよ。

肌の水分量を知ることで、水分と油分のバランスを考えながら保湿ケアをすることができるため、みずみずしくなめらかな肌をキープすることができます。

・徹底した紫外線対策

紫外線対策も、若々しい美肌をキープするためには必須のお手入れのひとつです。

徹底した紫外線対策

年中通して降り注ぐ紫外線は、肌のハリや弾力の低下を招くと言われています。特に、室内にいても窓ガラスを通り越して肌に影響を与えるUV-A(生活紫外線)には要注意。真皮の線維芽細胞にダメージを与え、肌のハリや弾力の低下につながってしまうのです。

そのため、近所のコンビニへ出かける際など、少しでも日差しを浴びる場合は、日焼け止めを欠かさず塗ることをおすすめします。

■若々しい印象の肌を叶えるためのポイント

若々しい印象の肌を保つためには、エイジングケアを意識したお手入れをするのと同時に、普段の生活を見直していくことも必要です。

若々しい肌のために欠かせない要素のひとつが「酵素」です。私たちの体内には無数の酵素が存在しており、活性酸素を分解したり、肌の生まれ変わりをスムーズにしたりすることで肌をすこやかに保っています。

しかし、美肌に欠かせない酵素は生活習慣の乱れによってダメージを受け、活性しにくくなります。体内の酵素を活性化させるためには、すこやかな毎日を送ることが大切なのです。

•睡眠時間をしっかり確保する
•栄養バランスを意識した食生活を送る
•適度な運動を行う

こうした基本的なことの積み重ねが、すこやかで若々しい印象の肌づくりへとつながっていきます。できることから少しずつ、生活習慣の見直しを心がけましょう。

*

■インナー酵素に着目し、肌本来の力を引き出す。「オルビスユー」でうるおいのあるハリツヤ肌へ

人間の体内にある酵素(インナー酵素)の活性は、若々しい肌作りに必要不可欠。

そんなインナー酵素に着目した画期的なスキンケアシリーズが、「オルビスユー」です。

インナー酵素に着目したスキンケア「オルビスユー」

オルビスユーラインアップ

「オルビスユー」は、加齢や紫外線などでダメージを受けた酵素にアプローチできるタンパク質「HSP(ヒートショックプロテイン)※1」に着目。

さらに、オルビスのこだわりである、美肌力を高める「水環境」との組み合わせによって、肌本来の力を引き出し、うるおいに満ちたハリツヤ肌へと導きます。
※1 HSP含有酵母エキス配合=保湿成分

▶▶▶インナー酵素に着目したスキンケアって?

古い角質や汚れをすっきり落とす「ブライトニングジュレウォッシュ」

オルビスユー洗顔

古い角質によるごわつきやくすみをクリアにし、なめらかな肌へと導く、泡立たないジュレ状の洗顔料。

「ローヤルゼリー」や「加水分解シルク」などを含む保湿成分「Wうるおいビーズ※2」を配合。角層のすみずみにうるおいを届けながら、不要な角質や汚れをしっかり洗い落とします。
※2 ローヤルゼリー、加水分解シルク、ポリエチレン、結晶セルロース

(120g 税抜価格1,800円)

うるおいで満たしてハリツヤ肌に導く「モイストアップローション」

オルビスユー化粧水

とろんとした濃密なテクスチャーでありながら、肌に瞬時になじんでうるおいで満たす保湿化粧水。

独自開発の保湿成分「濃密ウォータージェリー※3」に加え、「低分子ヒアルロン酸」を配合。うるおいに満ちたハリツヤ肌に導きます。
※3 PEG-75,プロパンジオール

(180ml 税抜価格2,800円)

ひと塗りで保湿&UV対策できる「デイメモリーモイスチャー」

オルビスユー日中用乳液

保湿と日焼け止めの機能が1つになった日中用保湿液。

独自開発の保湿成分「濃密ウォータージェリー」のほか、植物性保湿成分「ドクダミエキス」、紫外線による乾燥ダメージなどをケアする成分「エクトイン」を配合。朝から夕方までうるおいが続き、乾燥を防いで、紫外線から肌を保護します。

(30g 税抜価格2,700円 SPF20・PA++)

寝ている間もうるおいが続く「ナイトメモリーモイスチャー」

オルビスユークリーム

寝ている間も肌のうるおいをキープする夜用保湿ジェル。

独自開発の保湿成分「濃密ウォータージェリー」のほか、「浸透型コラーゲン」や「ハチミツ」を配合。形状記憶性のある濃密ジェルが肌になじみ、肌にピンとしたハリを与え、うるおいのある肌に整えます。

(30g 税抜価格3,000円)

コスメコンシェルジュのおすすめアイテム

肌本来の力を引き出すスキンケアシリーズ「オルビスユー」の中でも、紫外線量が増えるこの時期、特におすすめしたいのが「デイメモリーモイスチャー」です。

コスメコンシェルジュのおすすめアイテム

やわらかくなめらかなテクスチャーは、肌全体に心地よく伸び広がります。つけた後の肌は、べたつきはありませんが、しっとりとした感触です。

ふっくら感

「デイメモリーモイスチャー」を使ってからメイクすると、肌がうるおってふっくらしているせいか、ファンデーションののりも良く感じました。

保湿も紫外線対策もできる「デイメモリーモイスチャー」は、朝のスキンケアの時短にもなりますよ。

▶▶▶肌本来の力を引き出すスキンケアをチェック!

見た目年齢を左右するのは、目元でも口元でもなく「頬」です。

肌本来の力を引き出す「オルビスユー」のスキンケアアイテムを使って、うるおいやハリに満ちたツヤ肌に整え、若々しい印象の頬を目指しましょう。

(コスメコンシェルジュ 岸田茉麻)

提供:オルビス株式会社

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら