つやプラ

つやっときらめく美をプラス

寝る前1分!緊張をゆるめて快眠に導く「ゆるストレッチ」

長坂靖子

Img0973

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

暑い夜は、「冷房をつけたら身体が冷えすぎ、冷房を止めると暑くて眠れない」ことがあるでしょう。家族と同室で寝ている方は、男性や女性、年齢差などによって快適な温度が異なることもあり、特に寝苦しく感じているかもしれません。

夏の睡眠不足は、健康面に悪い影響を及ぼすとともに、昼間のパフォーマンスの低下を招きます。

寝る前1分!緊張をゆるめて快眠に導く「ゆるストレッチ」

日本ウォーキングセラピスト協会代表理事の筆者が、ベッドの上でできる「快眠に導くストレッチ」をご紹介します。

寝る前に、一日の疲れによる身体の緊張をとれば、リラックスして快く眠りに入ることができます。

■快眠に導く!リラックスストレッチ

仰向けの状態で床に寝ます。左足を少し開きましょう

(1)仰向けの状態で床に寝ます。左足を少し開きましょう。

右足を左足の上にクロスさせ、右の手首をつかんで身体を左側にかたむけます。身体でなだらかなカーブをえがき、横側全体を伸ばします。

(2)右足を左足の上にクロスさせ、右の手首をつかんで身体を左側にかたむけます。身体でなだらかなカーブをえがき、横側全体を伸ばします。

(3)ゆったりとした呼吸をつづけて30秒キープし、ゆっくりと元に戻します。

(4)反対側も同様に行いましょう。

このストレッチは、身体を大きく左右に伸ばして背骨を整えると同時に、腸や肝臓などの内臓にも働きかけて疲れをとり除く効果が期待できます。背骨を整えることでリラックスして、自律神経を整え、質のいい睡眠に導きます。

睡眠時には、通常でも一晩でコップ1杯分程度の水分が身体から失われるといいます。睡眠前にコップ1杯ほどの水分を摂取してからベッドに入り、枕元にも飲み物を置いて寝ると、寝苦しさの改善に役立ちます。

ただし寝る前に、お茶やコーヒーなどのカフェインを含むものを、水分として摂取するのは、睡眠を妨げますので控えたほうがいいでしょう。

(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂靖子

10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

【関連記事】
足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ
体重増加と老けが加速!?朝にやりがち「NG習慣」7つ
寝る前3分!疲れとお腹ポッコリ解消の「陰ヨガ」
たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

ツヤ肌を叶える「艶肌ファンデーションブラシ」をプレゼント

つるんとツヤのある肌は女性の理想ですよね。ベースメイクで理想の肌を実現しようと思っても、ファンデーションがツヤのない仕上がりになってしまったり、厚塗りになってしまったり…なんてことも。 理想のツヤ肌が …

大人スキンケアへの近道!目指したいのは、潤ってきらめく肌!?

最近、肌つやが足りないと感じていませんか? つやは肌がうるおった状態ではじめて生まれるもの。ですから肌に輝きが感じられないときは、肌が乾燥していたり、くすんでいたりします。 しかも、これから本格的な乾 …

  • アイテム
  • スキンケア
  • ツヤ肌
  • 乾燥肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら