つやプラ

つやっときらめく美をプラス

古い角質&日焼けを放置で秋老け?秋にするべきスキンケア

ヘアメイク
mayu3

夏バテによる食欲不振や強い紫外線などにより、秋の肌はターンオーバーが乱れがちです。この時期は、冬までに夏の肌疲れをとり、肌を安定させる必要があります。

秋 スキンケア 女性

コスメコンシェルジュインストラクター、美肌マイスターのプロとして年齢に合わせた美を提案する筆者が、秋に行うべきスキンケアをご紹介します。

■秋に行いたいスキンケアの掟3つ

(1)古い角質はそのままにしない

秋は、夏の紫外線の影響で肌のターンオーバーが乱れやすく、古い角質が肌表面に残ってくすみやすくなります。肌を触ってざらざらしていたり、ごわついていると感じた方は、週に1〜2回ピーリングをするのがおすすめです。

古い角質をとるだけで角質肥厚を防ぎ、スキンケアの浸透も良くしてくれますよ。

(2)夏の日焼けをそのままにしない

日焼けした後の肌はシワやシミができやすいため、美白ケアをしっかりすることが大切です。

「ビタミンC誘導体」や「トラネキサム酸」などの美白成分の入ったアイテムを積極的にとり入れることがおすすめです。

(3)普段のスキンケアだけで満足しない

湿度や紫外線の量は季節によって違うので、肌に与える影響も変わります。ですから、一年中同じスキンケアを使うことはNGです。

秋は、保湿と美白がメインになるスキンケアに切り替えましょう

■敏感肌の注意点

敏感肌の方は、季節の変わり目になるといつもより刺激を感じやすくなります。ピーリングや美白ケアは人によって刺激を感じてしまうこともあります。

特に秋は、湿度や温度が安定しにくいため、敏感肌の方でも部分的に乾燥する人もいれば、肌全体がごわつく人もいます。そのため、まずは「自分の肌状態が秋になるとどういう状態になるか」を把握し、それに合わせたスキンケアをしましょう

夏にうけてしまった肌ダメージをしっかりケアすることが、深刻なシミやシワを防ぐことにつながります。いつものスキンケアにプラスするだけでも秋仕様のスキンケアに変わりますので、ぜひ参考にしてください。

(ヘアメイク/美容講師/コスメコンシェルジュ/ライター/美容師 mayu3
ヘアメイク、美容講師、コスメコンシェルジュインストラクター、ライターなどマルチに活動。ヘアメイクでは、企業から一般撮影、PV撮影に携わり、撮影会のイベントで全国をまわっている。)

【関連記事】
目の下のポツポツって何!?「稗粒腫」に困ったら
NGケアで毛穴悩みが悪化?毛穴タイプの見極め方&最適ケア
歯磨きしながらほうれい線予防!「ながらdeたるみケア」3つ
冷やした化粧水がたるみを招く!?アラフォーのNGスキンケア

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら