つやプラ

つやっときらめく美をプラス

紫外線を強力カット!重ねても白浮きしない「日焼け止め」

エイジング美容研究家
遠藤幸子

紫外線の影響が気になる季節を迎えましたが、UV対策は万全でしょうか? UV対策の主役となる日焼け止めは、いくつか所持して使い分けることがおすすめです。

デイリー使いするものやマイルドな使用感のもの、レジャーの際には紫外線防止効果の高い日焼け止めがおすすめです。

全身トーンUP!?塗り直しても白くならない「日焼け止め」

アンチエイジングアドバイザーの筆者が、アラフォー女性におすすめの紫外線防止効果が高く、白くなりにくい日焼け止めを3つご紹介します。

■乾燥肌の人や白くならずに何度も塗り重ねたい人に

サンシェルター マルチ プロテクション/コスメデコルテ

サンシェルター マルチ プロテクション/コスメデコルテ

まるで美容液のようなみずみずしさのある日焼け止めです。白色ですがなじませると透明になり、何度塗り重ねても白くなりません

軽やかな使用感にもかかわらず保湿力も高いので、乾燥肌の人にもおすすめです。
(SPF50+ PA++++ 35g 税抜価格3,000円 60g 税抜価格4,200円)

■くすみやすい人や化粧崩れしやすい人に

UV エクスペール トーン アップ ローズ/ランコム

UV エクスペール トーン アップ ローズ/ランコム

黄みぐすみや頑固なくすみさえも、なんなくカバーして美肌に仕上げるUV下地です。トーンアップ効果が高いため、くすみがちな肌も瞬時に明るく整えてくれます。

淡いピンク色をしていて、まとうとほのかな血色感が出ます。そのため、いきいきとした表情を作るのにも役立ちます。適度なやわらかさのあるテクスチャーなので伸ばしやすいうえ白くなりにくく、崩れにくいのも嬉しいです。
(30ml SPF50+ PA++++ 税抜価格5,800円)

■顔だけではなく、ボディもトーンアップさせたい人に

トーンアップUV エッセンス/スキンアクア

トーンアップUV エッセンス/スキンアクア

日焼け止めは顔だけではなく、ボディにもしっかりと塗る必要があります。それが毎日のこととなると、高価な日焼け止めばかり使うのはむずかしいところです。

とはいうものの、数多くのコスメを試してきた方は、使用感や仕上がりにはゆずれないものがあるはずです。こちらのアイテムは、そんなこだわりを持つ女性でも使いやすいプチプラの日焼け止めです。

軽やかなテクスチャーなので肌に伸ばしやすく、ムラになりにくいうえ白くなりません。ラベンダー色が自然に肌を明るく見せ、透明感のある肌に仕上げてくれます。
(SPF50+ PA++++ ノープリントプライス)

■日焼け止めの使用量と塗り方

どんなにいいアイテムを使っても、使い方や使用量が適切でなければ本来の効果が得られにくくなります。メーカー推奨の使用量があれば、それを必ず守りましょう。ない場合は、顔に使う量は500円玉大を目安にしてください。

塗り方は、薄く塗るのではなく、使用量をすべて肌に塗るイメージでスタンプ塗りをするのがおすすめです。そうすると、使用量の多くが手のひらについてしまうことを防ぐことができます。

また、汗をかいた時には汗を拭いて塗り直しましょう。汗をたくさんかいていなくても2〜3時間ごとに塗り直すのがベストです。

そのため、できれば日焼け止めをバッグに入れて持ち運び、こまめな塗り直しを心がけましょう。メイクした顔に塗り直す場合は、パウダーやスプレーなどのタイプのものが便利です。

いかがでしたか? 紫外線は、肌が黒くなったりシミを招くだけでなく、シワやたるみをも引き起こすことがあります。夏に一気に老けてしまわないようにしっかりとUV対策をしましょう。

(アンチエイジングアドバイザー 遠藤幸子
エイジング美容研究家として雑誌やラジオ、企業のインフォマーシャルに出演。ウェブ、雑誌等でコラムを執筆するほか、コスメブランドの広告も手掛ける。できるだけナチュラルな方法でできるアンチエイジング法を日々模索。豊富な自己体験を元に情報を発信中。)

【関連記事】

カバー力抜群!透明感キープに◎な「シミ隠しテクニック」

老け見えシワの元!「目元の乾燥」が加速するNG習慣4つ

「首のシワ」を予防!今すぐ始めたい「首シワ対策」3つ

たるみ頬リフトアップ!「ほうれい線にサヨナラ」する顔ヨガまとめ

【参考】

サンシェルター マルチ プロテクション – コスメデコルテ

UV エクスペール トーン アップ ローズ – ランコム

トーンアップUV エッセンス – スキンアクア

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら