つやプラ

つやっときらめく美をプラス

夏の肌を酸化から守る!美肌のために食べたい「夏の果物」3つ

ベジ活アドバイザー
生井理恵

夏は、紫外線による日焼けや冷房による乾燥、むくみなどの肌トラブルがおこりやすいですよね。日焼け止めや保湿などの外側からのケアももちろん必要ですが、美肌に役立つ「ビタミン」や「ミネラル」を食事からも意識してとるようにしましょう。

夏の肌を酸化から守る!美肌のために食べたい「夏の果物」3つ

ベジ活アドバイザーの筆者が、夏の美肌作りにおすすめのフルーツをご紹介します。

■夏の乾燥肌対策に「マンゴー」

夏に出回るマンゴーは、抗酸化作用が高い「ビタミンC」や「ビタミンE」を含みます。紫外線で身体が酸化しやすい夏は積極的にとりたい栄養素です。体内でビタミンAへと変換する「βーカロテン」も豊富です。

「ビタミンA」は目や皮膚の健康維持のほか、免疫力を高める働きがあると考えられています。ビタミンAの不足は肌が乾燥するともいわれているので、冷房で乾燥ぎみの人は意識してとるようにすると良いでしょう。

栄養満点ですが、カロリーも高いので食べすぎには注意してください。

■むくみ改善や美白には「スイカ」

日本の夏といえばスイカですよね。スイカに含まれる「カリウム」や「シトルリン」には、余分な老廃物を体外に排泄する働きがあるといわれています。シトルリンは保湿作用のあるアミノ酸の一種であるため、美肌を保つ働きも期待されています。

赤い果肉のスイカに含まれる「リコピン」は、メラニン色素の生成を抑制するため美白効果も期待できます。

■紫外線対策には「ブルーベリー」

国産のブルーベリーの旬は夏です。

ブルーベリーに含まれるポリフェノールの一種である「アントシアニン」は、老化の原因となる活性酸素を抑制する働きがあります。高い抗酸化作用で知られる「ビタミンE」も含むため、紫外線対策にもおすすめです。

腸内環境を整える働きのある「食物繊維」も含むので、便秘が要因となる肌トラブルの改善にも有効といわれています。

夏の肌は、どうしても紫外線などの影響で酸化しやすいです。ビタミンやミネラル豊富な夏の果物で、内側から肌に必要な栄養をとるようにすると良いですね。

(ベジ活アドバイザー 生井理恵
「食べてキレイになる料理教室」主宰。食べて美人になるレシピには定評があり、企業へのレシピ提供・商品監修を多数手掛ける他、講演やセミナーも精力的にこなす。著書に「ママとキッズの楽しいベジ活」がある。)

【関連記事】

腸活に役立つ「チョコレート」の選び方&食べ方って?

納豆にちょい足しで効果倍増!?「納豆に加えたい食材」3選

甘酒のNG飲み方とは?栄養士が教える「甘酒のとり方」


納豆も!?腸活に役立つ「味噌汁に入れたい食材」5つ

【参考】

ビタミンの宝庫!夏の果物 – 大鵬薬品工業

ビタミンA – わかさ生活

スイカ – わかさ生活

リコピンで輝く白い肌へ – カゴメ

夏の美容と健康に!ベリー類の果物たち – 大鵬薬品工業

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら