つやプラ

つやっときらめく美をプラス

重ね塗りで歯に口紅がつく!?「歯紅」にならない対策方法

コスメコンシェルジュ
稲毛登志子

モードな気分の日には、洒落見えする赤やブラウン、ボルドーのリップがぴったりですよね。しかし、にっこりと笑った時、「歯に口紅がついている!」といった経験をしたことはありませんか?

重ね塗りで歯に口紅がつく!?「歯紅」にならない対策方法

コスメコンシェルジュの筆者が、歯に口紅がつかないようにするための対策方法をご紹介します。

■歯に口紅がつかないようにするための対策方法

リップの塗り方

よく歯に口紅がついてしまう人は、リップの塗り方を見直してみてください。リップを塗る時に気をつけてほしいことは、以下の3つです。

(1)唇にうるおいを与えてからリップを塗る。

(2)唇の内側まで塗り過ぎない。

(3)何度も塗り重ねない。

特に気をつけてほしいのは、(3)の重ね塗りです。発色を高めたいからといってリップをぐりぐり塗ると、唇にフィットせず歯に口紅がつきやすいです。

ティッシュを活用する

余分なリップをとり除くには、ティッシュペーパーを使います。ティッシュペーパーは表面がつるんとしているので、唇に繊維などの毛羽がつきにくいので便利です。

ティッシュの使い方

まずは、全体を軽くリップオフし、ティッシュペーパーを二つに折りたたんでから唇で軽く挟みます。この時、力いっぱい唇で挟むときれいに塗ったリップがとれてしまうので注意してください。

次に、唇のやや奥のリップをオフします。ティッシュを利き手のひとさし指に巻きつけて「う」の発音の口で指をくわえ、そっと抜くだけです。

リップの選び方

歯に口紅がつきやすい人は、落ちにくいリップを塗りましょう。おすすめは「ティントリップ」です。

ティントリップは唇自体を染め上げるので、今まで躊躇していた赤やブラウンなどの濃いカラーにもチャレンジしやすいです。また、マットタイプのリップも落ちにくいです。

お気に入りのリップを使いたい時は、「リップコート」を活用しても良いですね。

その他の原因と対策

慣れない場面で緊張をしたり、口をぽかんと開けていると、口の中が乾燥して歯にリップがつきやすくなる傾向があります。

乾いてきたと感じたら、こまめに水分をとることと口を閉じるように意識してくださいね

歯に口紅がつくと、恥ずかしいですよね。ぜひ、ご紹介した方法を試してみてください。

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛登志子
日本化粧品検定1級を取得後、複数のwebメディアで記事を執筆。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信中。)

【関連記事】
可愛らしさ×色気!大人女性も真似したい石原さとみ風メイク
マスクをしてもメイク崩れなし?マスク崩れを防ぐメイクテク
リップがマスクで落ちる。口元のメイクを落ちにくくする方法
統一感のあるメイクが完成!メイクが上手になるマルチコスメ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら