つやプラ

つやっときらめく美をプラス

春っぽいのに寒くない!今、投入すべき「春アイテム」3つ

コンサルタント
横田真由子

IMG_0067

寒暖差の激しいこの時期は、肌寒いけれど春らしさもとり入れたコーディネイトをしたいと悩んでしまいますよね。

元ブランドショップ店長でミニマムリッチコンサルタントの筆者が、ガラッと春ファッションになるアイテムの選び方をお伝えします。

春っぽいのに寒くない!今、投入すべき「春アイテム」3つ

■ガラッと春ファッションになるアイテムの選び方3つ

(1)足元を変える→30デニールのタイツ

タイツは、少し透け感のある「30デニール」のものにチェンジしましょう。また、色を黒からグレーやネイビーブルーに変えるだけでも春らしく、明るい印象に変わります。

ブーツを脱いで、薄手のタイツとパンプスにチェンジしましょう。

(2)襟元を変える→ウールシルクの薄手のストール

肌寒い朝や夜に活躍する毛糸のマフラーや厚手のストールは、薄手ものにチェンジしましょう。ウールシルク素材は、薄手でもあたたかいのでおすすめです。

「ファリエロサルティ」のストールは肌触りが極上で、手放せなくなる逸品です。シルクのブラウスくらいのお値段ですが、洋服1枚買うのを我慢しても買う価値があります。

(3)ボトムを変える→レースや光沢感のあるボトム

ファーのついたものやフラノ、ベルベットなど、厚手でボリューム感のある素材のものはしまいましょう。レースやシルクなどの光沢のあるものをボトムでとり入れるだけで、軽やかになります。

筆者が店頭で販売をしていたころ、「季節の変わり目には、ボトムから売れる」と感じていました。寒くて冬のコートが手放せないという方は、ボトムだけでも春のアイテムにチェンジしましょう。ガラッと春のコーディネイトになります。

小花やドット柄などのワンピースや、明るい色のカーディガンをコートのなかに着ることもおすすめです。インナーに防寒性の高いものを選べば、夜桜見物もお洒落にあたたかく過ごせます。

いち早く、春の装いで短い春を満喫しましょう。

※ミニマムリッチ=「上質なものを少しだけ」の意味です。日常の中での意識を少し上質に変えるだけで豊かになれます。

(ミニマムリッチコンサルタント 横田真由子
株式会社ケリングジャパン(旧 GUCCI JAPAN)で販売スタッフとして有名人やVIP客の担当となり、3年で店長に昇格。独立後「上質なものを少しだけ持つ人生」=「ミニマムリッチ®ライフ」を提唱する。)

【関連記事】
プロが伝授!脚長に見える、スタイルアップコーデの法則3つ
服のメンテナンスで差がつく!おしゃれな人の必需品3つ
デキる女性は荷物が少ない!?バッグを小さくする方法3つ
ベージュトレンチで老け見え?大人の「春コート」の選び方

Facebookでシェアする

Twitterでシェアする

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら