つやプラ

つやっときらめく美をプラス

作り置きして毎日発酵食品で腸活!発酵ドレッシングのレシピ

美容ライター
ユウコ

発酵食品は、美と健康のためにも毎日とりたいものですよね。ですが、ときには食卓に乗せられないこともあると思います。

そんな日でも、発酵食品を使ったタレやドレッシングの作り置きがあれば、とても便利です。

発酵だれ・発酵ドレッシングの作り置きレシピ

ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、手軽に作れる発酵ダレとドレッシングのレシピと、その活用法をご紹介します。

■腸活だけじゃない!免疫力アップにも欠かせません

発酵食品が腸内の善玉菌を増やすことで、腸内環境がよくなることは知られていますね。すると、美肌効果や体重、体脂肪の減少など、うれしい結果につながっていきます。

また、腸は身体のなかでも大きな免疫器官ですので、免疫力を上げることにも関わってきます。体調管理のためにも、発酵食品を摂ることを欠かさないよう心がけましょう

■毎日摂りつづけることが大切

発酵食品を毎日摂りつづけることで、腸内環境へアプローチすることができます。そこでおすすめしたいのが、発酵ダレとドレッシングの作り置きです。

「今日の食事は発酵食品を使ったメニューがない」という時でも、このタレやドレッシングがあれば安心です。

■コンビニ食や冷凍食品に頼る日こそ活用

忙しい日はコンビニやファストフード、冷凍食品などに頼ることもありますよね。そんな時にも発酵ダレとドレッシングは強い味方になります。

身体の栄養状態が気になる時こそ、積極的に活用してください

■「発酵ダレ・ドレッシングの作り置きレシピ」3選

元気な腸に導く「腸美腸調味料」は、いつも冷蔵庫にストックしておきたいものです。いずれも保存は冷蔵庫で、2週間を目安に使い切ってください。

(1)発酵香味野菜ダレ

豆腐や刺身、焼き魚などに幅広く使えます。

材料(作りやすい分量)

・コチュジャン 大さじ2

・塩こうじ 大さじ1

・てんさい糖 大さじ1

・しょうゆ 大さじ1

・ごま油 大さじ2

・しょうが 1かけ

・にんにく 1かけ

作り方

(1)しょうがとにんにくは、みじん切りにしておきます。

(2)(1)と全ての調味料を混ぜ合わせれば完成です。

(2)トリプル発酵食品のドレッシング

代表的な発酵食品の味噌・チーズ・ヨーグルトを使ったドレッシングです。野菜のほか、肉料理のソースとしても活用できます。

材料(作りやすい分量)

・味噌 大さじ3

・ヨーグルト 大さじ3

・パルメザンチーズ 大さじ2

・マヨネーズ 大さじ1/2

・はちみつ 大さじ1

・酢 小さじ1

・オリーブオイル 大さじ2

作り方

全ての材料を混ぜ合わせれば完成です。

(3)塩麹と甘酒のドレッシング

生野菜、温野菜のどちらにもよく合います。海草や寒天などにも◎です。

材料(作りやすい分量)

・甘酒 大さじ5

・塩こうじ 大さじ4

・酢 大さじ3

・オリーブオイル 小さじ2

作り方

(1)甘酒にオリーブオイルを少しずつ加えながら、泡立て器でしっかり混ぜていきます。

(2)(1)に塩こうじと酢を加え、さらに混ぜ合わせれば完成です。

肌や体調、さらには気分さえも毎日の食事の内容によって影響されます。少しの工夫で、身体にとって理想的な食事が作れる発酵ダレとドレッシングはとても便利です。どうぞお試しください。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ
「脂肪燃焼ダイエット」「ハッピーラッキー美人の秘密2」など、これまで4冊の自著を刊行。食、メンタルケアなどを通じて生活と人生の質を高めるメソッドについて、多方面にて執筆中。ブログも毎日更新中。)

【関連記事】
身近な野菜だから腸活が続く!毎日食べたい美腸に導く野菜
山芋で若返りホルモンDHEAが増加?DHEAを増やす生活習慣
肌老化がゆるやかに?毎日飲みたい抗酸化作用が高いお茶3選
豆乳はどれも同じ?目的に合わせて選びたい豆乳の種類&効果

【参考】
乳酸菌 – わかさ生活
コウジ酸 – わかさ生活

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら