つやプラ

つやっときらめく美をプラス

ヨガで美ボディに!ヨガ講師が教える「ヨガ」の効果まとめ

森和世

image024

mixiチェック

This entries to Hatena bookmark

印刷する

ここ最近では、スポーツジムでもヨガが定番化していますね。誰でも1回はトライしたことがある、もしくは、これからトライしてみたいと思っている人も多いかもしれません。

ヨガで美ボディに!ヨガ講師が教える「ヨガ」の効果まとめ

ヨガには、ホットヨガなどのさまざまな種類があり、どれを選んでいいのかわからない人もいると思います。そこで、YOGAエクササイズディレクターの筆者が、簡単にヨガの種類や効果などをご紹介します。

■スポーツジムかヨガスタジオか

ヨガをする時に、スポーツジムかヨガスタジオかを悩みますよね。

スポーツジム

スポーツジムは、「とりあえずヨガにチャレンジしてみたい」という人におすすめです。

スポーツジムごとのカテゴリー分けもありますが、だいたい「リラックス系」「初心者から中級者向け」「引締め目的のハードなパワーヨガ系」に分けられています。自分の好みのレッスンが気軽に選べるのが人気のようです。

ヨガスタジオ

ヨガスタジオとなると、「ちょっと敷居が高い?」というイメージがあるかもしれません。実際に、ヨガ熟練者や先生も通っていたりしますが、「もっとヨガを知りたい」という人にはおすすめです。

呼吸法に特化したクラスや瞑想などのメンタル面のケアに特化したクラスなど、少しマニアックなクラスもあるので知識欲を満たしてくれるはずです。

また、ヨガには流派があります。スポーツジムでは、基本的に「ハタヨガ」がベースになっていますが、どんなにアレンジしてもルーツはつながっています。

では、代表的な流派を4つご紹介します。

(1)ハタヨガ

「アーサナ(ポーズ)」と「プラーナーヤーマ(呼吸法)」を中心として行うヨガを「ハタヨガ」といいます。現在、ヨガといえばハタヨガといえるほど、ベースとなる流派です。

そもそも、ハタヨガとは2つの言葉で成り立っています。「HA=太陽=精神エネルギー」と「THA=月=生命エネルギー」といわれ、この2つが融合することにより、最高の意識が目覚めるとしています。つまり、肉体と精神を調和させることがハタヨガの目的なのです。

(2)アシュタンガヨガ

インドの偉大なヨギである、K・パタビジョイス氏によって考案されたヨガです。ハタヨガの流派に属しますが、およそ2,000年前につくられたヨガ根本経典「ヨーガ・スートラ」で書かれている実践部門がこれにあたります。

特徴は、型が決まっており、太陽礼拝、立位、座位、逆転を途切れることなく、動きに呼吸を合わせる「ヴィンヤサスタイル」で行います

パワーヨガの原点ともいえるハードなアシュタンガヨガは、アメリカやヨーロッパで爆発的な人気が出た、セレブヨガの火付け役ともいえます。

(3)アイアンガーヨガ

世界で最も尊敬されているヨギの1人である、B・K・Sアイアンガー氏によって考案されたヨガです。ハタヨガの流派に属し、K・パタビジョイス氏とB・K・Sアイアンガー氏は同じ恩師から教えを受けていました。

アシュタンガヨガは、己の身体だけを使い鍛錬するのに対し、アイアンガーヨガは、解剖学を元にしてイスやブランケット、ベルトなどの道具を使い、幅広い年齢層が無理なく効果的に行える世界的にも人気のヨガです。

(4)シヴナンダヨガ

西洋医学の医師であったシバナンダ氏によって考案されたヨガです。ハタヨガの流派に属し、「ポーズ(アーサナ)」と「プラーナーヤーマ(呼吸法)」「メディテーション(瞑想)」の3つを同等に重要なものとしています。

これらを無理なく実行することで、心身をリラックスさせ、生き方そのものを向上させることを目的にしています。

また、アーサナとともに、メディテーションやヨガ哲学なども重要視し、自然治癒力や自己免疫力、奉仕の心などを人間として進化していく方法を体現しています。

■ヨガの効果を知ると、もっとヨガが好きになる

一般的にヨガで得られるといわれている効果をご紹介します。

・痩せる(全身的に痩せる事ができ、部分痩せも可能)
・体型が美しくなる
・身体が強くなり、体調がよくなる
・正しいリラックスができるようになる
・プレッシャーのある状況下でもリラックスできる
・精神的なストレスや緊張をとり除くことができる
・血流と呼吸の質がよくなる
・肌、目、髪が美しくなる
・不眠症、頭痛、偏頭痛、副鼻腔炎、喘息などの症状軽減
・集中力が高まり、継続しやすくなる
・自分自身をコントロールしやすくなる

いかがですか? ヨガはまだ未体験という人は、この記事をきっかけに、ぜひヨガライフをスタートさせてください。最初は、DVDからでもOKです。大切なのは、「今の自分にはヨガが必要」と感じた直感です。

(株式会社ボディクエスト YOGAエクササイズディレクター 森和世
ボディクエストのエクササイズディレクターとしてワークアウト開発に携わると同時に、YOGAスタジオやスポーツクラブなどで指導にあたる。著書に「ふたりストレッチ」「幸せ美人になるための5日間レッスン」など。)

【関連記事】
足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ
体重増加と老けが加速!?朝にやりがち「NG習慣」7つ
寝る前3分!疲れとお腹ポッコリ解消の「陰ヨガ」
たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

ピックアップ

大人スキンケアへの近道!目指したいのは、潤ってきらめく肌!?

最近、肌つやが足りないと感じていませんか? つやは肌がうるおった状態ではじめて生まれるもの。ですから肌に輝きが感じられないときは、肌が乾燥していたり、くすんでいたりします。 しかも、これから本格的な乾 …

  • アイテム
  • スキンケア
  • ツヤ肌
  • 乾燥肌

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら