つやプラ

つやっときらめく美をプラス

メイク前の○○で夜までにじまない眉に!朝するべきこと5つ

コスメコンシェルジュ
稲毛登志子

夏のメイクのお悩みで多いのが、「朝きちんと描いた眉毛が、いつの間にかなくなっている」こと。どうして眉毛がにじむのか、理由がわかればこのようなお悩みを改善することができます。

メイク前の○○で夜までにじまない眉に!朝するべきこと5つ

コスメコンシェルジュの筆者が、崩れにくい眉毛メイクを詳しく解説していきます。

■メイク前にすること

メイクの基本は、肌の土台作りをしっかり行うことです。このポイントをしっかりと抑えることで、にじむ眉毛を防げます。

(1)洗顔はしっかりと行う

朝の洗顔は丁寧に行いましょう。

前日の夜に塗ったクリームなどが肌に残っていると、これから使う基礎化粧品の浸透を妨げてしまいます。肌トラブルをさけるためにも、すすぎは念入りに行いましょう

(2)基礎化粧品が眉毛につかないようにする

油分が含まれている基礎化粧品は、眉毛につかないように塗りましょう。眉毛に油分が残っているとにじみやすくなり、アイブロウアイテムの発色にも影響が出てしまいます。

もし基礎化粧品が眉毛についてしまったら、ティッシュで押さえてとればOKです。

■メイク中に気をつけること

メイクをする時に気をつけてほしいことは3つあります。

(1)眉毛にはファンデーションを塗らない

ファンデーションには油分が含まれています。

ファンデーションの油分がにじむ原因になることもあるので、眉毛はさけて塗りましょう。

(2)ルースパウダーを使う

眉毛の周辺には、ファンデーションのかわりにルースパウダーを乗せます。パウダーは汗や皮脂を吸着するので、描いた眉毛がにじみにくくなります。

メイクの仕上げに使うパウダーを眉毛にもサッと塗れば、さらにモチが良くなります。

(3)にじみにくいアイテムを選ぶ

アイブロウアイテムのなかでも落ちにくいのは、リキッドタイプです。

リキッドはペンシルに比べてやや発色が良いので、慣れるまでは少しずつ描き足していくと失敗しません。パウダーで大まかに描いた後、眉尻やアンダーラインをリキッドで描き足すと自然に仕上がります。

アウトドアを楽しむ日には、「アイブロウコート剤」を使うと、さらに落ちにくくなります。

顔の印象を大きく変える眉毛だからこそ、朝から晩までにじまないきれいな眉毛をキープしたいものですよね。ちょっとしたテクニックで崩れにくくなるので、ぜひお試しください。

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛登志子
日本化粧品検定1級を取得後、複数のwebメディアで記事を執筆。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信中。)

【関連記事】
オバ顔が垢抜ける!?イマドキ顔になれる「メイクの順番」
“透け感リップ”が旬!垢抜けて見える「シアーリップ」3選
厚塗り感ゼロ!「つや肌」が叶うコスパ優秀ファンデーション
明るい「下まぶた」で若見え!大人の下まぶたベースメイク

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら