つやプラ

つやっときらめく美をプラス

冷たい印象を与えてる!?日常で気をつけるべき仕草5つ


長坂靖子

Img0973

無意識にしている仕草は、気づかない間に相手に「冷たい仕草」「そっけない仕草」と感じさせることがあります。

仕草は、日常生活や人間性があらわれるものです。心ある仕草を意識し、心温かい女性と印象づけましょう。

冷たい印象を与えてる!?日常で気をつけるべき仕草5つ

日本ウォーキングセラピスト協会代表理事の筆者が、日常行動作の「気をつけるべき仕草」を5つご紹介します。

■「冷たいと感じさせる仕草」はどんな仕草?

冷たい仕草とは、「心がこもっていない仕草」のことです。自分は不躾であるつもりがないけれど、相手にそう受けとられてしまう仕草は、だいたい心がこもっていないことが多いでしょう。

では、「心がこもっていない仕草」とはどのような仕草なのでしょうか。改善ポイントもあわせてご紹介します。

■“冷たい”仕草と改善ポイント5つ

(1)乱暴にものを渡す

動きはゆっくり、渡すものは相手の心臓よりも下の位置にして渡しましょう。

(2)ドアに最後まで手をそえずにしめる

この動作をする人は、「自分がその場から出たいだけ」という考えの方が多いです。そういう人は、後ろから来る人のことなどは考えていません。

周囲や後の人のことを考えると、自然とドアに手をそえる動作になります。その仕草は、他人を思いやる心の温かみが伝わってくる仕草といえます。

(3)音を立てた置き方

音を出す仕草は、視覚だけでなく聴覚にも不快感を与えます。

なぜ、音が出てしまうのでしょうか。それは、物が自分からはなれる瞬間まで意識していないからです。物を大切にしない心、忙しく慌ただしい心が仕草にあらわれています。

物が自分からはなれる瞬間まで意識すると、大きな音を立てることなく物を置くことができます。

(4)会話時の姿勢が横柄

あごをあげたり身体と顔の向きが異なる仕草からは、誠意が感じられません。あごは引き、身体と顔を相手に向けて話す習慣をつけましょう。

相手の話を「身体で聞いている」と感じてもらえることで、相手も話しやすくなり、会話のキャッチボールが可能となります。

(5)座り方がだらしない

座る瞬間に全体重をイスの背もたれに預ける座り方は、ふんぞり返る姿勢となります。そのような姿勢は、「偉そう」「怖そう」「怒っている」「疲れている」といった印象を与えます。

そのような座り方をする時は、ドスンと音がしますし、「物を大切に扱わない人」という印象も与えます。

座る時は腹筋を使い、背筋を伸ばして座骨から座面に座ると音が立ちにくくなります。その後に背もたれにもたれかかると、「横柄」な姿勢には見えません。

ご紹介したのは、日常動作で「気をつけるべき仕草」です。仕草には、その人の普段の飾らない姿があらわれます。日ごろから意識して、心のこもった仕草を習慣化しましょう。

(日本ウォーキングセラピスト協会代表理事 長坂靖子

10代でミス日本、準ミスワールド日本代表選出。モデル活動を経てウォーキング講師となる。出産を機に健康ウォーキング、ストレッチ講座を展開。「姿勢力」等著書多数。美容番組MC等活動は多岐に及ぶ。)

【関連記事】
足首が太くなる!?ズルズル歩きにぺたんこ靴…NG習慣5つ
体重増加と老けが加速!?朝にやりがち「NG習慣」7つ
寝る前3分!疲れとお腹ポッコリ解消の「陰ヨガ」
たったの3分!すっきり痩せ見えが叶う「二の腕エクサ」

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら