つやプラ

つやっときらめく美をプラス

栄養がギュッ!ミニトマトのリコピンが効率良く取れる食べ方

管理栄養士
今井尚美

トマトに含まれる「リコピン」には美肌効果があることが知られていますが、ミニトマトにもリコピンをはじめとした、「ビタミンC」や「食物繊維」などの栄養素がギュッと詰まっています。ミニトマトは、洗うだけで食べられる手軽さも嬉しいですよね。

トマトより栄養価が高い?ミニトマトを効率良く摂取する方法

管理栄養士の筆者が、ミニトマトの栄養を効率よく摂取する方法をご紹介します。

■トマトの栄養素

トマトに含まれる「リコピン」には抗酸化作用が期待できます。老化の原因である活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素は肌細胞も傷つけてしまうことがあるため、肌トラブルの原因につながります。

また、トマトにはビタミンCが豊富に含まれています。ビタミンCが多いことで知られるレモンには、1個(約120g)あたりビタミンCが20mg含まれていますが、大きめのMサイズトマトでは、1/2個(約100g)で15mgのビタミンCが含まれています。

ビタミンCにはシミやそばかすを防ぐ働きが期待できるため、トマトを食べることは肌トラブル改善や美白対策につながります。

■トマトよりもミニトマトの方が栄養価が高い?

ミニトマトに含まれる栄養素は、以下になります(可食部100gあたりの比較)。

・ビタミンC:トマトの約2倍

・βカロテン:トマトの約1.8倍

・食物繊維:トマトの1.4倍

・カリウム:トマトの約1.4倍

トマトと比較すると栄養価が高いことがわかりますね。リコピン含有量については、食品成分表には記載されていませんが、トマト・ミニトマトともに豊富であると考えられています。

■ミニトマトも「加熱」して食べよう

1日に必要なビタミンC量は100mgですが、すべてミニトマトで補給すると考えると、ミニトマト約20個に相当します。手軽に食べられるミニトマトですが、1日に10個や20個を食べるのはむずかしいですよね。

トマトは加熱調理をして食べることをおすすめします。

トマトを加熱したり、油とともに摂取したりすることで、リコピンの吸収率は上がります。ですから、ミニトマトも加熱調理をしてみましょう。また違った美味しさを楽しめますよ。

特に、オリーブオイルを使うと、よりリコピンの吸収率が上がることがわかっています。

■炒めるだけ!ミニトマトを使った簡単美肌レシピ

ミニトマトのオリーブオイル炒め

材料(2人分)

・ミニトマト 10~15個

・オリーブオイル 大さじ1/2

・塩・こしょう 少々

作り方

(1)フライパンでオリーブオイルを熱し、ヘタをとったミニトマトを入れて炒めます。

(2)ミニトマトの皮がはじけてきたら塩・こしょうをお好みの量かけ、味を調整したら完成です。ハーブソルトを使うと、香りが良くなりますよ。

「美容と健康のために」とトマトに注目するなら、より一層の美肌効果を期待して、ミニトマトも食べてみてくださいね。

(フリーランス管理栄養士 今井 尚美)

 

【関連記事】
スタイル抜群な「奇跡の70歳」が実践!痩せるおかずのルール
間食で暴食予防?不足しがちな栄養を補う間食におすすめ食材
20キロ減量ライター直伝!夏までに痩せる「食事の見直し方」
ちょい足しで栄養価UP!トマトの美肌効果を高める食べ方

【参考】
リコピン – わかさ生活
ミニトマトとトマトの違い – たざわトマト
トマト大学 医学部 – カゴメ
リコピンの吸収にオリーブオイルが効果的であることを解明 – カゴメ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

フードの最新記事はこちら