つやプラ

つやっときらめく美をプラス

在宅継続ならマスターしたい!超簡単できちんと見えるメイク

コスメコンシェルジュ
稲毛登志子

テレワークの場合は自宅で過ごすことが大半なので、仕事への気持ちの切り替えがむずかしいという声をよく聞きます。女性にとってオン・オフの切り替えに有効なのは、メイクではないでしょうか。

在宅継続ならマスターしたい!超簡単できちんと見えるメイク

コスメコンシェルジュの筆者が、普段メイクのステップを省きつつ、きちんと見えるメイク方法をご紹介します。

通勤の時とは違うリラックス感のあるメイクをしておけば、急なテレビ会議でもすぐに対応できます。

■ベースメイク

軽めに仕上げるベースメイクには、1ステップで完結できるアイテムを選びます。おすすめのベースメイクアイテムは以下の3タイプです。

(1)BBクリーム

化粧下地・日焼け止め・ファンデーションの役割があります。

カバー力が高く、やや重めなテクスチャーなので、シミやそばかすなどの肌ムラが気になる人におすすめです。

(2)CCクリーム

化粧下地・日焼け止め・カラーコントロールの役割があります。

BBクリームに比べて軽めなテクスチャーです。主に肌色の補正をするため、ナチュラルな仕上がりになります。

(3)クッションファンデーション

化粧下地・日焼け止め・ファンデーションの役割に加え、美容成分をふんだんに配合しているのでみずみずしい使用感です。

3つのなかでは一番カバー力がありきちんと感を出せるので、テレビ会議をする予定がある日はクッションファンデーションを使うと良いでしょう。

■ポイントメイク

ベースメイクで肌色を軽く補正したら、ポイントメイクで躍動感と血色感を足します。

眉毛

アラフォー世代のすっぴんは眉毛の存在感が薄く、眉を描いていないと不健康そうに見えがちです。

しかし、普段の眉メイクだときっちりとした印象になってしまうので、アイブロウパウダーを使ってふんわりとした眉毛に仕上げましょう

アイメイク

一番手を抜きたいのが、アイメイクではないでしょうか? 手抜きメイクの場合はアイラインはひかず、ベージュ系のアイシャドウを使ってグラデーションを入れるだけでも目元がぱっちりとします。

「それすら面倒だな」という日には、黒縁メガネをかけてみてください。アイメイクをしていなくても、さりげなくカモフラージュすることができます。

リップ

保湿をしながら唇に色を足せる「色つきリップバーム」を活用してみてください。ひと塗りするだけで、顔色がぐんと良く見えます。

家のなかでも空気が乾燥しているので、「ケア+メイクをしている感」のために毎日リップバームを塗っておきましょう。

今後は、テレワークという働き方が主流になっていくかもしれません。省けるステップはとことん省いて、自分らしいテレワークメイクを見つけてみてくださいね。

(美容ライター/コスメコンシェルジュ/ナチュラルビューティスタイリスト 稲毛 登志子)

 

【関連記事】
可愛らしさ×色気!大人女性も真似したい石原さとみ風メイク
マスクをしてもメイク崩れなし?マスク崩れを防ぐメイクテク
リップがマスクで落ちる。口元のメイクを落ちにくくする方法
統一感のあるメイクが完成!メイクが上手になるマルチコスメ

Share this on Facebook

Share this on Twitter

Related Article関連記事

最新の記事

お悩みから探すTrouble Category

メイク・ファッションの最新記事はこちら