つやプラ

つやっときらめく美をプラス

おこもり美容で肌をじっくり底上げ!オーガニック美容オイル

美容家
今泉まいこ

花粉や紫外線など、春の大気には肌を刺激する原因につながるものがたくさんありますよね。冬よりも乾燥や肌荒れが気になるという方も多いのではないでしょうか。

しかし、敏感になっている肌に「攻め」のお手入れはなかなかしにくいものです。

おこもり美容で肌をじっくり底上げ!オーガニック美容オイル

美容家の筆者が、オーガニックにこだわった美容オイルを使って行う「守りのケア」とおすすめの美容オイルをご紹介します。

■大人の肌にこそオイルは必要

大人の肌にこそオイルは必要

人の角質層の中にある「細胞間脂質」も、実はオイルです。肌がもつ脂質に近い美容オイルを使うことで生理機能を整えることができ、加齢とともに乱れがちな角質層を健やかに保つことが期待できます

また、美容オイルは顔のケアだけではなく、洗顔後のブースターや頭皮のマッサージ、ネイルオイルといったように、全身に使うことができます。

美容オイルの製法にも注目

今回ご紹介する美容オイルはブレンドされたものでなく、オーガニックな美容オイルです。特に、植物由来の美容オイルは使われている原料だけでなく、その製法にも注目してみてください。

成分の栄養価を壊さないように加熱をせず、「コールドプレス」で抽出している方が品質が良いといわれています。

■美容大国「モロッコ」が育んだ2大オイル

「モロッコ」といえば、いわずと知れた美容大国です。過酷な環境下で育つ植物たちは身を守る方法を持ち、栄養を蓄えています。

例えば、ここ数年で美容オイルの代名詞になった「アルガンオイル」。アルガンの木は地下数十メートルまで根を張り水分を引き上げます。7年も雨が降らなくても枯れない力強さを持っているそうです。

このアルガン種子オイルを精製したのが、アルガンオイルです。「モロッコの黄金」と呼ばれるほど美しい金色のオイルは、「トコフェロール」というビタミンEを豊富に含むので、エイジングケアにも最適です。

最近のアルガンオイル事情

美容に最適といううたい文句から、近年モロッコではアルガンツリーが多く伐採され、絶滅が危惧されています。

また、アルガンオイルが爆発的に販売されたことで、質の悪いアイテムが出回っている場合もあります。

アルガンオイル/コディナ

アルガンオイル/コディナ

正しい栽培方法と品質の良さを考えてアルガンオイルを購入する時は、フランスのトゥールーズを本部とする国際有機認証機関「エコサート」やアメリカ農務省(USDA:United States Department of Agriculture)傘下のオーガニック認証マークがついているものを選ぶと安心です。

こちらのアイテムも、フランスのオーガニック認証である「“NOUVELLE COSMETIQUE”(ヌーヴェル・コスメティーク)」を取得しています。

保湿力が高いのにベタつかず、サラっとしているので使いやすいオイルです。
(10ml 税抜価格1,300円/50ml 税抜価格2,800円/100ml 税抜価格4,600円)

カシーポSPオイル/CASEEPO

カシーポSPオイル/CASEEPO

こちらのアイテムも、きびしい環境下で育った「ウチワサボテン」の種子から採取した貴重なオイルです。「幻のオイル」ともいわれ、1リットルのSPオイルを採取するために約8tもの種子が必要なのだそうです。それだけ希少性が高いといえます。

注目したいのは、その栄養価です。全てにおいてアルガンオイルを凌駕しています。抗酸化力の高い「ビタミンE」がアルガンオイルの1.6倍、水分保持力を高める「リノール酸」がアルガンオイルの1.8倍と、オイルのなかでも含有量が最高レベルといわれています。
(10ml 単品購入税抜価格4,545円)

■スーパーフードの「モリンガ」もオイルで登場

ジュナノ ナチュラルオイルM ピュアモリンガ100%/ジュナノ

ジュナノ ナチュラルオイルM ピュアモリンガ100%/ジュナノ

オーガニックフードをとり入れている方ならば、「モリンガ」をご存知かもしれません。モリンガには「各種ビタミン」や「必須アミノ酸」が豊富に含まれており、抗炎症作用なども期待できます。

このモリンガにも種子オイルがあります。抗炎症作用が期待されているため、大人ニキビや吹き出物の緩和に活用したいオイルです。

こちらのアイテムには、加熱せず直圧生搾り法で抽出した天然成分100%のモリンガ種子油が含まれています。
(30ml 税抜価格8,000円)

■フランス産オリーブ由来のスクワランオイル

保湿成分には、「スクワレン」と「スクワラン」の2種類があります。「レ」と「ラ」だけではなく、明確な違いがあります。

「スクワレン」はアイザメなどの深海ザメの肝油の中に多く存在するうるおい成分です。実は、人間の皮脂にも少しだけ含まれています。その「スクワレン」に水素を加えて安定させたものを「スクワラン」と呼びます。

深海ザメの肝油の次にたくさんのスクワレンを持っているのが、「オリーブ」です。オリーブに占めるスクワレン量は約0,01%と、これも貴重な存在です。

エイジバーサル リペア オイルセラム/DR.WU

エイジバーサル リペア オイルセラム/DR.WU

オリーブ由来のスクワランを使ったのが、こちらのアイテムです。オイルなのにベタつない不思議なテクスチャーです。

オイル原液のベタつきが気になるという方にはとり入れやすいでしょう。
(30ml 税抜価格7,200円)

おすすめの美容オイルを4つ選びました。オーガニック系のオイルは、肌を守りじっくりと底上げしてくれるので、おこもり美容にぴったりです。1度の使用量はほんの少量ですむので、コストパフォーマンスも優秀です。ぜひ、手持ちのスキンケアに美容オイルをとり入れてみてください。

(肌育美容家 今泉まいこ
40歳にして美容家を目指す。美しい肌を育てる「肌育メソッド」でのプライベートサロンを主催、「40歳からのセルフメイクレッスン」など美容家として活動中。)

【関連記事】
耳たぶを刺激すればたるまない?奇跡の70歳直伝耳マッサージ
シワ悩みに効く!今すぐ使いたい「シワ改善美容液」5選
狙った部分を集中ケア!ドラッグストアで買えるスポッツ美白
深爪で指先が荒れる?ネイリスト直伝ハンドクリーム使い分け

【参考】
アルガンオイル – コディナ
カシーポSPオイル – CASEEPO
ジュナノ ナチュラルオイルM ピュアモリンガ100% – ジュナノ
エイジバーサル リペア オイルセラム – DR.WU

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

ビューティーの最新記事はこちら