つやプラ

つやっときらめく美をプラス

にんにく+◯◯で抗老化!臭わず簡単「にんにくレシピ」

やなぎさわ えりな

IMG_7057

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

強い紫外線や冷えた屋内で、身体はストレスを感じています。「何を食べてもだるい」ということはありませんか?

にんにく+◯◯で抗老化!臭わず簡単「にんにくレシピ」

そんな時は、にんにくと酢を一緒に漬けた「酢にんにく」がおすすめです。管理栄養士の筆者が、「酢にんにく」の作り方と効果についてご紹介します。

■スタミナ食材といえば「にんにく」

スタミナ食材といえば「にんにく」

夏バテ予防や夏の疲労回復食材といえば、「にんにく」を思いつく方も多いのはないでしょうか。

スタミナ食材の代表格であるにんにくは、薬用食物として古くから知られていました。にんにくの香りの元である「アリシン」は、殺菌作用があります。

また、体内で「ビタミンB1」と結びつくことでスタミナ効果を発揮します。それは、水溶性のビタミンB1の貯蔵性が高まるためです。

ビタミンB1を多く含む肉類は、「豚ヒレ肉焼き(2.09mg/100g中)」「豚もも肉焼き皮下脂肪なし(1.19mg/100g中)」です。

■殺菌作用をもつ調味料の代表格「酢」

殺菌作用の代表格「酢」

「酢」は米、米麹、酵母、酢酸菌から作られる調味料です。上記でご紹介したにんにくのアリシンは、ビタミンB1と結びつくとさらに効果を発揮すると記載しましたが、酢の原材料の米(3.12mg/100g中)には、まさに、たくさんのビタミンB1が含まれています。

酢は殺菌力が強いので抗酸化作用にすぐれ、活性酸素を除去する働きがあります。また、定期的に酢を摂りつづけると、腸内を弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖を抑制してくれます。

■「酢にんにく」のレシピ

材料(作りやすい量)

・にんにく 1玉
・酢 にんにくが漬かる程度

作り方

(1)にんにくは皮をむき、少しつぶします。
(2)耐熱容器に入れてふんわりとラップをし、2分程加熱します。
(3)殺菌した容器に(2)を入れ、酢を注ぎ入れます。
(4)湿気の多い夏場(特に今年は猛暑なので)は念のために冷蔵で、冬場は常温(冷暗所)か冷蔵で保存します。
(5)1週間ほど漬けたら完成です。賞味期限は1年もつといわれていますが、念のため、早めに食べ切りましょう。

食べる目安

にんにくは1回1粒、酢は料理にもよりますが大さじ1くらいが美味しく食べられます。あまり匂いがしないので、酢の酸味が欲しい方は食べるときに追加してかけることをおすすめします。

にんにくを加熱して酢に漬けると、臭みの原因である「アリナーゼ」の働きを抑えることができるので、臭いが気になりません。

抗酸化力の高い「酢」と「にんにく」を一緒に食べることで、ストレス等から生じる活性酸素を除去したり、食欲不振からくる体調不良を予防してくれます。また、腸内環境を整える作用もあるので、顔・身体のアンチエイジングが気になる方にもおすすめです。

「今年の夏は老け見えしたくない」という方は、ぜひお試しください。

(管理栄養士/おやこ食育プランナー/美食ライフプランナー やなぎさわえりな
「すべての女性は美しい」をモットーに「食べる」ことを通して自分らしく育児も自分磨きも楽しむメソッドを提案。)

【関連記事】
なぜ痩せない?管理栄養士が教えるファスティングの落とし穴
今年こそ食べてキレイに!美容家が40歳から始めたこと3つ
カルディで買える!食べてキレイになれる「おやつ」3つ
「夜納豆」でダイエット!糖質制限もできる納豆レシピ4つ

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

「敏感肌」に×なNGケアとは?乾燥の季節を乗り切るためのルール3つ

敏感肌やゆらぎ肌には、ちょっと憂鬱な夏を過ぎた肌。この時期に感じる不調には、紫外線の影響をしっかりとうけてしまった、急な気温の変化で身体がついていけない、忙しくて休息が足りないなど、思い当たる方も多い …

  • スキンケア
  • 乾燥肌
  • 敏感肌

「枯肌」の原因はストレスにあった!? アラフォーに使って欲しい話題のアイテムとは

頬のたるみや目元の影ジワ、キメの乱れた肌……このような肌トラブルがかさなり、自分の肌が枯れているように感じていませんか。毎日スキンケアを頑張っているのに肌が枯れたように見えてしまう、そんな人はストレス …

  • エイジング
  • スキンケア

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら