つやプラ

つやっときらめく美をプラス

影&くぼみが魅力に?老けサインを活かす大人のアイメイク

ヘアメイク
mayu3

年齢とともに気になるたるみやシワ。それらを逆手にとり、活かしたメイク法が知りたくはありませんか?

コスメコンシェルジュやヘアメイクのプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、老け見えを活かしたアイメイクをご紹介します。

影&くぼみが魅力に?老けサインを活かす大人のアイメイク

■意外と知らない?若者とアラフォーのアイメイク事情

アラフォーになると「目の周囲のくぼみや影のために、老け見えして気になる」という方が多いですね。しかし、若い方のアイメイクを見ると、「涙袋メイク」など、目元の彫りを深くするために影をいれたり、くぼみを作るためにシャドウを入れる場合もあります。

アラフォーの目元のくぼみや影も、上手に活かしてメイクすれば、魅力の一部になると考えましょう。

■アラフォー世代のNGアイメイク

アラフォー世代の目元を上手に活かしきれてないNGアイメイクをご紹介します。

(1)色の濃いアイシャドウを入れる

すでに影になっている目元にさらに濃い色のアイシャドウをプラスすると、強調しすぎて違和感が出てしまいます。

ナチュラルに見せる場合は、シャドウを入れないことがポイントです。

(2)ベースシャドウを使わない

若い方と比べると、まぶたは影だけでなくくすみもあります。

そのため、アイシャドウをきれいに見せるために、ベースアイシャドウを塗るか、コンシーラーで色補正をしてからアイシャドウを塗ると、本来のアイシャドウの色味を活かせます。

■アラフォー世代のアイメイクのコツ3つ

アラフォー世代のアイメイクのコツ

(1)アイホールにコンシーラーを塗る

アイホール上部の指で押した時にくぼむ部分に、コンシーラーをいれることがポイントです。

この時、赤い線の部分にできている影はノーズシャドウ代わりになるので、あえてコンシーラーで消さないようにしましょう。コンシーラー後は、アイシャドウがヨレないようにフェイスパウダーを必ずつけてください。

(2)肌馴染みの良い「明るめのベージュ系アイシャドウ」を先に仕込む

アイシャドウをつける前に、まぶたのくすみを補正します。

明るめのベージュ系アイシャドウで色ムラをカバーしましょう。こうすることで、いつものアイシャドウの発色が良くなります。

(3)いつも使っているアイシャドウをつける

(2)の後は、いつも使っているアイシャドウを塗るだけでOKです。

アラフォー女性の目元は、影を消すところと消さないところを上手に使い分けることが大切です。若い頃と違って、アイシャドウよりもコンシーラーやアイシャドウ下地を仕込むことが大切になります。

また、下まぶたのたるみや影については、その部分だけパールが入った下地を使ったり、ワントーン明るめのコンシーラーやハイライトを使ってあげるとカバーしやすくなります。

老け見えも味方にするアイメイク、ぜひ参考にしてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュ、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
その眉は時代遅れ!?やってはいけない大人眉のNGポイント
オバ顔が垢抜ける!?イマドキ顔になれる「メイクの順番」
左右バランスよく眉が描ける!プロが教える「アイブロウテク」
幸せを呼び込む!「ハッピー顔メイク」のコツ4つ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら